田川伸一郎のブログ

たくさんの「おかげさま」に支えられて

昨日、暖かい日差しに、そして、たくさんの温かいお客様に見守られて、「東京ブラスコンコード第29回演奏会」を開催することが出来ました。

TBCの演奏会が「定期演奏会」ではなく「演奏会」なのは、様々な状況で開催しない年もあるからです。

井上謹次先生がご存命の頃も、先生のご体調不良で開催を見送った年もありますし、先生が「今の力ではお客様に聴かせる資格はない」と厳しく見送られたこともありました。
先生が亡くなられた後も、同様に、開催を見送った年もあります。

一回一回の「演奏会」は、あたりまえのようにやってくるものではなく、条件がそろった時にだけ開催できるというのがTBCのやり方です。
一回一回が、本当にたくさんの「おかげさま」に支えられているということです。

私は、TBCに入団して18年になります。
教員として、バンド指導者として、「前に立つ」だけでなく、子どもの気持ちになって、演奏者の気持ちになって、勉強したい一心でした。
昔から尊敬し続けている井上謹次先生、文子先生の元で勉強を深めたかったのです。

専門家のレッスンを受けて育ったわけではなく、中学校と高校の吹奏楽部で打楽器を担当したというだけの経験しかない私がTBCのレベルについて行くのは、とてもとても大変で、入団した当時は、先生方にも団員の皆様にもご迷惑をおかけしてばかりでした。(今だにご迷惑をおかけし続けていますが...。少しはマシになりました。)
でも、学ぶことのあまりの大きさに、「辞めたい」と思ったことは一度もなく続けてくることができました。
これも、たくさんの「おかげさま」に支えられてのことです。
教員を退職してからは、練習日である日曜日が全て仕事に埋められているので、演奏会の間近になって日曜日に仕事を入れずに復帰し、それまで練習を続けて来ている団員たちの後を追って、何とか同じ地点までたどり着いての本番となります。

パーカッションのメンバーは、リーダーのAさん(幼稚園の先生です)のすばらしいテクニックと気遣い、リーダーシップのおかげでとても楽しい雰囲気です。
もうひとりは、何と私の大柏小学校時代の教え子Hさん、そして、私の3名です。
演奏会では人が足りないので、毎回、お手伝いの方をお願いしていますが、長いお付き合いの良い方々です。
皆さん、TBCのやり方や音楽を理解してお手伝いくださいます。

今回は、全曲を川端寛先生が指揮をしてくださいました。
メンバーの音楽性や自発性を大切にしながら、曲をまとめてくださるので、特にプリンシパルは、先生とのコンタクトを強く持ち、メンバー内のアンサンブルをリードし、メンバーもプリンシパルからの発信にアンテナを高く鋭くして曲を作り上げていきます。
単に、「指揮に合わせる」という合奏ではないところが、楽しくもあり難しいところでもあります。
でも、そういう音楽づくりの方向がスクールバンドや多くの一般バンドとは違うところです。
それを十分にさせてくださるのが、川端先生のお人柄です。

演奏会の開催にいなくてはならない「裏方さん」。
TBCの兄弟バンド(謹次先生が育てられたバンドです)である「ブルースカイウィンドアンサンブル」「かわもとウィンドアンサンブル」の方々が、いつも助けてくださいます。
そして、そちらのバンドの演奏会の際には、TBCのメンバーかお手伝いに伺います。
井上両先生がつないでくださったご縁です。
ありがたいです。

1週間前には、客席数約500席なのに、まだ100枚以上のチケットの残があり、「今年は空席だらけかも...」と心配していたのですが、この1週間の間に、私のブログをご覧になってお申し込みくださった方々、レッスン校の保護者・生徒さん方、何と北海道や福島から駆けつけてくださったレッスン校の先生方、当日券を求めてご来場くださった方...合わせて40名以上になりました。
他のメンバーもラストスパートで頑張り、ほぼ満席のお客様にご来場いただくことが出来ました。

本当にありがとうございました。

今回は、パイプオルガンとの共演もあり、私たちメンバーも感動しながら演奏させていただきました。
オルガン奏者、中村文栄様にも感謝の限りです。

たくさんの「おかげさま」に支えられて、昨日という日を終えることが出来ました。
ご来場くださいました方々、ご声援くださいました方々に、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


プログラムです。
KPhPBfb4AkB6Cly1492266414_1492266508.jpg

rESXd5yv5PxmhRJ1492391973_1492392070.jpg
パイプオルガンとの共演。金管バンドとのブレンド感はたまりませんでした。

7ZILgKQcohyymBI1492391602_1492391645.jpg
指揮をしてくださった川端寛先生、ありがとうございました。

E7D_2004_convert_20170417102517.jpg
チームワークばっちりのパーカッションパートです。
教え子と一緒にステージに立てることも幸せです。


Dhuu_nNAhPGGCTt1492392222_1492392254.jpg
フィナーレの 「ハイランド地方の大聖堂」(「ハイランド讃歌」)を演奏中です。

1Wepk4vqz78Rb0X1492392090_1492392148.jpg
お疲れ様でした~! 練習中は真剣ですが、普段はこんなに楽しい仲間たちです!

≪上記写真提供 フォトライフ様≫


l8ExV52DZgMEXVg1492391675_1492391695.jpg
ご来場くださった「都小管研」の先生方です。 ありがとうございました。


今のところ、来年の4月に「第30回演奏会」を開催する予定です。

私は、これからまた「休団」に入り、レッスンに邁進する日々のスタートです。
今回の演奏会で私自身が学んだことも、先生方と子どもたちに伝えていきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-17(Mon)20:12 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-18(Tue)11:23 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-18(Tue)19:01 [編集]