田川伸一郎のブログ

函館から~2017・5月・その2~

続いて、中学校バンドと高校バンドのレッスンの様子をご紹介します。

O4altVdfMmQm9HJ1493816909_1493816928.jpg
IMG_0043_convert_20170503222932.jpg  IMG_0047_convert_20170503222946.jpg
IMG_0041_convert_20170503222918.jpg  IMG_0040_convert_20170503222901.jpg
gmgPTQxpdZSgu7g1493816957_1493817014.jpg
毎年この時期に新チームの初レッスンをさせていただいている中学校です。
このバンドの明るさと元気はすごい! 皆で一丸となってガンガン進む!という雰囲気なのです。
課題曲のマーチ『春風の通り道』を中心に練習しました。それこそ皆がガンガン演奏し、とってもパワフルでした。
皆でスコアを見ながら、しっかり出るべきパートと「背景」になるべきパートの区分けを確認、そして、フレーズのまとまりにこだわって練習することで、「ガンガンの演奏」が、爽やかで立体的な演奏に変わっていきました。
見学に来られていた他校の先生も、「こんなに反応よく、どんどん変わっていける中学生、すごいです!」と感動されていました。
とっても大人な中学生たち。一瞬、高校バンドのレッスンだったかなと思うような本音のやりとりもあって楽しいんです。
顧問の先生が、日頃から「生徒の本音」を大切にしていらっしゃるご指導のおかげだと思います。



cpLEpNdgVTIqELW1493817120_1493817138.jpg
IMG_0054_convert_20170503223037.jpg  IMG_0052_convert_20170503223019.jpg
IMG_0063_convert_20170503223112.jpg  IMG_0055_convert_20170503223054.jpg
4M6oQPKfv0xGXPh1493817163_1493817238.jpg
上磯中学校は、2.3年生全員60数名でのレッスンでした。 ほとんど全員が小学校からのお付き合いです。
中條先生のご指導は、やはり天才的...ひとりひとりの可能性をどこまでも開花させ、超中学生レベルの演奏に導いてしまわれます。しかも、無理や苦痛を伴う練習をさせないので、みんなとっても楽しく音楽しているのが良いことです。
学区3校の小学校の先生方が基礎を正しくご指導され、完璧な「小中連携」が行われていることも大きな力となっています。
課題曲の『スケルツァンド』もすでに普通に通せていましたが、和声上の作曲者のちょっとした「引っかけ」の箇所の理論的解説と、それをクリアするための方法を伝え、「理解できた人?」と尋ねると...あれれ? 皆で「・・・」でした。
こんなすごい中学生たちにも分からないことがあるんだと、ちょっぴり安心した瞬間もありました(笑)。
自由曲は、変拍子満載の難曲ですが、皆、「難しいけど、カッコいい!」と超お気に入りで練習に励んでいました。
今年も大いに期待しています!



0zqWVFexw24Uxup1493892764_1493892787.jpg
IMG_0040_convert_20170504235544.jpg  IMG_0038_convert_20170504235523.jpg
IMG_0030_convert_20170504235503.jpg  IMG_0028_convert_20170504235445.jpg
vB23m3IrUHgn7_R1493892815_1493892862.jpg
にぎやかで、明るくて、活発で、とっても上手な女子高バンドです。
柔らかくてあったかいサウンドも、時にパワフルで豪快なサウンドも、どちらも素敵に出せる力を持っています。
課題曲の『春風の通り道』も、澄んだ音色でとても良い演奏を聴かせてくださいました。
アーティキュレーションの違いや細かい発音のニュアンス、フレーズの運び方やバランスの調整をすることで、一段とおしゃれでスマートな演奏になりました。
自由曲候補の曲も、まだ未完成の段階ですが聴かせていただきました。
このバンドのカラーや良さを十分に発揮できる曲なのか、ちょっと?という感想をお伝えしました。
思い切って別の曲に替えるのか、カットの変更で乗り越えるのか...まだ全く間に合う時期です。
顧問の先生の決断はいかに...こういう悩みは、ある意味ポジティブでいいものです。



0XUoAtJklrptogT1493733552_1493733582.jpg
tPvH34PD87lDSfn1493734110_1493734141.jpg  LJ6TyJ_UvN6xYYr1493734066_1493734088.jpg
Nx4z58r8xhJoNYg1493734170_1493734193.jpg  egGX8xHZPAHvdNS1493734004_1493734033.jpg
Qy_bCGCFQzSvfuv1493733656_1493733737.jpg
高校バンドには、小学校や中学校で出会った生徒さんもたくさんいて、1年生にも、「おぉ、来たか~!確か〇〇中学校だったかな?また会えてうれしいよ~!」という再会もあることがうれしくてたまりません。
1年生も全員参加して60名以上のメンバーで楽しく真剣に勉強しました。
課題曲『春風の通り道』では、楽譜に隠された仕掛けを紐解いていくことで演奏がすっきり鮮やかに、そして立体的になることがわかりました。
自由曲の中橋愛生先生の作品は、時間の関係で冒頭部分しか勉強できませんでしたが、曲全体を通した作曲者の意図と作曲技法の特徴やスコアの読み取り方をお伝えし、次回までの宿題にして終わりました。
先生の穏やかなお人柄がチームのほのぼのとした雰囲気につながっており、いつもほっとした気持ちになるバンドです。
私的には「日本一眺めの素敵な学校」と思っています。毎日が「観光地」通いの生徒さんたちです。


0qD9hRBunenzEgj1493733767_1493733849.jpg
この高校の校舎の窓から見る函館らしい風景には、いつも心癒されます。
毎日見ている生徒さんたちにとっては、「普通の風景」だそうですが...



IMG_0078_convert_20170503223134.jpg
苫小牧から車を走らせてレッスン見学にいらしてくださった先生です。
毎年のように、ゴールデンウィークの函館レッスンにお越しくださいます。
連休返上で勉強される姿勢に頭が下がります。
今年もありがとうございました。 来年もお会い出来たらうれしいです。



BMxyHa3QSi0dAyr1493733880_1493733954.jpg
お食事会にいらしてくださった先生方と...
今年度も、みんな仲良く頑張りましょう!


函館には、6月も7月もお招きいただいています。
たくさんの素敵な先生方、子どもたちと何度もお会いできることに感謝です。
私もしっかり勉強して、少しでもお役に立つよう努力していきたいと思います。

お招きいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-05-05(Fri)21:00 [編集]