FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

旭川から~2018・5月~

先週の金曜日から昨日まで、北海道の旭川にお伺いして来ました。
2週連続の北海道です。


函館では天気が悪く残念でしたが、旭川では最初の2日間は好天に恵まれ、爽やかな青空の元、気持ち良く過ごすことが出来ました。

今回のレッスンは6校だけでしたので、時間のゆとりもあり、1校あたりの時間もたっぷりと取れ、プチ観光にもご案内いただきました。

まだ曲の完成を目指す時期ではありませんので、それぞれの曲を細かく分解分析して、生徒さん方にしっかりと理解していただきながら練習を進めました。

また、ご希望に応じて基礎合奏に時間を使ったバンドもありました。

このレッスンのために、どの学校も必死の練習を積み重ねて来られた跡が手に取るように分かりました。

レッスン内容よりも、この「目標」に向かって、年度スタート時の活動に熱を込めて生き生きと歩んで来てくださったことに価値があると思いました。

そんな先生と生徒さん方の思いをしっかりと受け止めて、レッスンさせていただきました。


0MYW3eBOiVAhyH21526159991_1526160010.jpg
u_Ke_Iuo0v7qS831526160062_1526160170.jpg
顧問の先生が代わり、また新卒のフレッシュな副顧問の先生も迎え、心機一転前進している中学校バンドです。
1月にお伺いした時には、ホルンもユーフォもおらず寂しかったですが、1年生が入部してくれてとてもうれしかったです。
小学校にもレッスンに伺っているので、顔見知りの1年生たち。中学校でさらに大きく育ってほしいです。


0vNoK_zJZs2C4Nu1526260663_1526260674.jpg
0u6NpGtJ4AHRjGW1526260701_1526260762.jpg
こちらの中学校も新しい顧問の先生に代わりましたが、引き続き、お招きのご縁をいただき、うれしかったです。
1年生は全員初心者で、まだ合奏を見学していましたが、先輩たちの演奏に眼をクリクリさせていました。
選曲して間もない時期でしたが、レッスン前日まで必死必死!で練習し、何とか通して演奏出来ていたことにびっくり!これからは1年生を育てながら、さらに丁寧に練習していきましょう。


X6hWkqXwQXy__4q1526260790_1526260803.jpg
mZxpSStPWzxpc_p1526260829_1526260885.jpg
今年度は3年生が少なく、3年生がいないパートもありましたが、そうは思えないほどのレベルの高さでした。
コンクール候補曲を2曲選んで半分ずつ位練習してありましたので、両曲をレッスンし、その様子を顧問の先生がご覧になって、客観的に判断して曲を決定されました。
壁に貼ってある「東日本大会出場」「北海道一の音」「牛タン喰うぞ(今年は仙台開催です)」という大きな目標に向かって頑張りましょう。


FMOe4gb6zukRD3X1526260907_1526260928.jpg
6c3S8byWjRSsllD1526260954_1526260973.jpg
いつも旭川の先生方のご希望を集め、レッスンスケジュールを立ててくださる先生の中学校です。
この中学校の地区でも「部活制限」が始まり、練習時間は減っていますが、より効率的な練習でレベルを維持出来ていました。
課題曲は、難しいと分かっていながらも『ワルツ』を選び、今回のレッスンでもたっぷり勉強しました。とても良い反応でしたので、完成が楽しみです。


DSC_1044_convert_20180513072634.jpg
eRnw2iZfqMzlgwZ1526160399_1526160431.jpg
1月に初めてお招きいただいた高校バンドで、1年生を迎えて、ますますパワフルに生き生きと活動していました。
とても賢く、私の訳の分からない言葉の表現や指示をとてもよく理解して、反応良く返してくれることに驚きです。
課題曲のマーチを中心に練習し、マーチらしい爽やかな演奏に変容していくことが出来ました。


BJtLnti9aEcRx2a1526160486_1526160517.jpg
0cC0vs950wm2IJa1526160577_1526160611.jpg
旭川永嶺高校は、旭川凌雲高校から統合改名して3年目、制服が一種類に揃い、そのせいもあり、きりっとした練習室の雰囲気が感じられました。
課題曲の「ワルツ」では、先生の指揮で一度聴かせていただいた後、何の注意も解説もなく、私の指揮でいきなり2回通してみました。
まだ2,3年生だけでの合奏であったこともあり、言葉無しでも通じる部分がたくさんあり、とても感動しました。心のつながりを今年も深めていきたいと思います。



6月、7月の旭川レッスンは、校数がぐっと増え、超過密スケジュールのようです。

一校一校のレッスンが無駄なく、そして、粗雑にならぬよう、今から先生方との連絡を密にして、十分な教材研究をしてお伺いしたいと思います。

旭川地区の先生方、児童・生徒の皆さん、今年度も「一度しかない今年」を大切に、一歩一歩確実に前進して参りましょう!

私も、精一杯お手伝いさせていただきます!



3CvcJVCz0k3ZLi91526261042_1526261057.jpg
さようなら~! また来月、お会いしましょう!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-05-14(Mon)20:07 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-06-14(Thu)08:38 [編集]