FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

天草から~2018・6月~

先週の金曜日から昨日まで、熊本県の天草市にお伺いして来ました。

天草の学校とのお付き合いは、13年ほどになります。
函館の次に長いお付き合いの地区です。
毎年1~2回、お招きくださいます。

天草へ行くには、熊本空港まで行き、プロペラ機の天草エアラインに乗り換えて約30分。
今年も、そのはず...でした。

熊本空港で、天草エアラインのチェックインをして、搭乗口で待っていたところ、突然、「欠航」の連絡...なに~!
落雷の影響で、使用機の点検が必要になったと...
機数が少ない天草エアラインの残念なところです。

払い戻し手続きをすると、「チャーターバスで天草まで無料でお送りさせていただきます。3時間ほどかかりますが...」
もうあきらめるしかありません。
到着後に予定していたレッスンは不可能となり、学校に電話してキャンセル。ふぅ。

朝8時前に家を出て、天草に着いたのは18時過ぎ。
10時間かけてたどり着いた天草でした。

そして、土曜日に、見知らぬ番号から電話...天草エアラインでした。
何と、帰りの天草エアライン(熊本行きがなく、福岡行きなのです)も、欠航決定と...
「えぇ!じゃあ、どうするんですか!」
チャーターバスは出ず、自力でとのこと。しかも、熊本空港ではなく、天草エアラインが向かう福岡空港からの航空券なのに...

先生方に相談し、急遽、日程を組み換え、先生の車で熊本駅まで送っていただき、新幹線で博多へ、そこから地下鉄に乗り換えて福岡空港へ向かうということになりました。

こうして今までになく、時間と疲労の重なった天草への旅となりました。

それでも、行って良かった!
天草の先生方と子どもたちは、最高の笑顔と猛烈なやる気で迎えてくれました。
そして、美味しい海鮮!
これらですべてチャラです(笑)

レッスンは、小学校2校と中学校1校の3校でした。
もちろん、吹奏楽コンクールに向けての練習真っ盛り。
3校とも、例年以上の出来に感心しました。

DSC_1229_convert_20180701063409.jpg
IMG_0001_convert_20180701064102.jpg  IMG_0002_convert_20180701064155.jpg
IMG_0004_convert_20180701064257.jpg  IMG_0005_convert_20180701064351.jpg
ZK4w5JXegYjRIDO1530394663_1530394755.jpg
半数近くが新入部員の4年生。曲もちょっぴり難しいオリジナル曲。
大丈夫かなぁ...と心配していましたが、5、6年生がとてもよく練習してあり、また、小編成用の楽譜なので、5、6年生だけでも音が埋まります。
なので、4年生は負担の少ない場所だけ演奏で参加出来ていました。
そして、このバンドには、楽器指導がバッチリ出来る顧問の先生方が複数おられ、抜群の指導陣です。
練習の負担を減らすために、まずカットを提案。それに顧問の先生のご意見を加えて、約6分半のカットが決定。
曲の作り方の道筋を具体的に実演していきました。バランスや音色感にもたくさん配慮が必要です。
「4年生が多い割には、ここ数年で一番上手い!」と、褒めてあげて、みんなニコニコでした。
まだまだぐんぐん上手くなりそうな可能性いっぱいの今年のチームでした。


DSC_1233_convert_20180701065339.jpg
IMG_0006_convert_20180701065722.jpg  IMG_0007_convert_20180701065823.jpg
IMG_0008_convert_20180701065921.jpg  IMG_0011_convert_20180701070016.jpg
qmG2B0Kpgb4Inni1530395707_1530395772.jpg
コンクール曲がなかなか決まらずにスタートが遅れてしまった今年...先生が希望されていた曲が、どう考えても小学生には無謀、そして、超高いレンタル代に私が猛反対し続けたために遅れてしまったのです。
先生を説得するために私が提案した曲は、『ノートルダムの鐘』。伊奈学園総合高校が昨年度演奏し、ブレーンから売り譜で出版された森田一浩先生の名アレンジによる作品です。
「伊奈学園がやった曲など、難しくてウチの子どもたちには出来ません!」「いや、大丈夫!まずは楽譜を買ってみてください!」というやり取りでやっと決まりました。
先生も子どもたちも、大好きになり、遅れを取り戻すべく、今回のレッスンを目指して猛練習して来たようでした。
部分的にカットはしていますが、すでに全曲通っていました。すごい!
オーケストレーションがとても豪華なので、役割をしっかり理解して演奏していきましょう。


DSC_1240_convert_20180701073143.jpg
IMG_0013_convert_20180701073352.jpg  IMG_0014_convert_20180701073440.jpg
IMG_0019_convert_20180701073528.jpg  IMG_0022_convert_20180701073620.jpg
2AJwGLY8ORPr7_J1530497071_1530497127.jpg
昨年度、二度目の全日本吹奏楽コンクール出場を果たした本渡中学校は、「三度目の全国大会」を目指して真剣な練習に取り組んでいます。
と言っても、部員たちの明るさは格別。練習中も、笑顔が絶えません。
音楽することを心から楽しんでいるのです。
課題曲は、『虹色の未来へ』・・・鳴りが悪い箇所もある曲ですが、指揮をしながら「虹色!!」と、わめくと(笑)、突然音色が変わりました。こういう所が素晴らしい!
自由曲は、『シネマ・シメリック』・・・どこかの学校の上手い演奏を真似するのではなく、楽譜を隅々まで読み込むことで見えてくることがたくさんある「宝の曲」であることを勉強しました。ハーモニーの力を生かす音楽づくりの楽しみをたっぷりと味わいながら仕上げていって欲しいです。
皆さんの夢が叶うことをお祈りしています。



DSC_1232_convert_20180701073949.jpg
                 DSC_1243_convert_20180701074046.jpg
みんながんばれ~! 応援しているよ~!


天草滞在中に、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産登録決定のニュースが入りました。
認定該当となった「12の構成資産」のひとつに、天草の「﨑津集落」(身近なものを信心具として代用し、漁村特有の形態で信仰を続けた集落)があります。


偶然にも、今回は「プチ観光時間」が予定されていましたので、先生方にお願いして、この「﨑津集落」に連れて行っていただきました。

IMG_0002_convert_20180702083136.jpg
対岸から見た「﨑津集落」です。 美しい景色でした。

OYAiIrxK1BInNbh1530490718_1530490749.jpg
「﨑津集落ガイダンスセンター」には、早速、登録の横断幕が!
登録確信していたんだなぁ。 案内している市の職員さんやボランティアの方々も、とてもうれしそうでした。


IMG_0005_convert_20180702083158.jpg
﨑津集落の中心にそびえる「﨑津天主堂」です。 
畳敷きの落ち着いた教会でした。


あくまでも「﨑津集落」の全体が世界文化遺産登録となったのであって、この教会が登録になったわけではありません。
ちなみに登録該当の建物は、長崎の「大浦天主堂」だけで、他は全て集落です。

INi9SnW6AEPbiMt1530491240_1530491257.jpg
熊本の新聞では、もちろん第一面のトップ記事です。 

これから、ますます多くの観光客で賑わうことだと思います。
何ともレアなプチ観光も楽しませていただき、幸せでした。

詳細記事はこちらから↓
長崎と天草地方の潜伏キリシタンの関連遺産


何とかたどりついた福岡からの飛行機は、またまた出発遅れ。
でも、幸せいっぱいの気持ちでしたので、「あっそう」という感じでした。

ありがとうございました!

今年も、また秋にお会い出来たら...


*先日ご紹介させていただきましたとおり、「緒形先生のタンポポブログ」は、6月30日をもって更新終了となりましたが、もうしばらくは閉鎖はされず、閲覧は出来るそうです。
ぜひさかのぼってお読みください。
完全閉鎖まで、私のブログでのリンクはそのままにさせていただきます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-07-02(Mon)21:48 [編集]