田川伸一郎のブログ

静かな年の暮れに...

年内のレッスンも終わり、静かな年末がやってきました。

今日は、母の「デイサービス納め」
朝、お迎えのスタッフの方々に、いつも以上に頭を深く下げて、「よろしくお願いします。」と、ごあいさつしました。

明日から1週間、デイサービスもお休みです。
楽しみにしているお友達とのおしゃべりも、家では入ることができない「お風呂」とも、1週間お別れ。

何とかシャワーだけでも浴びさせてあげようと考えている私です。
「転んだら大変」「冷えたら大変」と心配もありますが...。
清潔第一ということで。

浴室に入る小さな「段」が第一関門なのです。
こんなことで、「格闘」しなければならないなんて...

一つ一つが「現実」です...
しっかり、向き合います。


今年のお正月は「喪中」です。
早めにお葉書を出させていただきました。

お忙しい中、クリスマスカードやメール、プレゼントで、お返事や近況を知らせてくださる方も多く、ありがたく思います。

私のところにも、「喪中」のお葉書が何通も届きました。
お父様、お母様を亡くされた方、私のようにご兄弟姉妹を亡くされた方...
ご冥福をお祈りしながら、お葉書をくださった方の「思い」を案じています。


レッスンは終わっても、まだまだ仕事は続いています。
数校からご依頼のあった「アレンジ」の仕事です。

そのバンドの「実情」を加味し、そのバンドだけのアレンジをしていきます。
「卒業式」の曲であったり、来年度の「コンクール」の曲であったり、「校歌」であったり...

「お年賀状」を書くかわりに、心を込めて「アレンジ」をしています。

ありがたい忙しさです。



先ほど、こんなほのぼのとした写真がメールで送られて来ました。

1230.jpg

雪だるまと子どもたち...
北海道・木古内中学校の中條先生からです。

雪の写真なのに、心がポカポカ温まりました。

みんな、元気でやっているんだな。
すてきなメールと写真をありがとうございました。


ブログの「コメント」「拍手コメント」にも、レッスンに伺った学校の子どもたちからの「メッセージ」が入ります。

「先生、年賀状を書きたいので、住所教えてください。」と聞いてくれた子どもたちもいました。
「ありがとう。先生は、お姉さんが今年亡くなったので喪中なんだよ。だから、年賀状は出せないんだ。」
「そうか...」

きっと年賀状に書こうと思った気持ちを、コメントやメールで伝えてくれたのでしょう。
ありがとう...
「コメント」には返信ができないので、お返事は出せませんが。


たくさんの「温かい気持ち」に支えられて、新しい年を迎えることができます。

皆さん、本当に本当にありがとうございます。



皆様の「新しい年」が、希望に満ちた日々でありますように...

どうぞ良いお年をお迎えください。













スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する