FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

青空に希望を持って
昨日の夕方、うちの方は、すごい雷と雨でした。

コロナも嫌ですが、最近多発している地震がとても嫌です。
「もうじき大きな地震が来る確率が高い!」と、新型コロナの話題を上抜くごとく発せられる何人ものジャーナリストからの発信。
「どうせ煽り記事さ」と思いつつも、緊急地震速報メールがあの嫌な音を立てて鳴ることも続き、信じたくなくても、「もしかしたら...」と。

新型コロナは徹底して予防しているけれど、大地震は予防出来ないからなぁ。
でも、準備は出来るし、しておくべきです。
そう、コロナだけに気持ちが向いていてはいけない。
水や非常用食料、コンロとカセットボンベ、懐中電灯、非常持ち出し用のリュックの中身...
しっかり確認して、足りない物を買い足しました。
大地震が来なければ、それはラッキー! 備えあれば憂いなし。

それ以上、何も出来ません。


今日は、昨日の雨や雷がうそのように爽やかな青空。
風も涼やかで、とてもいい気持ち!
午前中から歩きました。

手賀沼方面のコースはやめて、逆に利根川方面に。
車ではよく通っていましたが、歩いても行けますし、とてもきれいな風景でした。

GhtrspD908xqSMv1588823835_1588823849.jpg

遊歩道から見えるのは、利根川ではなくゴルフ場ですが、緑いっぱい。
そして、広く青い空、白い雲。

上を向いて歩きました。
美味しい空気を胸いっぱいに吸って...
心の中のどんよりした気持ちがすうっと消えて、明るく前向きな気持ちが湧き上がって来ました。


この連休中に、LINEを使ったテレビ通話を初めて経験しました。(時代遅れ!)
他県の3人の先生方と共に4人でテレビ通話。
超楽しかったです。 癖になりそう!(笑)
「新しい生活スタイル」のひとつかな。

皆さん、やはり、「早く子どもたちに会いたい!」「早く部活をしたい!」「リモート合奏ではなく、ほんとの合奏をしたい!」という思いが強く、それ以前に、「家族以外の人と、顔を見て話せてうれしい!」と素朴な喜びに歓喜していらっしゃいました。

音楽や吹奏楽の本来の価値や喜びを、子どもたちと会えない中でひしひしと感じ、普通に練習や合奏が出来ていた日常の素晴らしさに改めて気づいただけでも、今の「マイナス」の中から、大きな「プラス」を得ていると思いました。
それはきっと子どもたちも同じだと思います。


今日の気持ちよい青空と風は、昨日の会話のおかげもあって、さらに素敵なものになりました。

そして、こんなかわいい動物との出会いも!

DgEfnQksodDIfOp1588823888_1588823899.jpg

いつもは車で通り過ぎるある学校のそば。
黙って見ていたら、こんなに近くまで寄ってくれました。
遊んでくれる子どもたちがいなくて、羊さんも寂しいんだな。
もう少しの辛抱だよ。


コロナも地震も心配だけど、予防と準備をすることしか今は出来ない。

空も、雲も、風も、草も、そして羊さんも、みんな勇気づけてくれている。


今という時を一生懸命生きる。

今という時の思いをずっと忘れない。

辛い気持ちも、小さな幸せも...

それが、いつかきっと大きな宝になるのだから。

スポンサーサイト





日記 | 16:47:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する