田川伸一郎のブログ

千葉県 流山市小中学校音楽発表会

昨日と今日は、流山市文化会館大ホールでおこなわれた『第49回流山市小中学校音楽発表会』に、講師としてお招きいただきました。

流山市は、埼玉県との県境に位置する千葉県北西部の市です。
つくばエクスプレスの開通と共に、マンションや住宅地の開発も進み、人口も児童生徒数も増加しています。

この音楽会は、市内の小中学校すべての学校が参加し、日頃の音楽学習や部活動の成果を発表し合う場となっています。
1校2プログラムまでの出場が認められており、部活動の吹奏楽を発表し、さらに学年や有志の合唱も発表できるということで、意欲的に2プログラムの出場をしていた学校も多かったです。
流山市の小学校には、吹奏楽や金管の部活動も盛んにおこなわれていますが、コンクールに参加している学校はやや少なく、この音楽会が年間の最大の発表の場となる学校も多いようです。

他市の音楽会と、大きく異なるのは、「講評用紙」です。

事前に送られて来た「講評用紙」には、各学校の先生方からの「思い」が書き込まれていました。
活動の様子であったり、メンバーの状態であったり、悩みであったり、努力点であったり...

ゆっくり読ませていただき、前もってお答えできる質問に対しては、赤ペンで私なりの考えを書き込ませていただいてから伺いました。

コンクールではありませんから、各学校の事情や先生の思いを知った上で、演奏を聴かせていただくのはとても良いと思いました。
講評の書き方にも生かすことができます。

2310201.jpg
緊張した雰囲気の本番前の舞台裏です。


発表は、各学校の合唱や吹奏楽、和太鼓、弦楽の発表の他に、中学校の合同合唱もありました。
会の終わりには、吹奏楽の伴奏で全員合唱を会場いっぱいに響かせました。

2310202.jpg  2310203.jpg

2310204.jpg  2310205.jpg

2310206.jpg  2310207.jpg

先生方が書かれた「思い」も汲み取りながら鑑賞させていただき、心をこめて講評を書かせていただきました。

各学校の演奏もとても立派なものでしたが、1日参加にもかかわらず、最後まで鑑賞態度がとても立派でした。
最後の講評の時も、客席は水を打ったように静かでした。

先生方の日頃からのご指導のすばらしさです。

2310209.jpg


2日間、たくさんの感動をいただきました。

流山市教育委員会の先生方、音楽部会の先生方...
お招きいただき、ありがとうございました。

流山市の音楽教育がますます発展されますよう、お祈りいたしております。




音楽会の後、長野に移動しました。
明日は、長野県の小学校バンドにお伺いさせていただきます。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-10-22(Sat)13:16 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-10-22(Sat)22:04 [編集]