田川伸一郎のブログ

音楽がつなぐ「まさかのご縁」

新年度のレッスンも、いよいよ本格的に始まりました。

昨日は、埼玉県の小学校へ。

前日、顧問の先生からのごあいさつのメールに、「田川先生を尊敬しているという転入生が入部しました」との一言。

「ん?」・・・誰だろう

楽しみに伺ってみると...あれ? どこかで見たような?

「ぼく、△△小学校で...」 
「あぁ、そうか! 何という奇跡!」

そう言えば、△△小学校の先生から、「トロンボーンの子が転校してしまい、パートに6年生がいません(泣)」と、前にメールが来ていました。

彼が転校して来た始業式の日、自己紹介で、前の学校で吹奏楽をやっていたこと、そして、「尊敬している人は、〇〇先生(前の学校の顧問の先生)と、時々教えに来てくれていた田川先生という先生です」と話したそうです。

同じクラスの打楽器君が、「えっ!田川先生、この学校にも来てくれているんだよ!」と、即、音楽室に連れて行って顧問の先生に紹介。 そして、即日入部!

そして、昨日、「まさかの再会」をすることが出来たのでした。

おじいちゃん、おばあちゃんの家の近くに住むために引っ越して来たこと。事前に調べたらバンドが盛んな学校だとわかったこと...ハキハキと説明してくれました。
でも、まさか、私がレッスンに来ている学校だとは知らなかったそうです。

顧問の先生が、「とっても上手なんです!こんないい子が転校して来てくれてうれしいです。前の学校のみなさんには申し訳ないけど、私たちはラッキーです!」とおっしゃると、子どもたちみんな、うれしそうにウンウンとうなずいていました。

まだ楽譜をもらって間もないコンクール曲の1stパートをしっかり吹いていました。
しかも、とってもいい音で!

休憩時間に、「そうだ!写真を撮って、〇〇先生に送ってあげよう。びっくりするぞ~」と、ツーショット写真を撮りました。

帰宅後、メールで送りました。

すると、早速、先生から「△△小学校の誰もが別れを惜しんで送り出しました。本当に素直で、まっすぐでいい子なんです!演奏面でも大きな支えでした。どうしているか心配していたので、本当に嬉しいです!田川先生が関わってくださっている学校と聞いて安心しました。どうかよろしくお願いいたします! なんだか胸が熱くなりました。」のお言葉と一緒に、向こうの学校を送り出した時の写真が数枚送られて来ました。
それらの写真から、本当に、先生にも仲間にも愛されていた男の子だということが伝わって来ました。

こうして、県を隔てての「転校」という大事件があっても、ご縁がつながる奇跡に驚いた昨日でした。

音楽がつないでくれた「まさかのご縁」でした。

BvZQoF01MhK7mHy1492557639_1492557753.jpg  3AE5Hc0qyXbP1o71492557420_1492557479.jpg
「むこうの学校でもがんばれよ!」           まさかの再会!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-19(Wed)21:07 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-19(Wed)22:15 [編集]