田川伸一郎のブログ

20年の時を越えて

こんなブログコメントを頂戴しました。

はじめまして。
私は平成9年小学5年生の時に寿北小のクラリネットパートに所属していた〇〇と申します。
何年も前の記事ですのでコメント読んで頂けているか分かりませんが偶然この記事を見つけ涙が出る思いで、どうしてもお礼をお伝えしたくコメントしました。

田川先生がいらっしゃった当時のこと、鮮明に覚えております。
ワルツのパート練習を見ていただいたことも覚えております。
当時はいつも怒られていたので私は自分はクラリネットが下手なんだとずっと思っておりました。
それでもクラリネットが、吹奏楽が大好きで大好きで、音楽をやめてしまった今でも平成8年、9年2年連続で全国大会に行けたことが奇跡のような時間であったことを思います。

私がコメントをさせて頂こうと思ったのは、坂下先生が悲痛な悩みを抱えてらっしゃる時期もあったと書かれていた部分を読んだからです。

実は今教育に携わっているのですが(音楽ではありません)、自分が正しいと思うこと、信念を貫くことがどれほど苦しく辛いことかを実感しています。
また子供に結果が出ることでしか保護者や、周りを納得させられないことは承知の上ですが、結果が出ても言われも無いことを陰で言われたりすることも多々あります。

私は当時坂下先生に教えて貰っていたことでずっと心に残っていることがあります。
それは、 【「今」という「時」を大切に】 【「今」という「時」は2度と戻らない】ということです。
当時コンクールに向けて練習する中で「今はわからないかもしれないけど、このメンバーで演奏出来ることは2度とないんだよ。大人になってこのメンバーで集まりたいと思っても叶わないんだ。だから今このメンバーで演奏できることを大事にして、一つ一つ大事に吹きなさい」と、言われていました。

大人になり今子供達に同じことを伝えております。
音楽にはもう携わっておりませんが、田川先生のこのブログを読み、当時坂下先生が伝えようとしてくれていたこと、想い、葛藤などが今になりわかることもあり、感動と感謝の思いが溢れてきました。

一緒に吹いていた先輩でプロになった方、まだ楽器を続けている友達もいますしその方達からすると私は音楽を語れるほどの知識も技術もありません。
ですが、全国大会に行ったこと、厳しい練習を乗り越えたことは私のかけがえのない宝物となっています。

久しぶりに当時の音源を聴き、また私も頑張ろうと思えました。
田川先生はたくさんの全国の素晴らしい生徒さん方にお会いしていると思うので私がコメントを差し上げるのも恥ずかしいのですが、当時のことを書いていただき、評価をして頂いたことがとても嬉しかったです。

長文でまとまらない文章でしたが、読んで頂けていましたら幸いです。
お忙しい毎日だと思いますが、ご自愛ください。
田川先生のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。



このコメントをくださったのは、鹿児島県鹿屋市立寿北小学校吹奏楽部で20年前にクラリネットを吹いていた部員の方です。

目を留めてくださったのは、下記のブログ記事でした。

ブログ記事「坂下伸一郎先生」
http://schoolbandsupporter.blog24.fc2.com/blog-entry-707.html


坂下伸一郎先生は、私が心から尊敬している先生です。
鹿児島県で小学校の先生をされています。

鹿屋市立寿北小学校、名瀬市立小宿小学校、霧島市立国分小学校、鹿児島市立吉野東小学校...転勤される先々で素晴らしいバンド指導、そして、人間教育をされて来ていらっしゃる先生です。

上述のブログ記事のとおり、平成9年度の「全日本小学校バンドフェスティバル」での寿北小学校の演奏に衝撃を受けた私は、はるか寿北小学校まで練習見学に行かせていただいたのです。
私が大柏小学校に在職中の時でした。

その時、クラリネットを吹いていたひとりが、コメントをくださった〇〇さんです。

今、教育に関わるお仕事をされ、当時の坂下先生のお気持ちが心から理解できるということ、そして、坂下先生からいただいた「大切なこと」を、今、子どもたちに伝えているということ...
とてもとてもうれしいです。

そして、たった1日、千葉から見学に伺わせていただいた私のことを覚えていてくださったこと...20年の時を越えて、こんな心のつながりが得られたことに感謝いたします。


現代の教育環境の中で、本当に正しいことを伝え続けるのは、相当なエネルギーと忍耐、時には屈辱を伴う仕事かもしれません。

でも、ご自身が信じて来られた「軸」を大切に、ぜひこれからも、勇気を持って、伝え続けてほしいと思います。

〇〇さんだけでなく、全国の先生方も...

                       どうか負けないで...

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-03-24(Fri)20:09 [編集]