FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

ゴールド朝練

7月に入り、千葉は猛暑の毎日です。

ともかく暑い!

小学校のレッスンでは体育館も増え、子どもたちと一緒に大汗を流しながら頑張っています。

そして、いっぱいになったスケジュールの中で、さらに、どうしてものご依頼があった時に、ひねり出す時間は「朝」しかありません。

「朝練レッスン」です。


3ukx5DhA3Yhfvam1530578516_1530578545.jpg

EkGEQhk2eiA6Suf1530578735_1530578821.jpg

今は、毎日、どこかの学校で朝練レッスンに励んでいます。

近い学校もあれば、40分位かかる学校もあります。

でも、朝は塾や習い事がないから全員揃います。
気合いさえあれば!
(最近は、委員会や「あいさつ運動」で途中で抜けちゃう子もいるけどさ。レッスンの日には、交替してくれますが。)

顧問の先生も、子どもたちも、そして、送り出してくださる保護者の方々も、みんな一致団結! 
素晴らしい!


私は、毎日5時過ぎには起きて準備や移動です。
朝練は、私の長年の習慣ですから、当たり前のようにへっちゃらです。

1日のスタートに集中して練習することは、子どもたちにとっても大変良いことです。
身体も脳も活性化してから教室に行けます。
遅刻しないように、夜も早く寝ようとする習慣も出来ます。
練習後、遅れずに教室に向かえるように、すばやい行動や協力が出来るようになります。


ただし、顧問の先生のプライベートやお考えは守るべきですから、無理は禁物です。
顧問の先生が「出来ない」というなら、無理に「やれ」「やってほしい」とは言えません。
一円の手当も付かない「勤務時間外の完全ボランティア」なのですから、やれる先生、やると言う先生がやればよいのです。


行政が、一方的に、「朝練禁止」にしている県や地区も出て来ています。

何事にもプラスとマイナスがあります。
なぜすぐにマイナスだけが話題になり、均一に「禁止」とするのか、訳が分かりません。
そして、しつこいようですが、何でも「ブラック」を付けたがります。


・・・・・・
学校や教室に足が向きにくい子が、大好きな部活のおかげでとりあえず学校には来られるようになる。
朝練に来たついでに、教室には行けなくても、保健室やどこかの部屋で過ごせ、少しでも勉強が出来るようになる。
気が向くと教室に行ってみようとする。 そして、だんだん教室に行けるようになる。

学校には、そんな子どももいます。
部活があるから、とりあえず学校に来られる...そんなのはダメですか?
甘っちょろいですか?

学校には、そういう子どももいるのです。
部活は、そんな子どもの救いにもなっているのです。

朝から必死に楽器と格闘し、キラキラ輝く子どもたちは、「ブラック」ではなく、まさに「ゴールド」。


なかなか学校に足が向かなかった某小学校のH君は、だんだん朝練に来られるようになりました。
「次回の朝練レッスンの時も来るって、指切りげんまんする?」 H君へのいつもの私のセリフ。
2回、指切りげんまんして、彼は2回とも約束を守りました。
今回は、「先生、大丈夫だよ。指切りげんまんしなくても、ぼく、次もちゃんと来るから」と、H君は、私との指切りげんまんから卒業。
「よっしゃあ!」
最近は、少しずつ教室にも入れるようになって来たそうです。
やったね! H君!


「ゴールド部活」「ゴールド朝練」  バンザーイ \(^o^)/


もう吹奏楽コンクールが始まっている地区もあります。
日本で一番早いのは、岩手県盛岡地区かなぁ。 すでに6/30、7/1に終わったそうです。

暑い夏、熱い夏、みんながんばれ~!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-07-05(Thu)20:10 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-07-12(Thu)21:10 [編集]