FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

悲しみに耐えている全国の吹奏楽部員の皆さんへ~その2~
はじめに...
昨日書き始めたこのメッセージを、吹奏楽作家・オザワ部長さんがご自身のTwitterに取り上げてくださいました。
オザワ部長さんのおかげで、初めてこのブログをご訪問くださった方もいらっしゃると思います。
少しでも皆さんの気持ちの整理に役立てばと思います。
オザワ部長さんに心から感謝申し上げます。


昨日の記事を読んでくださった方、自分の素直で正直な気持ちに向き合い、それを認めてあげられましたか?

他人の価値観や感じ方にとらわれずに...

この記事のタイトルに、「悲しみに耐えている~」とありますが、この「悲しみ」の種類や深さも人と違っていいと思っています。

極端な話、たとえば、吹奏楽コンクールが無くなったことを悲しいと感じない人がいても決して間違いではありません。
中には、コンクールが無くなって、正直ほっとしている人もいるかもしれません。
「私は3年生だけど、どうせコンクールメンバーには選ばれないんだから、傷つかなくて済むし。」
「コンクールが無いから、あのきつい練習をしなくてもいいんだな。」
「うちの学校は、元々コンクールには燃えていないし。」
・・・

もしかしたら、皆と一緒に部活をやっていられた日常では、口に出来なかった思いを持っている人もいるかもしれません。
今、ひとりで自分自身と向き合える時だからこそ、自分の本当の気持ちから目をそらさず、自分の思いの「根源」には何があるのかをしっかり見つめてください。

もしよかったら、自分の今の気持ちをノートに書いてみませんか?
誰に見せる必要もありません。
自分自身の本当の気持ちを言葉にして書き綴ることそのものが、自分自身と向き合う上でとても大切だからです。


ここから、今日、皆さんに伝えたいことを書きます。

ちょっと前置きです。

昨日、近くの公園を歩いていたら、小学生の男の子が、ひとりでリフティングの練習をしていました。
かなりの回数蹴り上げていますが、落とす気配なく、果てしないリフティングが続きました。
...えっ! 小学生だよな。 すごいな。
私は、彼の集中力の邪魔にならぬよう、声も出さず、身動きもせず、黙ったまま見つめて応援していました。
時間にして4分近く続いた頃でしょうか、ボールが横に反れてその回は終わってしまいました。

ちょっぴり悔しそうな顔でボールを拾っていた彼に、
「ボク、何年生?」「6年生です。」「すごいね!将来はサッカー選手かな!がんばれや!」
彼は、笑顔でピースをして、またリフティングを始めました。
私も笑顔でピースを送って、また歩き始めました。

その後、とても清々しい気持ちで歩いている自分に気づき、ふと、悲しみに耐えている全国の吹奏楽部員の皆さんに伝えてあげたい言葉が浮かんで来ました。


吹奏楽を頑張って来たことに「尊厳」を持ってください。

「尊厳」・・・おおげさな言葉かもしれません。
でも、今はあえてこの言葉を使います。

皆さんは、初めて楽器を手にした時、誰もが「初心者」でした。
なかなか言うことを聞いてくれない「楽器」と格闘しました。
いつの間にか、そんな「楽器」が、あなたの大切な友達になっていました。
音楽が持つすごい力を教えてくれました。
そして、その「楽器さん」は、あなたをたくさんの人と出会わせてくれました。
あなたにたくさんの経験をさせてくれました。 
うれしい経験も、楽しい経験も、辛い経験も、悔しい経験も...
それら全てがあなたの宝物です。

あの日、逃げないで頑張ったから...
あの日、誰かが支えてくれたから...
あの日、自分がちょっぴり強くなれたから...

小さなことの積み重ねが、あなたの大きな力になっているはずです。
だから、あなたは、吹奏楽を頑張って来たことに「尊厳」を持って良いと思います。

あなたは、まだ楽器が下手かもしれない。
あなたは、まだチームの役に立つことが十分出来ない人かもしれない。

それでもいい。
これまで吹奏楽を頑張って来た自分に「尊厳」を持たせてあげてください。


昨日出会ったサッカー少年がひとつのボールと格闘する姿に「尊厳」を感じました。
まだ小学6年生なのに、彼の真剣な姿は、私に「尊厳」を感じさせました。
小さな子どもに教えられました。


昨日のあなたと、今のあなたは、何か気持ちが違いますか?
何も変わりませんか?

自分に素直でいいと思います。
ありのままの自分と向かい合ってください。


また明日、皆さんへのメッセージを送ります。

スポンサーサイト





日記 | 13:51:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する