田川伸一郎のブログ

山梨県の中学校バンド

ここのところ、天気がかんばしくなく、今日の予定だった運動会が明日の日曜日に延期になった学校もあったようでした。
今日は、一気に回復して暑い位でした。
明日は、最高のグランドコンディションの中、運動会が出来ることでしょう。

そんな今日は、山梨県の中学校にお伺いさせていただきました。

QtSGf_0hwcpKU9j1495887099_1495887112.jpg

家から約3時間半...日帰りの中では遠い学校のひとつです。

でも、甲府から乗り換える身延線の中からこんな景色が見られるのも楽しみです。

_iUo9KT43FtnjY01495887139_1495887161.jpg
まるで絵画のような趣きある景色です。

顧問の先生は、思慮深く、ご自分のご指導を常に謙虚な反省の姿勢で見つめ、生徒さんたちの心を温かく見つめ、大切に大切に育てていらっしゃる方です。

生徒さんのことも、音楽のことも、いつも本気で...

それだけに、時としてご自身への自信を失いかけてしまわれることもありますが、そんな時には、本心をお話ししてご相談くださいます。
余計なプライドで自分を良く見せようなどとせず、本心でご自分のお悩みをお話ししてくださいます。

常に、ご自分に人差し指を向けて、振り返り、その上で、日々生徒さんに向き合っていらっしゃる素晴らしい先生です。

私は、そんな先生の教師としての生き方に共感し、お付き合いさせていただいています。

この学校に転勤されてから3年目...全員が初心者から始める中学校ですが、先生の望む音や活動の仕方がずいぶん浸透して来たことを感じた1日でした。

さらにうれしかったことは、パート練習で普通教室をお借りすることが当初は少々難しい面もあったようですが、今では、「吹奏楽部の生徒はきちんと使って後始末もするし、ゴミも拾ってくれることもある。あいさつも良い。だから、喜んでお貸しします!」と担任の先生方が言ってくださるようになったというお話でした。
先生の「人間教育」の熱意も部員たちに伝わり、それが部員たちの姿や行動を通して全校の先生方にも伝わっているのです。

昨日まで中間試験で1週間練習がなく、空けて2日目という状況でしたが、皆の気合いもコンディションも良く、今日のレッスンに向かう気持ちの強さがうれしかったです。

前回お伺いしたのは1月でした。
その時からの大きな成長も見事でした。

低音パートの音のまとまりが良くなり、倍音も豊かになったことをまず第一に褒めてあげました。
2年生が中心のパートで、去年の今頃、初めて楽器に触った生徒さんたちです。
1年でこんなにまで...中学生の可能性にはまたまた敬服です。

他のメンバーの音色もとても向上していて驚きました。
あの冬のレッスンの頃からここまでの練習が正しかったのです。

今日は、コンクール曲の「初期の合奏練習」のポイントを中心に練習を進めました。

選曲も、あれこれ一緒に悩んでいましたが、結局、「和物」で進むことに...

・長音でのピッチの合わせ方
・ソロの練習の仕方
・「歌う」ということはどういうことか
・西洋風の演奏と日本風の演奏の違い
・打楽器も歌う
・リズムフレーズの特徴を身体に入れる
・・・・・

IMG_0001_convert_20170527211444.jpg  IMG_0002_convert_20170527211508.jpg
IMG_0003_convert_20170527211528.jpg  IMG_0004_convert_20170527211554.jpg

IMG_0006_convert_20170527211613.jpg
リズムフレーズの特徴を身体に入れるために、音程を外してリズムだけを歌います。
身体も手も足も使って...こういう練習は初めてのようで、なかなか難航していましたが、
皆、「楽しい」と言っていました。


3時間ノンストップのレッスンでした。
途中途中、口休めを兼ねて、先生が大切にしていらっしゃる「人間教育」にかかわるお話もさせていただきました。

音楽だけでなく、そういった話にも、真剣な表情で耳を傾けてくれる生徒さんたち。
ここにも、先生の育てていらっしゃる「心」が見えて、うれしかったです。

技術的な課題、感覚的な課題、先生の課題...様々な課題が見え、これからにつながる道筋も見えました。

あとは、自分で自分を越えていくだけです。

QXJN94arT5rV_aM1495887016_1495887066.jpg
皆さんの大切な中学校生活3年間に、本気で向き合ってくださる先生。
そんな先生と日々の部活動が出来て幸せですね。
演奏のレベルだけでなく、先生方からの「評価」が高まっていることがすばらしいと思います。
「みんな」という言葉、「楽しい」という言葉...それが、決して「甘え」ではなく、自分が自分を乗り越えるための支えになりますように。
往復7時間の移動+3時間ノンストップのレッスンはとても疲れましたが、皆さんの笑顔と演奏と次々発表してくれた「今日の感想」のおかげで、「心地良い疲れ」になりました。
入部してくれた15名の1年生たちのことも、優しくしっかり育ててあげてくださいね!



帰りの電車の中、顧問の先生からメールが届きました。

田川先生、本日も心に響くレッスンをありがとうございました。
田川先生のレッスンはいつも、私が育てていきたい生徒の「心の部分」のご指導をしていただけることが多く、本当に感謝しています。
私の言葉ではうまく伝えることができない内容が、すっと子どもたちの心に染み込む場面が何回もあり、本当にありがたいなあと思いながらご指導を受けていました。
今年は三年目、一年の時から大事に育てた子どもたちが最上級生となります。気持ちを合わせ、心を紡いで音楽を創りあげようと思います!!
田川先生、本日はお忙しい中、また、遠方よりお越しくださり、私たちのために貴重なレッスンをしていただけたこと、本当にありがとうございました!!
また、このメンバーで、最高の力を付けて、田川先生にもっともっと音楽を教えていただけるよう練習を積み重ねていきたいと思います!!!
お疲れの電車の中、長いメールですみませんでした。
まだあと二時間半ほどお時間がかかると思いますが、どうぞ、お気をつけてお帰りください。


このメールで、疲れの「心地良さ」がさらに増しました。
温かいメールをありがとうございました。

IMG_0007_convert_20170527211732.jpg
先生の名言! 本当にそうだと思います!
ぜひ皆さんの学校でも掲げてみませんか?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-05-31(Wed)20:39 [編集]