FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

悲しみに耐えている全国の吹奏楽部員の皆さんへ~その1~
吹奏楽コンクールが中止になりました。
全国大会、東日本学校吹奏楽大会はもとより各支部・地区大会も...
そして、マーチングコンテスト、小学生バンドフェスティバルも...

特に、最後の吹奏楽コンクールに思いを馳せていた高校3年生、中学校3年生、そして、小学校6年生。
辛くて、悔しくて、悲しくて、どこに気持ちをぶつけていいのか分からないと思います。

そうです。
だって、誰も1ミリも悪くないのですから...

私自身も、とても寂しい気持ちでいっぱいです。
あの暑い夏や、深まる秋に向けての皆さんとの頑張り、格闘、感動、試練が、私にとっても毎年の大切な宝なのです。


このブログを読んでくださっているのは、多くが大人の方、先生方だと思います。

でも、あえて、今、悲しみに耐えている多くの高校生、中学生、小学生の皆さんに向けて、私からのメッセージを伝えていきたいと思います。


私自身も、中学校、高校と吹奏楽部で「音楽の素晴らしさと、目標に向かって頑張ることの喜び」を知り、それを伝えたくて教師になり、30年間、多くの小学生たちと吹奏楽に汗を流して来ました。

私は...
1. 皆でひたむきに一つの目標に向かうドラマを、子どもたちの心のアルバムに残してあげたい。
2. ひとつの曲に長期間じっくり取り組むことで、子どもたちの無限の可能性を引き出してあげたい。
3. コンクール独特の緊張感や達成感を皆で味わい、どんな結果になっても、それを受け入れる経験をさせたい。
4. 「みんなで力を合わせると、こんなすごいことが出来るんだよ」「音楽ってこんなに素晴らしいんだよ」と、自分たちが味わいながら、多くの人々に伝えていきたい。

「コンクール無用論」の方もいらっしゃいますが、私はこのように積極的にコンクールに参加して来ました。
大きな感動も、喜びも、悔しさも、子どもたちと一緒に味わいました。

ですから、今の皆さんの気持ちは、痛いほどよく分かります。


吹奏楽コンクールという大きな目標を失った今、まず皆さんに伝えてあげたいことは、

誰にも否定や批判をされることなく、今の自分自身の正直な気持ちとしっかり向き合い、そう思う自分、そう感じる自分を認めてあげてください。

ということです。


他の人の価値観や感じ方を気にせず、「こう考えるべき」とかも思わずに...

まずは、素直な自分の気持ちをそのまま受け入れてあげてください。

言葉よりも涙が出てしまう人は、思い切り涙を流しましょう。
ため息ばかり出る人は、嫌というほどため息をつきましょう。

そして、その涙の意味を、ため息の意味を、ちゃんと見つめてあげてください。

それが、あなたの大切な「本当の気持ち」なのですから...


続きは、~その2~ でお伝えします。


スポンサーサイト





日記 | 17:14:45 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-05-16 土 23:54:20 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する