田川伸一郎のブログ

『生命の樹』を見上げて

今日の夜、パソコンが無事、帰宅しました。
やはり部品交換が必要な修理でしたが、データも全部セーフ! よかった!


今日は、県内の小学校へ伺って来ました。

初めて伺う学校であり、またこれから1年間を通して、毎月のレッスンにお招きいただくことになった学校です。
そして、なかなかお招きいただくことがない「私立の小学校」です。
こちらの学校は、以前から、音楽教育にとても力を入れておられます。
校長先生、副校長先生とお話しした時には、まるで、「就職」した時のように緊張してしまいました。

私立の小学校のバンド活動には、特有の難しさもあります。

通学区域が広く、交通機関を使う児童が多いため、特に「練習時間の制約」というでは、公立学校以上に難しいものがあります。

この学校のバンドも、練習は朝の30分だけ。
そして、たまに行う土曜日(午前中は授業です)の午後少しの練習。

その中で、できるだけ無理なく、「吹奏楽」の楽しさの本質に触れる活動を目指しておられます。

2304231.jpg


今日は、1年間のはじめということで、子どもたちとたくさんおしゃべりし、レッスンは「基礎合奏」のポイントを押さえることをメインに行いました。

2304234.jpg  2304232.jpg
トランペットパートは全員「コルネット」です。小学生の吹奏楽でコルネットを使うことには大賛成です!

「小さなこと」をきちんと続けていると、「大きなこと」ができるようになるという話を繰り返ししながら、「小さな基礎」を大切に練習しました。


先生が子どもたちひとりひとりの力や特性を見極めてアレンジされた練習曲の楽譜...
まだ入ったばかりの新入部員も先輩といっしょに吹けるようにかなり易しくした楽譜をもらっていました。
与えられた条件の中で、ひとりひとりの子どもに「吹奏楽の楽しさ」を感じさせてあげたいという先生の温かいご配慮が感じられました。


外部からの講師を招いてのレッスンは初めてということで、初めは少し緊張も見られましたが、練習が終わる頃にはすっかり打ちとけ、「先生、あのね~。」「田川先生、今度はいつ来てくださるんですか~?」と、私の周りに群がって離れない、かわいいかわいい「ありのままの姿」を見せてくれました。

毎月、お伺いするのが、とても楽しみになりました。

ゆっくり、じっくり、このバンドと一緒に歩んでいきたいと思います。

2304235.jpg

吹き抜けにある大きな『生命の樹』を見上げながら、「小さなこと」を確実に積み重ねていきましょう!
1年間、よろしくお願いします!



2304236.jpg
『 生命の樹 』




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する