FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

小学校の音楽授業研究~2018・5月~

昨日は、県内の私立小学校の音楽科授業研究でした。

こちらの学校の音楽専科の先生が年に3回程度の授業研究をされるようになってから、もう5年ほど経つでしょうか。
なかなか研修の機会が無い私学の音楽の先生が、自主的に授業研をされるのですから、頭が下がります。

指導案はもちろん、授業の質もどんどん向上し、全校の音楽教育がとても良い方向に進み、レベルもアップ、そして、「もっと音楽したい!」という子どもが増えて、吹奏楽部のメンバーもどんどん増えました。

今回は、3年生のリコーダーの導入時期の指導について勉強しました。

hfNxKNyO9o4OkhS1527593776.jpg

しっかり教えなければならないこともありますが、さらに楽しさがその周りを包み込んでほしい。

そんな願いを元に授業を組み立てられました。

・姿勢
・左右を正しく持つ
・タンギング
・ブレスコントロール

易しく楽しい教材を使って、きめ細やかにすすめていきました。

ほぼ全員、タンギングが出来る。
ほぼ全員、「シ」の音を出した時に、音がひっくり返らない(指をきちんと押さえられる)

これだけで十分立派。

IMG_0002_convert_20180529204945.jpg  IMG_0003_convert_20180529205015.jpg
基本的なことを、何度も確認しながら進めていきます。

全員で吹くだけでなく、「ひとりずつ」のチェックも数回加えていきました。

IMG_0006_convert_20180529205038.jpg

教師の範奏も、とても大切です。
先生の範奏を聴いて、真剣に真似しようとする子どもたちの向上心も必要です。

IMG_0007_convert_20180529205100.jpg  IMG_0010_convert_20180529205121.jpg

ちょうど、5月号の「教育音楽・小学校版」(音楽之友社刊)に、インタビュー形式で私の考える器楽指導への思いが載っており、先生はその記事も参考にしながら、綿密に指導されていました。

・リレー奏の時には、口を挟まずに、回す。
・リコーダー指導の時には、教師の話し声もゆっくりソフトに落ち着いて...それがリコーダーの音につながる。
・一度に色々なことを要求しない。
・ピアノ伴奏によって、音色が崩れる場合もあるので、無伴奏での練習を多くする。伴奏をつける場合は、音量に細心の注意を払う。
・「聴き分ける力」を育てる。
・「苦手意識」を持たせないような評価の言葉を使う。褒める時にも、他の児童の思いを大切にする。

リコーダーは、全ての児童が平等にスタートラインに立てる楽器です。

皆が、ゼロから...それを大切にして指導していきたいものです。


今年度も、先生と共にたくさん学んでいきたいと思います。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-05-30(Wed)21:11 [編集]