田川伸一郎のブログ

函館から~2017・6月・その1~

先週の金曜日から昨日まで、北海道の函館にお伺いして来ました。
今年度2回目の函館です。


ここのところ、梅雨入りした関東もジメジメすることなく、涼しい日が続いていますが、函館も実に爽やかで美味しい空気が迎えてくれました。
半袖は、ちょっと寒かったかな? でも、レッスンしているとどうせ暑くなるのでOKです。
そして、先生方と子どもたちの温かさで心はポカポカ。

今回は、吹奏楽コンクールを目指して頑張る小学校5校、中学校3校からのお招きをいただきました。
初めて出会った学校も2校あり、とてもうれしかったです。

みんなみんな、とてもよく努力していることが分かる練習の様子を見せてくださいました。
「今すぐ出来ることは何か」「これから出来るようにしてほしいことは何か」、そして、「自信を持って良いことは何か」...心を込めてお伝えしました。

素直で勉強熱心な子どもたち、そんな子どもを育てていらっしゃる顧問の先生。
3日間(と言っても、金曜日は放課後です)に8校回るというのは、それなりにハードな日程ですが、私を待ってくれている皆さんに感謝しながら、疲れなど見せず、どの学校でも背筋をピンと伸ばし、笑顔で頑張りました。

一生懸命応えようとする小学生・中学生の皆さんの姿にジーンとしました。

お伺いした8校の皆さんの練習の様子を2つの記事でご紹介します。

T6T605sNUrWCaMA1497015020_1497015047.jpg
IMG_0001_convert_20170609223521.jpg  IMG_0002_convert_20170609223540.jpg
IMG_0006_convert_20170609223559.jpg  IMG_0008_convert_20170609223621.jpg
IG1oEYJOeLkfUgu1497015074_1497015161.jpg
全校児童25名という超小規模校でありながら、金管バンドに17名も属している「奇跡のバンド」です。
このバンドに初めてお招きいただいた年から3年目。まだ2年生でヨチヨチの演奏をしていた子どもたちも、立派な5年生となり、頼もしいお兄さんお姉さん役を務めています。
昨年度は新入生がおらず、入学式の無いスタートを切りましたが、今年度はたった一人の新入生を大歓迎して入学式をおこなえたそうです。
そんな小さな学校のこの金管バンドは、今や、地域の方々の誇りでもあります。
演奏のレベルも毎年上がり、今回のレッスンでは、音のひとつひとつに対するこだわりを要求できるまでになりました。
大切なユーフォソロを吹くのは、3年生のK君。ビブラートに挑戦してみましたが、なかなかすばらしかったです。
打楽器も、音とフォームの見せ場を決めて、カッコいい演奏になって来ました。 
途中に、工夫して加えたかけ声も、この人数とは思えないほど元気で勇ましく、実に効果的。
子どもの「あるべき姿」を思い出させてくれる小学校バンドです。
  


37udjj98DZI7NBs1497093554_1497093582.jpg
IMG_0001_convert_20170610202611.jpg  IMG_0002_convert_20170610202634.jpg  
IMG_0003_convert_20170610202653.jpg  IMG_0004_convert_20170610202710.jpg
OkLZZs6BvkF2gy81497093606_1497093672.jpg
今年度、主顧問の先生が代わり、新しい気持ちで再スタートしている小学校です。
先生は、吹奏楽指導の大ベテラン。子どもたちは、これまでの明るさや無邪気さを残したまま、そんな先生にしっかりとついていき、先生のご指導の良さをくみ取っています。
去年の夏以来の再会でしたが、音色(特に木管)が良くなっており、コツコツと積み上げた努力の成果が分かりました。
コンクール曲はも、鈴木英史先生の楽しく美しいオペレッタのセレクション物です。
旋律の持ち味をどうしたらより良く表現できるのか、バックに流れるハーモニーをどう主張したらよいか、リズムに応じた音の形、タンギング、息のスピードはどう変化させたらよいかなど、この時期の小学生としてはレベルの高い内容でレッスンが出来ました。
みんな、先生が選んでくださったこの曲が大好きです。もちろん、先生も大好きな曲です。
これからコンクールまでの歩みがとても楽しみな演奏でした。



RX6vbNQaneztcw81497094376_1497094396.jpg
IMG_0014_convert_20170610204546.jpg  IMG_0011_convert_20170610204529.jpg
IMG_0024_convert_20170610204607.jpg  IMG_0031_convert_20170610204626.jpg
hBVrnL1WLTUgbMc1497094975_1497095067.jpg
初めてお招きいただいた小学校です。
顧問の先生とは長いお付き合いですが、この春、こちらの学校に転勤され、心機一転頑張っていらっしゃいます。
先生は、子どもを集めるのが得意で、転勤してすぐ新しい部員も次々入部して、仲間が増えました。
何と1年生もいます。兄姉がいる場合だけ1年生もOKということにしているそうですが、その1年生のかわいいこと。そして、音もちゃんと出せていてびっくり。 まだ曲には入れませんが、お兄さんお姉さんと一緒におりこうさんに座っていられるだけでも合格!
新入部員も多い今年のチームのために、先生は力にぴったりの曲を選び、皆で楽しく練習していました。
みんな、先生のことも、曲のことも大好きなようで、練習中は笑顔いっぱい。 そして、会話も楽しくきちんとできます。
きれいな校舎、たくさん応援してくださる校長先生や先生方、保護者の皆さんに見守られて、新しい船出も順調です。
これからも、皆の元気と明るさを大切に、どんな波も乗り越えて行ってくださいね!



BA3efp9S1cAMQzZ1497095964_1497095981.jpg
IMG_0032_convert_20170610210340.jpg  IMG_0046_convert_20170610210431.jpg
IMG_0050_convert_20170610210456.jpg  IMG_0041_convert_20170610210406.jpg
cUEpQV3F0I0mqmE1497096061_1497096128.jpg
練習中、つい笑いが出てしまうほど、楽しいキャラの子どもたちが集う金管バンドです。
でも、練習はいつも真剣で、とても集中力があります。
先生は、毎年、ブラスバンドの音源をたくさん聴いて、その年の子どもたちに合う曲を探しておられます。
今年の曲も、そうやって掘り当てたやや古い曲です。「なるほど、そう来るか!」と共感しました。
子どもたちに、「この曲はどんな曲なの?」と聞くと、ほとんど同時に「この曲は~」と、曲の背景を興奮して話してくれました。
先生は、子どもにもわかりやすく曲の背景を説明し、理解させてから練習をスタートされたようです。
様々な演奏法を必要とする曲のため、息の流し方やタンギングの種類、音色の作り方、フレーズ表現のまとめ方など、かなり「大人っぽい配慮」が必要です。
今回は、時間の関係もあり、「はい、宿題ね」と、あえて残した場所もありましたが、子どもたちは、何をどうしなければいけないかをよく理解していたようなので、きっと時間と共にどんどん良くなっていくに違いありません。



~その2~に続きます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-06-12(Mon)20:42 [編集]