田川伸一郎のブログ

函館から~2017・5月・その1~

今年度も、いよいよ地方への出張が始まりました。

5月2日から昨日まで、北海道の函館にお伺いして来ました。


ゴールデンウィーク真っ只中、函館は、北海道新幹線のおかげもあり、ますます活気づいていました。
3日間とも、思わず空を見上げて深呼吸してしまうほどの気持ち良い晴天。うれしかったです。

函館はちょうど桜が満開。 今年二度目の桜、幸せでした。

BXpUVnD5gt_StBr1493733492_1493733519.jpg
桜の名所「五稜郭公園」です。向こうに見えるのが「五稜郭タワー」です。


平成5年の6月に初めて上磯小学校のレッスンにお招きいただいてから、ほぼ毎年のように夏休みにお招きいただき、今年で24年目のお付き合いとなりました。
退職してからは、年に5回はお伺いさせていただいているので、これまでに何回函館にお伺いしていることになるのでしょうか。

たくさんの先生方、たくさんの学校とご縁をいただき、純粋で熱心な函館地区の小学生、中学生、高校生たちと共に音楽を学ばせていただけることに心から感謝しています。


今回は、小学校4校、中学校2校、高校2校の8校からのお招きをいただきました。

このゴールデンウィークを返上して練習に励む先生方と部員の皆さんには頭が下がりました。

新年度がスタートして約1ヶ月。
今年の目標やコンクール曲も決まりつつある時期です。

もちろん、まだ完成のはずはなく、これからどのようなことに気をつけて練習していけばよいのか、曲の仕掛けはどうなっているのか、バンドとしての良さや課題は何なのか...そんなことをアドバイスさせていただくレッスンでした。

どの学校も、新鮮な気持ちで前に進もうとするエネルギーいっぱい。
演奏はまだ粗削りでも、音はキラキラ!

ちょっとハードなスケジュールでしたが、皆と一緒に夢中になって音楽し、気づいたら時間が過ぎている...そんな生き生きとした、あっという間の3日間でした。


2つの記事に分けて、レッスンの様子をご紹介いたします。

oNIyg22kfu2fLVW1493816544_1493816573.jpg
IMG_0004_convert_20170503221628.jpg  IMG_0009_convert_20170503221645.jpg
IMG_0019_convert_20170503221700.jpg  IMG_0023_convert_20170503221721.jpg
ecWP4H2vyfKqeW11493816606_1493816663.jpg
毎年人数が少なく、今は1年生からも募集し、3年生は立派な「戦力」になっている小学校バンドです。
毎年、5月のレッスンでは、コンクール曲の候補を聴かせていただき、この曲でいけそうかどうかを考える機会となっています。
昨年はずいぶん悩みましたが、今年は、私から提案させていただいた広瀬勇人先生の新曲『西遊記~天竺への道』を練習しており、この編成でも十分に鳴ってくれる配慮のあるオーケストレーションとワクワクする曲の展開に、子どもたちもとてもお気に入り!技術面ではまだ課題満載ですが、選曲の迷いは全くありませんでした。広瀬先生に感謝したいです!
7月にはぐんと向上した演奏を聴かせてくれそうな可能性いっぱいの5月の演奏でした。



IMG_0018_convert_20170504234614.jpg
IMG_0004_convert_20170504234440.jpg  IMG_0005_convert_20170504234503.jpg
IMG_0006_convert_20170504234524.jpg  IMG_0010_convert_20170504234548.jpg
lKGcUA1YetCRICV1493892444_1493892520.jpg
一時は廃部寸前になってしまった木古内小学校吹奏楽部でしたが、「救世主」の五十嵐先生が転任され、見事に復活しています。
この学校とも、20年以上のお付き合いとなる私は、とてもうれしい気持ちです。
北海道新幹線の北海道一番駅の「木古内駅」からすぐの所にある木古内小学校に合わせて、今年の曲は高橋伸哉さんの『レールウェイ』です。
この学校の子どもたちは、純朴そのもので、子どもらしい可愛さに満ち溢れています。
レッスンも頑張りましたが、すり寄って来てくれる子どもたちの可愛さに、気持ちがふにゃふにゃになってしまいました(笑)
しっかりした6年生たちが、お姉さんのように小さい学年の子どもの面倒を見る姿は、まさに「木古内ファミリー」でした。


IMG_0041_convert_20170504234635.jpg
木古内小・中学校を卒業し、今は成人して地元で働く青年です。
彼も、昔、この音楽室で私のレッスンを受けていました。 
時々、小さい後輩たちの練習を手伝いに来てくれているそうです。
久々の再会に感激でした!



Jn53QBJzFeHrr_S1493892636_1493892657.jpg
IMG_0019_convert_20170504235033.jpg  IMG_0020_convert_20170504235051.jpg
IMG_0021_convert_20170504235109.jpg  IMG_0022_convert_20170504235129.jpg
ZN4NMpt34uq5pLa1493892682_1493892742.jpg
ブラスバンドにはよくあることですが、年度の変わり目に、パートが替わっているメンバーもいました。
毎年、6年生が卒業すると、「あぁ、もうダメかも...」と先生はおっしゃいますが、パートが替わったメンバーもすでに慣れて演奏しており、皆のサウンドと笑顔は相変わらずのキラキラ!でした。
初めに聴かせていただいた時、あまりのカッコ良さに、私はうれしくなって、ずっとニコニコしていました。
まだ入部して間もない3年生も、じっと楽譜や指揮を見ながら、音楽に浸っていました。
この学校の3年生は、かわいい中にも、なかなかの存在感があります。きっと頭の中では、カッコ良く演奏出来ている自分の姿があるんだろうな。
夏に向けてぐんぐん伸びていけそうな可能性いっぱい!7月のレッスンが今から楽しみです。



Q6eNnu_mN8sZYPs1493816690_1493816721.jpg
IMG_0029_convert_20170503222433.jpg  IMG_0035_convert_20170503222449.jpg
IMG_0037_convert_20170503222504.jpg  IMG_0039_convert_20170503222521.jpg
fUFciy6Icyif9ot1493816746_1493816805.jpg
上磯小学校は、浜松でのバンドクリニックのイブニングコンサートに出演するために、他校より時間を長めにいただき、5曲を練習しました。
昨年度は、「東日本学校吹奏楽大会・金賞」、「こども音楽コンクール・文部科学大臣奨励賞」とすごい実績を残しましたが、とても上手だった6年生が卒業した直後のこの時期、もちろん苦しい状況もありますが、新チームの張り切りは半端ではありません。
みんな、「バンドクリニック」に出演する意味をよく分かっているような立派な練習態度と音でした。
「バンクリ」での発表曲は、『ザ・レッドマシーン』『ヘブンズライト』『よさこいソーラン』『赤とんぼ』『ルパン三世』です。
昨年度出演した上磯中学校に進む小学生たちがどのような演奏をしているのか...ご参加くださる先生方、ご期待ください!
みんな、浜松への遠征を楽しんで来てくださいね!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-05-05(Fri)20:56 [編集]