田川伸一郎のブログ

函館から~2017・7月・その2

引き続き、今年度2回目のレッスンにお伺いした学校です。

COIafkqNxPLYKz41500126155_1500126177.jpg
1ヶ月でこんなにも伸びるのかと思うほど、がっしりとしたサウンドを聴かせてくれた小学校バンドです。
皆が夢中になって演奏しているのが伝わり、曲の雰囲気がずいぶんよく出せるようになりました。
今回は、さらにフレーズの運び方やバランス、強弱の拡大、場面転換の工夫に挑み、より変化豊かな演奏になりました。


BDDyuVcWxhFFrzp1500126232_1500126255.jpg
上磯中学校は、6月の中旬に、課題曲をⅠ『スケルツァンド』からⅢ『インテルメッツォ』に、急遽変更したので、今回は、『インテルメッツォ』だけをじっくり勉強しました。
サウンドと雰囲気づくりが超一流の上磯中学校ではありますが、そこに頼らず、楽譜を隅々まで細かく読み込むことがどれだけ大切であるかということを痛いほど感じたレッスンになったと思います。
今年も名古屋のステージに立てることを夢見て、さらに奥深い勉強を...


fokNszFS94nFFxm1500214845_1500214864.jpg
5月に浜松でのバンドクリニックで演奏し、たくさんの先生方から「感動!」の声が寄せられた上磯小学校の子どもたちは、その体験が生きて、一段と立派になった姿と演奏で迎えてくれました。
5月のレッスンでは、バンドクリニックに向けて数曲のレッスンをしましたが、今回はコンクール曲の『ザ・レッドマシーン』(グレイアム)1曲に集中して、曲の細部にわたるアドバイスが出来ました。
技術的には、難しい曲ではありますが、その中で音色やフレーズ、短音のハーモニーにもこだわって、緊張感と色彩感のある演奏に仕上げていってもらいたいです。


obSPAbt1e4lyWTB1500215218_1500215241.jpg
前回のレッスンは、5月でしたが、2ヶ月でサウンドもスケールも大幅アップした演奏にびっくりしました。
人数が少ないバンドですが、それ以上の重厚感ある響きがするのは、ブレスや精神を磨く先生のご指導以外の何物でもありません。
みんな、コンクール曲が大好きで、イメージ豊かに自発的に表現しています。各フレーズの味やハーモニーの力、アーティキュレーションを綿密に表現し、最高の演奏に仕上げていってください。


JA61pZ4kTBxOmM51500214895_1500214918.jpg
5月にお伺いした後、また部員が増え、活気いっぱいに活動する木古内小学校は、無料町バスのおかげで北斗市「かなで~る」でのホール練習に参加出来ました。
セッティングを工夫したり、音の入れ替えをしたりして、この小編成バンドの良さを生かす練習をし、皆のやる気も加わって、どんどん良い演奏に変容していきました。見学されていた先生方もびっくり。
コンクールまでの日々も、広い空間をイメージして、さわやかな木古内小サウンドを磨き上げてください。


vq3KRWDRXtiRfkR1500214993_1500215012.jpg
木古内中学校も、ホール練習に参加出来、バランス調整や表現の豊かさを目指してレッスンが出来ました。
曲の特質を生かした打楽器の独特なセッティングで、初心者を含む18名の小編成バンドが、色彩感豊かな趣ある演奏に近づいて来ました。
管楽器の音色や打楽器とのバランス、ソロのクウォリティをさらに上げて、「小編成バンドの鏡」と言われる演奏に仕上げていってくれることを願っています。


oAIApXPPbqV4M0j1500284515_1500284535.jpg
前回、課題曲のマーチで、がっつり宿題を出させていただきましたが、それらも立派にクリアして「グッ!」でした。
自由曲の歌う部分やエンディングの構築に時間を使い、より感動的な演奏になるようにと練習しました。
顧問の先生も部員たちも、メラメラ燃えている感じで、吸収力高くレッスンを受け止めていたことに拍手です。


dllsKQGRGbSHsKQ1500284575_1500284599.jpg
輝かしいサウンドで、ブラスの名曲にチャレンジしている小学校です。
北海道の小学校部門は、時間制限が6分なのですが、最近の演奏はどうやってもオーバーしていて悩んでおられたとのこと。
中間部のゆったりした場面を、テンポを上げつつ落ちついた雰囲気で演奏する技を伝授し、問題解決しました。
テクニック的に難しい箇所を何とか乗り越えて、コンクールに向かってほしいです。



「かなで~る」での小学校レッスンの時、なぜか他校の先生方がたくさん見学に...
どうしたのかな?と思いきや、レッスン後、子どもたちと先生方が、「ハッピー バースディ トゥー ユー♪」と歌い始め、「えっ?!何?!」と驚く私。
もうじき誕生日を迎える私のために、先生方が特別なプレゼントを用意してくださっていたのです。


DSCF7216.jpeg
                 DSCF7221.jpeg

3Q1sDb3o_lLy0EJ1500245299_1500245375.jpg
私が指導でテンポを刻むために使っている「アクリルボード」
そこに、「Thank you for your “Magokoro” Team Hakodate」と印字されていました。
そして、お付き合いさせていただいているレッスン校の先生方全員のお名前が書かれた「手作り栞」

先生方から真心をいただいているのは私の方なのに。
これからも、最大の真心と誠意でお付き合いさせていただきます。

心から...ありがとうございました。



S76EXZPmBbmmCCU1500284888_1500284992.jpg
さようなら~! また会える日を楽しみにしています!
コンクールに向かって、先生、仲間たちと心ひとつに頑張ってくださいね!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-07-18(Tue)23:39 [編集]