田川伸一郎のブログ

函館から~2017・6月・その2~

引き続き、函館でお伺いした小学校・中学校の皆さんを紹介します。

1GCpOe3HUrq0sqr1497175629_1497175644.jpg
IMG_0036_convert_20170611191853.jpg  IMG_0048_convert_20170611191928.jpg
IMG_0041_convert_20170611191910.jpg  IMG_0032_convert_20170611191830.jpg
FDPcb48f3MhOTmK1497175702_1497175761.jpg
顧問の先生は、フルート吹きです。この日は、午前中は、「函館地区小学校初心者講習会」で、子どもたちは受講生、先生はフルートパートの講師の先生を務められた後の夕方時のレッスンとなりました。
一番小さい学年のお友達は2年生。朝からの講習会と練習でクタクタのはずなのに、最後まできちんと座っていられました。
そして、今年は6年生が多く、サウンドもテクニックも昨年度よりぐんとアップしており、皆の落ち着きと学ぶ態度の真剣さに感心しました。
昨年度は、吹奏楽曲からのアレンジ曲を演奏しましたが、今年度はブリティッシュスタイルのブラスバンド作品に挑戦です。
テクニックも表現も、なかなか難しい曲ですが、子どもたちがすっかり気に入って、「どうしてもこの曲をマスターして良い演奏をしたい!」という思いに溢れていました。
これまで、拍にきちんとはめて丁寧に練習して来た成果が表れている演奏を聴かせてくださったので、その先の「拍を感じさせないフレーズを優先した演奏」を目指してレッスンさせていただきました。
私が伝えようとすることを6年生が真っ先に理解して、演奏を変えていってくれました。
短時間にどんどん変容していく表現にびっくり。 あと1ヶ月、さらに上手になるんだろうなぁ。



yd103G45fXRNdSi1497096852_1497096875.jpg
IMG_0055_convert_20170610211716.jpg  IMG_0070_convert_20170610211835.jpg
IMG_0065_convert_20170610211741.jpg  IMG_0069_convert_20170610211810.jpg
9PGPcx9ALLaJH7M1497097220_1497097264.jpg
先生とも学校とも全く初めての出会いをさせていただいた中学校です。
顧問の先生は、堅実な合奏指導はもちろん、心の指導にも力を注がれておられる、さすがベテランという感じの女性の先生です。学区の小学校には金管バンドがあり、金管楽器は経験者もいるようですが、木管楽器はもちろん全員が初心者です。
コンクールには1年生を含む部員全員24名で挑戦しますが、今年は1年生の人数が一番多いとのことで、当然、木管楽器の初心者もあちこちにいます。
でも、入部後2ヶ月足らずとは思えない技術を身に付け、普通に合奏に参加している姿に驚きました。
ひとりひとりが、日々、どれだけ真剣に練習に取り組んでいるのかがよく分かる演奏でした。
田川流の音楽づくりを時間ぎりぎりまでさせていただきました。
顧問の先生の豊かな音楽性で、私の指導を修正し、さらに良い演奏に導かれるであろうことを確信しています。
良い出会いをさせていただきました。今後もよろしくお願いいたします。



zP0iwuQ89raDI1H1497175492_1497175514.jpg
IMG_0011_convert_20170611192136.jpg  IMG_0008_convert_20170611192103.jpg
IMG_0007_convert_20170611192030.jpg  IMG_0009_convert_20170611192120.jpg
S2tH_J17aWgk6NI1497180688_1497180822.jpg
北海道新幹線の北海道初駅「木古内」から近い木古内中学校は、昨年度の13名から増えて18名という人数で活動しています。
木古内小学校の吹奏楽部が活性化して来たおかげで経験者も入って来るようになり、また初心者や2年生からの入部者もおり、個性も多様でなかなか濃い仲間たちです。
初心者だけのパートもあり、選曲には悩みましたが、フレキシブル楽譜の『あかつきの舞』(福田洋介作曲)に挑戦することに決まり、ひとりひとりの実態に合わせたパートを演奏したり、楽器の組み合わせを工夫したりと、頭を使いながらの練習はとても楽しいものです。
多用する打楽器パートには、他の楽器からお助けが入り、必死に練習しています。
また、「打楽器コンチェルト」のような演奏にならぬよう、セッティングも工夫し、視覚的にも音響的にも管楽器との一体感が得られ、皆で感動!
管楽器のパートは、まだまだこれから整えるべきことがたくさんありますが、皆のやる気はバッチリです! 
(北海道新幹線「木古内駅」をバックに記念撮影です。)



BVjmfa3o5_c_VXD1497175797_1497175820.jpg
IMG_0015_convert_20170611192238.jpg  IMG_0016_convert_20170611192255.jpg
IMG_0049_convert_20170611203808.jpg  IMG_0027_convert_20170611192329.jpg
tw9YJJTYzF55GxG1497175871_1497176137.jpg
5月に引き続きのレッスンにお伺いした中学校です。
ともかく、明るさと気合い、情熱に満ち溢れた部員たちで、いつもテンションMAXで迎えてくれます。
5月のレッスンの時、自由曲がこのチームにはあまりに難し過ぎて、正直、先が見えない状態でしたので、先生と急遽相談。
生徒さんたちも、「この曲はあまり・・・」という意思表明に、先生も決心して自由曲を差し替えました。
1ヵ月後の今回のレッスンを目標に、皆で夢中になって練習を進めて来たようでした。
新しい自由曲は、ぴったりはまっていました。これなら先が見えます。あとは突き進むのみです。
その分、課題曲のマーチが少し練習不足だったのか、細かい課題が色々と見えたままなので、宿題を次々に出しておきました。
あっと言う間に時間が過ぎて、「あぁ、もっと君たちと練習していたいよぉ」と言いながら、仕方なくさよならしました。
そんな気持ちにさせてくれる大好きなバンドです。7月にまた会えることを楽しみにしています!



函館には、7月にもお招きいただいています。
その時には、16校もの皆さんがレッスンを希望してくださっているとのこと。
スケジュール作成担当の先生が頭をひねりながら、予定表を作ってくださっています。

函館地区のすごいところは、たとえば、A校からB校への私の移動はC校の先生が担当するというように、レッスン前後の先生は私の輸送に関わらなくて良いように協力し合っていることです。
ロスタイムを限界まで削ることが出来ますし、レッスンの後、さらに練習を続けて、すぐに復習をすることも出来ます。
もちろん、各校のレッスンは自由に見学できます。
先生方みんなが力を出し合って、より良い学びを得ようとされていることがすばらしいです。

7月も楽しみにしています!

お招きいただき、ありがとうございました。



そして、特別出演です!
ある小学校の先生のお子さんたちが、わざわざレッスン校まで会いに来てくれました。
小さい頃からのお付き合いなんです。


譎句、ェ_convert_20170612074438  201201232000408a8_convert_20170612084314.jpg  
2010年(お兄ちゃんブログデビュー)と2012年(弟君ブログデビュー)の写真です。

2013_convert_20170612085339.jpg  IMG_0664_convert_20140506085311_convert_20170612074455.jpg
2013年と2014年の写真です。(先生のお宅の同じ場所で1年後です。)

2015_convert_20170612085353.jpg
そして、2015年。 お兄ちゃんは3年生、弟君は3歳でした。

N6TjCS32CIaipe01497221584_1497221643.jpg
2年ぶりの再会、お兄ちゃんは、もう5年生。 「あの頃」がうそのようです。
ディズニーのTシャツは、田川からのプレゼントでした。
お兄ちゃんが着ていたTシャツは、今は弟君が愛用中。
今度会う時は、お兄ちゃんは中学生かな?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-06-12(Mon)20:51 [編集]