FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

学びの時に
日々が淡々と流れています。

先生方から個々のご連絡もいただき、つながりをもう一度深め合っています。

生徒さんたちと会えないこの期間に、もう一度勉強を深めておきたいものです。

私の所に、ご厚意で送られて来た本を紹介します。

作曲家の広瀬勇人先生がくださった2冊の著書です。


x04SVXmZJxVCVTT1587541180_1587541193.jpg

吹奏楽のための「読譜とソルフェージュがわかる本」 (ヤマハ・ミュージック・エンタテイメント・ホールディングス刊)

こちらの新刊書は、まだ吹奏楽部の顧問になって日が浅い先生、吹奏楽の事がよく分からないまま顧問になられた先生にオススメです。
もう十分な経験をお持ちの方は大丈夫だと思いますが、スコアの読み方、移調楽器の実音の探し方、基礎合奏をやる意味と簡単な方法など、とても懇切丁寧な説明をしてくださってあります。


「必ず役立つ吹奏楽ハンドブック・小編成編」 (ヤマハ・ミュージック・メディア刊)

こちらは、昨年送っていただいた著書で、時間が経ってのご紹介ですが、私は何度も読み返し、実践に使わせていただいています。
広瀬先生は、小編成でもとても良い音がする楽曲を作られていらっしゃいますが、その手法や私たちが現場で「工夫」する時のコツを大変詳細に、しかも具体的に書いてくださってあります。
小編成バンドをご指導されている先生には、是非お読みいただきたいと思います。

帯に書いてあるように、
「人数が少ないから出せる音」がある!
楽器の割り振り、楽器の配置方法、打楽器の考え方、合奏でのポイントなど、細かな対策が満載。
20人規模のバンドはもちろん、10人以下のバンドの音も豊かにできる!

その通りの実践を小編成バンドでアドバイスし、とても喜んでいただきました。
「ウチのバンドでもこんな音がするんですね!」と...

小編成バンドの楽しさを再認識でき、夢が生まれる著書です。


私も、この機会にもう一度熟読し、学びを深めたいと思います。

スポンサーサイト





日記 | 17:09:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する