FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

無言の祈り 無言の応援
九州地方の豪雨災害のニュースには、日々本当に胸が痛む。

圧倒的に足りないのが「人の手」だそうだ。
新型コロナの感染予防のために、県外からのボランティアを受け入れられないからだ。

まだ孤立していてお年寄りがひとりで被災した家の片付けをしている様子。
水道が止まり、仕方なく臭いにおいがする水で手を洗っている様子。
数日間、着替えもなく、汚れた服のまま過ごしている様子。

テレビやネットで知る現地の様子しか分からないが、ごく一部であろうその様子だけでもショックを受ける。
報道されない場所でも、甚大な被害を受けているであろうことは想像がつく。

特に大きな被害を受けている熊本県にも知り合いの先生がいる。
すぐに連絡し、安否を確認した。

ただ茫然と画面を見つめ、何も出来ない無力さに、歯がゆい思いになる。

関東ではコロナも怖いが、私は同時に大地震に怯えている。
あの緊急速報メールが鳴る度に、常備してある避難バッグを握りしめる。
災害は、決して他人事ではない。
明日は、我が身だ。

九州の方々を思い、募金に協力し、あとはひたすら無言で祈る。



家の近くにある我孫子市立湖北台中学校。
休校期間中、しずまり返っていた校舎、校庭...とても寂しかった。

今、放課後の校庭には、運動部で頑張るたくさんの生徒たちの姿、マスク姿で入念な指導をされる先生方の姿がある。
テニスに、サッカーに、ソフトボールに・・・
3年生もいるのだろうか。 何かけじめとなる大会はあるのだろうか。
思い切り いい汗を流してほしい。
3階の音楽室からは、吹奏楽部のやる気に満ちた練習の音が響いて来る。
まだ曲や合奏は聴いていないが、基礎練習に励むひとりひとりの音に、部員たちの表情が浮かぶ。

以前はあたりまえの風景だったのに、今は、生徒たちの頑張る姿や音に心が高く躍る。
毎日約2時間の私の「歩く」にもパワーをくれている。

フェンスの外から、そんな生徒たちの姿や音に、そして、先生方に、精一杯、無言の応援を送っている。


ふと 空を見上げる。

どこまでも続く空に、無言の祈り、無言の応援を託す。


豪雨災害の苦しみの中にある九州の方々に。

今は会えないたくさんの先生方と子どもたちに。


どうか 届いてほしい...


スポンサーサイト





日記 | 06:49:07 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-07-16 木 20:14:01 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する