FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

夏休み

千葉県のほとんどの小・中・高校では、今日が1学期の終業式です。

猛暑が続く水害被災地では、今なお暑い体育館での避難生活や炎天下での復旧作業が続いています。
あの日以来、授業の再開が出来ず、終業式もないまま夏休みに入る学校もあります。
何も直接的な支援ができない心の痛みを感じます。

あたりまえのように生活でき、あたりまえのように学校に行け、あたりまえのように終業式を迎えられることが、逆に奇跡に感じられます。

明日は我が身...私が生きている間に、おそらく関東も大地震に襲われ、多くの被災者の一人になると思います。
だからこそ、今をしっかり生きていきたい。
あたりまえではない今日を...


「夏休み」とはいえ、先生方は大忙しです。
部活以前に、膨大な研修や書類作業、会議、職員作業、出張などなど。
「コンクールがあるのに、練習が出来ないから、夏休みも7時過ぎからの朝練をやらざるを得ないんです!」という学校もあります。

昔は、終業式の昼の職員打ち合わせで、校長先生から、「日頃、時間外勤務があったり、なかなかお休みを取れなかったりというのが教師の仕事です。夏休みは、気持ちも身体もゆっくり休めて、2学期にまた元気に子どもたちと会えるようにお過ごしください。」と、ホッとするようなお話があり、美味しいお弁当を取って昼食会をし、にぎやかにそれぞれの夏休み中の予定を語り合ったりしていました。
夏休み中の職員室はシーンとして静か。蝉の鳴き声だけが響いていました。
日直の先生が事務室にいて、たまに数名の先生が、「ちょっと用事で」と来る程度。
もちろん、私はガンガン練習していました。
練習の合間に、特別に吹奏楽部だけでプールに入れさせてもらったこともありました。(許可してくださった校長先生、協力してくださった先生方、ありがとうございました。)

今の職員室や学校内は、夏休みも普段と何も変わりません。

「ブラック部活」よりも、もっと考えてほしい「働き方改革」があると思います。
夏休みまで、先生方を休ませず、バリバリ働かせる行政。
それでいて、「部活を縮小せよ!」「休職者を出さないように、校長は職員の健康管理を徹底せよ!」 はぁ?です。
とんちんかんもいいところ。


そして、明日からいよいよ千葉県吹奏楽コンクールが開幕です。
8月13日までの長い長いコンクールです。

運営しているのは、ほとんどが先生方です。
ご自分の校務をした上で、ご自分のバンドも出場させ、さらに吹奏楽連盟のためのお仕事もされています。
頭が下がります。

運営される先生方のご負担が少しでも減るように、出演者はもちろん、応援の方々も、会場での指示にはすぐに従い、スムーズな運営に協力したいものですね。

「ウチの子が出てるんだから入れなさいよ!」
「いえ、もう演奏が始まっておりますので、入れません。申し訳ありません。」
「だったら、入場料返しなさいよ!チケット買わせておいて、我が子の演奏聴かせないってどういうこと?!」
「お早めにいらしていただければ...」
「何?アタシが悪いってこと?!早く入れてくれないと終わっちゃうでしょ!」
・・・おいおい、保護者さん、悪いのはアナタですよ。役員の先生に謝らせず、諦めましょうね。
今だに、こんな非常識な保護者もいるそうです。
胸ぐらをつかまれたり、蹴られたりした役員の先生もいるそうです。

子どもたちの健全で驚異的な成長を見習い、大人も成長したいものです。


さあ、夏休み!

みんなみんながんばれ!

私も体力の限界と闘う日々が続きます。

5YO8PHBrwOv9HFM1532039605_1532039611.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-07-22(Sun)09:53 [編集]