FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

大きな挑戦の始まり

千葉では、初夏の陽気です。

少々暑いですが、見上げると青空...とても気持ちがいいです。

そんな昨日は、茨城県の中学校にお伺いして来ました。

何度かブログで書かせていただいている水戸市立第二中学校吹奏楽部です。

zAv378ZnOC68jEj1526389193_1526389213.jpg

今年で4年目のお付き合いとなる水戸二中。
昨年度まで、「3年連続・東日本学校吹奏楽大会出場」の快挙を成し遂げました。
そのため、今年度は、規定によりB部門には出場出来ず、A部門に出場しなければなりません。

さらに、少しずつ「部活時間の制限」もかかり、今までよりも少ない練習でコンクールに向かわなければなりません。

新1年生もやる気いっぱいに入部して来ていました。
小学校で吹奏楽をやっていた部員もいれば、全くの初心者や担当楽器を替わって初心者状態の部員もいます。
小学校と同じ楽器を担当している部員はすでに合奏に参加していました。

初心者の1年生を含めても36名という人数でA部門に出場するのは、茨城県でも上手な学校がひしめく「中央地区」では、とても大きな挑戦となります。

でも、先生も部員の皆も、あまり「勝負」にはこだわっていません。
それよりも、「私たちに出来る最高の音楽が出来るか」...意識はそこに向かっています。

選んだ課題曲は、顧問の山田文子先生のエレガントさにぴったりの『ワルツ』です。
私も、迷いなく大賛成。 部員たちも、とても気に入って練習しています。
この人数だからこそできる繊細なアンサンブルと上品な表現を徹底的に追求していく路線で進んでいます。
まだまだ入口に立ったばかりですが...

AttSEYxrwg29D_E1526389689_1526389708.jpg  V2Muq2xk2YbhETD1526389815_1526389842.jpg

GuT8hj5y7_acCbg1526389889_convert_20180515230058.jpg  opKqqOIGM4hyr6f1526389747_1526389773.jpg

自由曲は、『ワルツ』とは真逆のドラマチックなオリジナル作品です。
どれだけ対照的な色を出せるかにかかっています。

こちらは、まだ譜読みをして、やっと合わせている段階なので、細かく詰めていく必要がありそうです。

水戸二中の生徒さんたちは、感性がとても豊かで、何かひとつ言葉を投げかけると、スッと演奏が変わります。
教えていても、とても楽しく、心がうきうきします。

山田先生の日々のご指導と、部員の皆さんの素直でひたむきな努力あってこそです。

DYXjeqgEftfbc2d1526392399_1526392412.jpg
表情豊かに「音楽」をご指導される山田文子先生です。
共に勉強させていただき、光栄の限りです。



今年の部長さんは、部活はもちろん、学級でも全力の生活をしており、生徒会長も務めています。
部長と生徒会長の両立は大変に決まっていることを承知の上で挑戦しています。
先生や他の皆も、応援してあげています。

昨日は、生徒総会直前で、生徒会も当然仕事があったようですが、「田川先生のレッスンなので、生徒会の先生にお願いして抜けさせてもらうことにしました」と、本人から話がありました。
私は、あえて、「レッスンだからと言って生徒会を抜けるのは両立とは言えないな。まず生徒会に行って、最低限必要な仕事だけは済ませて来なさい。レッスンにはその時間分だけは遅れてもいいから。終わったら急いで部活に来なさい。」と、話し、顧問の先生の許可を得て、生徒会に向かわせました。
「ありがとうございます!急いでやって来ます!」 
途中、大急ぎで部活に戻って来てからの集中力には、すばらしいものがありました。

そんな形で私も応援してあげています。

初心者の1年生たちは、レッスンの間、自分たちだけで黙々と練習を続けていました。

みんなみんなキラキラ輝いていました。

vfAyVc7G2Mivmsf1526389385_1526389397.jpg

今年のコンクールは、今までにない「大きな挑戦」になりそうですね。
君たちの「挑戦」の本質は、「勝つこと」ではありません。
このメンバーで、課題曲と自由曲をどれだけ質の高い音楽に作り上げることが出来るか...そのことのみです。
昨年度までと違い、2曲を仕上げていくことは大変なことですが、それだけ思い出の曲が増えることも確かです。
思い切り苦労して、思い切り感動して、ますます感性豊かな君たちに育っていきましょう。
がんばれ! 水戸市立第二中学校吹奏楽部!



ayYGTqjOclx5Elb1526389421_1526389439.jpg
                 lDDnqwQCttZpl0Y1526389459_1526389471.jpg
水戸市立第二中学校の風格ある校門、そして、校舎です。
校門をくぐると、姿勢も気持ちも引き締まります。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-05-16(Wed)19:06 [編集]