FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

千葉県吹奏楽コンクール・本選大会

昨日まで3日間、「第60回千葉県吹奏楽コンクール」の中学校・高校の本選大会を聴きに行きました。

「千葉県吹奏楽コンクール」は、3会場での異部門同時開催を含め、20日間にわたって行われました。

今年度、このコンクールに出場したのは、666団体22432人の皆さんでした。
すごい数です。

この酷暑の中、出場された団体の皆さんはもちろん、これだけの大会を運営された先生方の驚異的とも言えるチームワークには感謝してもしきれません。
校務もたくさんおありのはずですし、運営役員をされている日の「勤務」は、きちんとした「出張扱い」になっていれば良いのですが、まさか、「年休」や「夏季休暇」を使っての働きでは申し訳なさ過ぎです。
どうなっているのか、存じ上げません。

役員をされている方々には、退職された大ベテランの方々も多数いらっしゃいます。
現役教員の役員では足りず、大先輩方に多数出ていただき、助けていただいているわけです。
大先輩方は運営に慣れていらっしゃるから、お仕事しやすいということもあるかと思いますが、おそらく70歳代にもなっているであろう大先輩方が、汗を流して毎日運営に携わっておられる姿には、深々と頭を下げることしか出来ませんでした。

市の音楽会のように、コンクールに出場する学校は、顧問(または代理)が1日だけは役員として派遣するような人材確保が出来ればよいですが、それはきっと難しいのでしょう。

そして、補助役員として働いてくれた習志野高校、市立柏高校の生徒さんたち。(予選や他部門では、他の学校の生徒さんも助けてくださったと思います。)
炎天下での仕事も、本当に大変だったことだと思います。

本選大会に出場した中学生、高校生たちの熱演にも心から感動しましたが、私はこの千葉県吹奏楽連盟という組織の凄さに改めて敬服しました。

役員の先生方、補助役員として頑張ってくれた高校生の皆さん、本当にお疲れ様でした。 そして、ありがとうございました。


本選大会に出場した中学生、高校生の演奏レベルの高さは圧巻でした。
どの学校も、それぞれの良さを発揮して、感動的な演奏を聴かせてくださいました。

B部門では、超大編成の曲を無理に少人数で演奏しているために、ひとりひとりの音の良さが奪われている学校もあり、小編成は小編成の良さを生かした選曲をして、無理なく良い音で、様々な工夫をする喜びを味わってほしいなと思いました。(でも、勝ち進むにはそんなことも言っていられないのかな?)

A部門では、こんなに大きな音を出さないといけないのかなと思う大音響の団体もあり、そこに存在するハーモニーや色彩や音楽の奥深さが見えなくなってしまう残念さを感じた瞬間もありました。(やっぱり、これも勝ち進むための方法なのかな?)

いずれにしても、先生と生徒さんたちの心の絆、吹奏楽に燃える日々の尊さに心から感動した3日間でした。


千葉県吹奏楽コンクールの結果の詳細は、下記のHPでご覧ください。
千葉県吹奏楽連盟


今日から3日間、私は完全オフのお休みです。
ハードスケジュールの中、倒れずに頑張ってくれた自分の身体と心に感謝して、ゆっくり過ごしたいと思います。

まだまだ暑さが続きます。
みなさまもどうかご自愛なさってください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-08-14(Tue)18:00 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-08-14(Tue)19:58 [編集]