田川伸一郎のブログ

うれしかった再会

今日は、県内の小学校バンドのレッスンでした。

まだコンクール曲は始めたばかりで、譜読みのお手伝いのようなレッスンになりましたが、皆のやる気がすごくて、驚きました。

今年は部員の「男子率」も高く、元気な男の子たちが中心になって、「ハイっ!!!」と超気合いの入った返事をしてくれます。

4年生は、まだ音出しの練習をしている最中ですから、もちろん演奏は楽器を持って見学。
でも、音楽に合わせて首を動かしてみたり、一緒に歌ってみたり、参加している気分を満喫しているようでした。
そして、休憩時間になると、私のそばに来て、「プ~パ~」と音を出して聴かせてくれます。
正直、あまり聴きたくない種類の音だけど...笑顔で、「うんうん。いい音だね。いっぱい練習するともっといい音になるよ。」と言ってあげると、うれしそうに、「うん」とうなずいて、また「プ~パ~」

そんな4年生たちの間を抜けて私に寄ってくるイケメンの部長君は、「田川先生は、どこ生まれなんですか?」と、色々私のことを聞きたいらしいです。
というか、何か話題を提供して、私に関わりたいのかな。
こうやって、普通に会話が成り立つ6年生たちは楽しいな。
「プ~パ~」と音で関わってくる4年生も楽しいけれど...

私は、練習時間ももちろん楽しいけれど、休憩時間も大好き。
特に、こうやって私に寄って来てくれる子どもたちと過ごす休憩時間は大好き。
こんなオジサンでも、遊んでもらえてうれしいな。

そして、休憩時間が終わり、また練習が始まります...

今日は、家庭訪問期間だったので、3時間近く練習が出来て、私も子どもたちも、ちょっと疲れたけれど達成感いっぱいのレッスンでした。

練習の終わりごろ、そ~っと入って来られた女の先生がいらっしゃいました。
お手伝いしてくださっている副顧問の先生のようです。
特に、気にもせず、練習を続けました。

終わりのあいさつの後、顧問の先生が、「今年からお手伝いしてくださっているM先生です。5年生の担任で...」と、その女の先生を紹介してくださいました。

「あの、私、〇〇高校で田川先生にレッスンしていただいた...」
話の途中で、「え~っ!、覚えているよ!何でここに?!え~っ!」と、興奮。

子どもたちも顧問の先生も、そんな私にびっくり。

「田川先生という講師の先生がいらっしゃると伺って、もしかしたら私が知っている田川先生なのかなと思っていたんです。やっぱりそうで、レッスンの様子も懐かしくて...」

高校を卒業してから、大学の教育学部に進み、今年の4月に新規採用教諭としてこの小学校に赴任したそうです。

校長室では、校長先生、顧問の先生と一緒に彼女も話に加わり、高校時代の部活のことなどを楽しくお話し出来ました。

「私たちも、レッスンの後などに、田川先生の周りに群がってたくさんおしゃべりさせていただきましたよね。とっても楽しかったです。」
「そうだったね。ここの子どもたちと同じ!」

まだ教師人生は始まったばかり。
これからたくさんの試練もあると思いますが、このかわいい子どもたちと一緒に毎日を生き生きと過ごしてほしいです。
そして、ご自身が吹奏楽部で学んだチームワークや気づかいの心、音楽の力...子どもたちに伝えていってくださいね。

時間の許す限り、吹奏楽部のお手伝いもお願いしますね!

今日、こうしてまさかの再会が出来たことを本当にうれしく思います。

がんばれ、Mさん!

IMG_0001_convert_20170428204729.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-04-30(Sun)13:26 [編集]