FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

打楽器がつなぐうれしいご縁

先日、プロとして活躍されているお二人の打楽器奏者の方と夕食を共にする機会をいただきました。

おひとりは、このブログでもご紹介させていただいたことがある前田啓太さん。
もうおひとりは、この日がお会いして二回目となる藤原耕さんです。

藤原耕さんは、私が合奏のお手伝いをさせていただいている高校で、打楽器のトレーナーとしてレッスンされていらっしゃいます。
ホール練習の際にご一緒させていただきました。
物腰の柔らかい、とても謙虚な方で、合奏でのアドバイスも大変素晴らしいものでした。
そして、私が考えていることを、わかりやすい具体的な指示として、打楽器の生徒さん方に指導してくださいました。

前田啓太さんと出会った時も同じでした。

私のような打楽器にはド素人の人間にとって、お二人のようにきちんと音大で勉強をし、コンクールでも実績を上げ、プロのプレイヤーとして演奏で生活を成り立たせていらっしゃる方々は、まさに雲の上の存在です。

でも、お二人とも、合奏レッスンの時には、私を立て、必要なことはしっかり指導し、生徒たちが混乱しないように気遣いをしながらアドバイスに加わってくださいます。
当然のことながら、私も、打楽器の専門的な指導の場面ではお二人に任せ、余計な口は挟みません。

ど素人の私にまで気を遣ってくださるところが、プロなのだなぁとつくづく思います。
少なくとも、「吹奏楽部」の外部講師として、どのように振る舞うことが良いのかを生徒目線で考えられるところが、プロフェッショナルです。

そして、お二人は、レッスンでご一緒させていただいた時には、その日のうちに、「今日は勉強させていただき、ありがとうございました」と、感想やお礼のメールをくださいます。
勉強させていただいたのはこちらなのに...

こういう面にも謙虚さが表れ、ますます人の縁や仕事の縁が広がっていくのだと思います。

偶然にも、このお二人はかなり多くのステージを共に作って来た大親友なのだそうです。

私が藤原さんと出会ったことを前田さんがとても喜んでくださり、「三人で一緒にお食事しましょう!」とお誘いをいただいて、私の都合に合わせた日時で機会を作ってくださいました。

プロフェッショナルな打楽器プレイヤーのお話は、うっとりするほど素敵で、音楽界の様々なことや他の打楽器プレイヤーのお話などを私にも分かるように楽しく聞かせてくださいました。

お二人は、私のバンド指導や教育のことにも、眼をキラキラさせて耳を傾けてくださいました。

学校の先生方とのご縁もとても幸せですが、こうしてレッスン校で出会ったプロの方々とのご縁は、ワクワクするようなうれしさを感じます。

これからも、このご縁を大切にお付き合いさせていただきたいと思います。

そして、益々のご活躍を...

楽しいひとときを本当にありがとうございました。

O5Nuua7JAWGWYFn1535037259_1535037315.jpg
向かって左が藤原耕さん、右が前田啓太さんです。
ビアバーで、私は謎の緑色ビールを飲みました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-09-01(Sat)11:07 [編集]