FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

鎌ヶ谷高校吹奏楽部~新しい息吹き

3月に大盛況のうちに定期演奏会を終えた鎌ヶ谷高校吹奏楽部。
3年間、ご指導にあたられた川口智子先生がご勇退され、新しい顧問の先生をお迎えして、新スタートを切っています。

新顧問の先生は、中尾和弘先生です。
前任校は木更津東高校で、合唱部の顧問をされていらっしゃいました。
過去には、市原八幡高校吹奏楽部を「東日本学校吹奏楽大会・金賞」に導かれたこともあるお力のある先生です。
川口先生の後任としての重責を感じながらも、部員たちのために優しく誠実にご指導をスタートされています。
部員たちも、先生を助け、支え、とても温かい雰囲気で受け入れています。

nHlPY7tNBk3vVN_1523459598_1523459610.jpg


吹奏楽部の外部講師は、顧問が代われば、それに伴って代わって当然です。
私は、中尾先生がお付き合いのある外部講師に引き継ぐことになっても仕方がないと思っていました。
でも、中尾先生は、「ぜひ田川先生に継続してご指導をお願いしたいです」と、私を選んでくださいました。

3月には、部員たちに、「これでお別れかもしれないから...」と伝えていたのですが、中尾先生のおかげで、これからも鎌ヶ谷高校吹奏楽部のお手伝いをさせていただけることになり、とてもありがたく思っています。


今は、1年生の体験入部期間で、毎日、日替わりメニューでミニコンサートをし、その後、経験者も初心者も、ひと通り、全部の楽器を体験してみようという時間を設定しています。

izgn4cm9mA8Pem31523459557_1523459580.jpg

IMG_0003_convert_20180412102209.jpg  IMG_0004_convert_20180412102233.jpg
IMG_0006_convert_20180412102301.jpg  IMG_0009_convert_20180412102318.jpg

部活見学者の名簿をざっと見ると、小学校からの経験者もいれば、全くの初心者もいます。
これは、毎年のことです。
中には、私がレッスンに伺っていた中学校からの入学生もいて、「うわ~っ!」と再会を喜び合い...

今は、新3年生も全員部活に参加して、1年生の体験入部の手ほどきをしてくれています。
1年生の入部が決まると、「部活に残ってコンクールメンバーとして活動する」「部活には残るがコンクールには出ないで地域行事などに参加する少なめの活動をする」「完全引退をして、部活には一切参加しない」という3つの中から、自分で決めた道を進みます。
「完全引退する」という3年生は、来年3月の定期演奏会にも出演出来ず、裏方をお手伝いするという決まりになっています。

今年度は、「東日本学校吹奏楽大会・三出」の規定により、B部門には出場出来ません。
A部門への挑戦となります。

「絶対に部活に残って、コンクールまで勉強と両立させて頑張る!」と決心がついている3年生もいるでしょうし、まだ考えが揺れている3年生もいると思います。

一度しかない大切な高校生活...自分なりに「最善」と思う道を選んで欲しいと思います。


きっと同じような悩み、迷いを抱えて、今を過ごしている高校3年生が全国にたくさんいると思います。

私からは、「今しか出来ないことは、今やらなきゃ!」と声を大にして言いたいと思います。
そして、「部活と勉強は、絶対に両立できる!」と思います。

3年生として部活をやる意味の大きさは、やった者にしか分かりません。
悩みも視野も成長も感動も...1年生、2年生の時とは全く違います。
コンクールの成績にかかわらず...



中尾和弘先生&鎌ヶ谷高校吹奏楽部の皆さん、新しい気持ちで頑張りましょう!

私も、微力ながら、精一杯お手伝いさせていただきます!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-04-16(Mon)20:26 [編集]