田川伸一郎のブログ

優しい真心に感謝

先日の日曜日、5月13日は「母の日」でした。

当日、私は、旭川に行っており、月曜日から水曜日も母のホームには行けませんでした。

少なくとも、週に2回は会いに行くことにしているのですが、仕事だけでなく、あれやこれやと用事が絶えず、それが出来ないこともあります。

「母の日」...認識はあったのですが、今年は、忙しさにかまけてゴメンナサイでした。

昨日、約1週間ぶりに行ってみると...

2D6pPa_b0mGkuWm1526529339_1526529390.jpg

スタッフさん方が、私の代わりにこんな素敵でかわいいプレゼントを作ってくださってありました。

部屋に飾ってあったプレゼントを見て、深い感謝と同時に、申し訳ない気持ちが込み上げました。

スタッフの方々は、介護そのものの仕事だけでも、言葉に出来ないほど大変な毎日をお過ごしです。
「介護職」という大変なお仕事に身を置いてくださる方々がいらっしゃるから、家族である私たちは、こうして自分の生活を守ることが出来ています。

その上、このように手間をかけて、真心のプレゼントを作ってくださり、頭が上がりません。

このプレゼントを作ってくださった「手間」の分は、施設にお支払いする費用には含まれていないと思います。

プレゼントを作らなくても、スタッフさん方の給与は減る訳でもないでしょうし、作ったからと言って増える訳でもないでしょう。

全て優しい「真心」のみでしてくださったことです。

息子の私がサボってやらなかったことを、スタッフの方々はやってくださいました。

このホームにお世話になり、本当に良かったと思います。

本当に本当にありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします。


来年の「母の日」は、サボらないように、私がちゃんとプレゼントを用意します。

だから...元気でまだまだ長生きしてほしいです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-05-22(Tue)19:49 [編集]