田川伸一郎のブログ

たくさんの真心の中で...

今日行われた「選抜高校野球大会」に、宮城県・東北高校が出場しました。

震災以来、練習はストップし、自ら被災しながらも、避難所でボランティア活動を続けてきた野球部員たち。
主に、給水所で重い水を運んだり、給水の手伝いをしたりと、連日働いてきました。

「こんな時に、甲子園に行っていいのか...」
そんな複雑な思いでいる選手たちを、避難所の方々は皆で声援し、元気に送り出されました。

23032810.jpg  2303282.jpg


甲子園で、震災後、初のグランド練習。

2303284.jpg

練習相手として協力した大阪桐蔭高校野球部の保護者の方々が、あったかい「とん汁」を作って東北高校の選手たちに...

2303285.jpg


被災地からの応援団が来られないため、地元の野球ファン、そして兵庫県の10校の高校野球部が、大応援団を作って、スタンドから声援を送りました。

2303289.jpg

23032812.jpg


こんなたくましい顔が、被災地の方々をどれだけ勇気づけたことか。

2303288.jpg


結果は、大垣日大高校に7-0で敗れてしまいました。
しかし、選手たちは、しっかりと「こんな時に、野球をやらせていただき、感謝です...。帰ったら、また、皆さんのために働きたいと思います。」と話していました。

「勝つこと」以上に大切なことを学び、新たな決意を胸に故郷へ帰って行ったことだと思います。


避難所のテレビの前では、被災者の方々が涙を流しながら、部員たちの健闘をたたえていました。

「ありがとう!!よくがんばったぞ!」と...










スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する