田川伸一郎のブログ

要介護認定調査~その後

5月の終わりに、母の「要介護認定調査」についての記事を書かせていただきました。
http://schoolbandsupporter.blog24.fc2.com/blog-entry-1462.html

市担当者による母への訪問調査、ホーム提携の病院の主治医からの意見書、お世話になっている老人ホームからの実態報告、私からの願い。
それらを総合して市が判定します。

どうなったかな...今までの「介護2」から変更無しだったら、何と言って市役所に乗り込もうか...毎日ドキドキしながら考えていました。

そして、つい先日、市から新しい「介護保険証」が届きました。

「要介護3」と書かれていました。
よかった...希望どおり一段階上がりました。
市役所に「不服申し立て」に乗り込む必要がなくなりました。

介護度が上がることは決して良いことではありませんし、年金支給時に差し引かれる「介護保険料」は月7000円ほど高くなりますが、「介護保険内」で受けられるサービスのポイント数が増えることの方がずっと大切です。

母は、「住宅型有料老人ホーム」というシステムの老人ホームに入っているので、ホーム外での介護サービスも受けることが出来ます。
今の母にとって、一番の楽しみは、10年ほど通い、よく知ったスタッフやお友達も多い介護老人保健施設(老健)での週3回のデイサービスです。
楽しみながら、デイサービスでリハビリを頑張っているおかげで、まだほんのわずかな歩行力が残っています。

しかし、そのデイサービスに必要な介護保険のポイント数が高いため、その分、最近、老人ホーム内で以前より必要が増えた介護サービスが介護保険のポイント数をオーバーし、その分は「実費自己負担」ということで、出費が少し多くなっていました。
このまま介護度が上がらなければ、出費を抑えるために、デイサービスを諦めてもらわなければならない...でも、母の一番の楽しみを奪いたくない...と悩んでいました。

おかげ様で、「要介護3」の認定を受けることが出来ました。

ケアマネージャーさんも早速、「要介護3」のポイント数を計算しながら、新しいケアプランを作成してくださいました。
デイサービスは、週2回に減らすことになりましたが、まだ一番の楽しみは残りました。
自費負担の出費も抑えられそうです。

私は、まだ介護制度や介護にかかわる様々なシステムについての知識が足りず、専門家の方から教えていただくことばかりです。

「知らない」という恥ずかしさ、時には怖さすら感じることもあります。

でも、こちらから具体的に質問することも出来るようになった分だけ、以前よりは少しだけマシになりました。
何が分からないのかが全く分からない私でしたから...

無知な私にご示唆をくださる専門家の方々に感謝しています。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-06-30(Fri)20:59 [編集]