田川伸一郎のブログ

歯科ドック

「8020(ハチマル・ニイマル)運動」という言葉を聞いたことがありますか?

平成元年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。
そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。

我孫子市では、歯の健康づくりを進めるために、国が掲げた「8020運動」の前段階として、60歳で自分の歯を24本以上保つことを目標とした「6024(ロクマル・ニイヨン)」を目指した事業を推進してくださっています。

年度内に20歳以上に達する人以上が、700円で「6024歯科検査」を受診出来ます。

私は、40歳代後半から毎年「人間ドック」を受診しています。
でも、「歯科ドック」は受けていませんでした。

「歯が痛い~」という時に、やむを得ず、嫌々行くのが歯医者さんでした。
子どもの頃から、「歯医者さん大嫌い病」でしたから...

でも、ここ数年は、「人間ドック」と同じように、毎年一回、必ず歯医者さんに行って、「6024歯科検査」を受診しています。

「虫歯、ありませんね。歯周病なども大丈夫です」と言われると、うれしくなります。

ただ、毎年のように、「歯石」に引っかかります。
歯磨きをきちんとしているつもりでも、歯垢や歯石は付いてしまいます。
特に、下の前歯の裏は、唾液が溜まることもあり、歯石が付きやすいのだと今年の検査で教えていただきました。

検査費の700円とは別料金になりますが、毎年、きれいにクリーニングしていただいています。

こうして「虫歯」だけでなく、歯を失う元になる「歯周病」を絶対に予防したいと思っています。

母は、「8020」は全く不合格です。
80歳以前にすでに不合格。
これまで「歯」にどれだけのお金をかけて来たのだろうと思うほどです。

インプラント(人工歯)を埋めるには、保険もきかず、1本30~40万円もかかるそうです。

日頃からの歯磨きの励行や「歯科ドック」で、無駄な高額出費や手間が避けられると自分に言い聞かせています。

私が何歳まで生きるのかは、神様のご判断だと思っていますが、仮に長生きした時、「8020」には絶対合格し、美味しいものを自分の歯で味わって食べていたいと思っています。

歯にお金をかけなくて良い分、大好きな温泉にたくさん行きたいかな? (老後の夢!)


来年の「歯科ドック」の目標は、「おっ、田川さん、今年は歯石が少ないですね!下の前歯の裏もかなりきれいですよ。虫歯、歯周病も無し!」と、歯医者さんに褒めていただくことです。

毎日の歯磨きは、「下の前歯の裏」に特に時間をかけています。
「これでもか!」と言わんばかりに(笑)

年1回、700円の「歯科ドック」を、これからも受け続けていきたいと思います。


いつの間にか、「歯医者さん大好き!」の田川になっていました...

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-06-22(Thu)21:06 [編集]