FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

日本人サポーターの"ゴミ拾い"に感動

ロシアで開催されているサッカーのワールドカップ。
私は、特に興味がある訳ではないので、夜中のテレビ観戦はしませんが、朝のテレビはちょっぴり楽しみです。
日本代表の活躍にもワクワクしています。

そして、ネットニュースでのうれしい記事。

日本人サポーター、W杯会場での“ゴミ拾い”に感動の輪拡大 「世界トップの規範だ」

Football ZONE web より


コロンビアを破る歴史的勝利とともに、日本人サポーターの行動に世界が注目

日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビアと対戦し、2-1で勝利した。強豪国相手に演じた見事な番狂わせとともに、世界中で反響を呼んでいるのが日本人サポーターの美徳だ。
サランスクのスタジアムに足を運んだ日本人サポーターの「ゴミ拾い」に、各国から「世界トップの規範だ」と称賛が巻き起こっている。

南米の強国コロンビアを撃破した西野ジャパン。その番狂わせとともに、注目を集めているのがサポーターの美しいマナーだ。

英公共放送「BBC」は「普通は燃え上がるようなW杯の試合があれば、その後のスタンドにはカップや食べ物のゴミがそれを象徴するように散乱する。まさにそんな試合だった」とイングランドサッカー界のスタンドの通例を紹介する一方で、日本サポーターの行動を紹介している。

「日本人のファンは試合後にみんなで掃除を始め、一列ずつ、一席ずつ、自ら持ち込んだゴミ袋を使って丁寧にゴミ拾いをした」と敬意を示しつつ、「サムライブルーのサポーターは、一度たりともこのマナーを忘れたことがない」と絶賛した。

日本人サポーターがスタンドを綺麗にする様子は動画などでも拡散。各国メディアも報じ、世界中のファンからツイッター上で称賛の嵐となった。
.

「ジャパンのマナーの良さは満点」

「フットボールファンはいつも散らかし、絶対に綺麗にしない。日本のサポーターは世界トップの規範を定めてくれた」

「日本のファンはコロンビア戦後にスタジアムを片付けし、最高の客という評判を確固たるものにした。日本は再びW杯で世界最高のファンを有していることを示した」

「日本でのオーストラリア戦で、青いゴミ袋を持ったファンが踊るのを見て笑ってしまったが、それは無知だった。W杯で彼らが試合後にスタジアムを清掃していたことを気付いた。我々は間違っていた。申し訳ないし、敬意を評します」

「なんて見本なんだ。なんて素晴らしい!」

「よくやった、ジャパン。あなたたちのマナーの良さは満点です」

「フットボールはその国の文化を反映すると言いますが、重要な部分は、日本社会は全てに関して清潔にするということです。全てのスポーツイベントもそうですし、フットボールでも間違いありません」

サポーターがスタジアムで見せた美徳から日本文化の素晴らしさを称える声も巻き起こった。躍進の西野ジャパンとともに、サポーターもフットボール界で最大級の評価を手にした。



何ともすがすがしく、晴れやかな気持ちになります。

こんな爽やかな応援が、全世界、全てのスポーツに広がったら...


そして、吹奏楽コンクールの会場でも...

出場団体が、終演後、コンクール会場のゴミ拾いをしている光景はたまに見かけます。

ただ、「客席入れ替えのため、すみやかにご退館ください!」「ロビーでのミーティングや集合は禁止です。すみやかに退館してください!」と、吹奏楽コンクールの会場は、「早く早く」の連続。

ゴミ拾いなんかしていたら、迷惑をかけたり、注意されたりするだけです。

だからこそ、「客席にゴミを残さない」を守って鑑賞、応援したいものです。


ゴミ以前に、「携帯電話の電源はお切りください!」と、何度も放送や巡回注意が入っているのに、なぜか演奏中に着信音が鳴ることがあります。
「写真撮影は禁止です!」と言われているのに、演奏中、フラッシュが光ることがあります。

「マナーを守って鑑賞する」ということがなかなか出来ないんだなぁ。

ワールドカップの日本人サポーターが世界で賞賛されているのに、国内の吹奏楽コンクールの鑑賞マナーはまだまだ残念な状態...

今年のコンクール会場はどうかな。


子どもたちは、みんな一音一音、必死に練習しているんだから...

それを発揮する本番を大切に見守ってあげたいですね。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-06-22(Fri)15:26 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-06-22(Fri)19:52 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-06-22(Fri)19:52 [編集]