田川伸一郎のブログ

長野県の中学校バンド

この金曜~土曜は、長野県の中学校バンドにお伺いしてきました。
このブログを通して、レッスンのご依頼をいただいた学校です。


顧問の先生とも初対面ですが、事前にメールでバンドの様子やお考えを詳しく伝えてくださり、また、演奏の映像を送ってくださったりもして、「予習」させてくださいました。

そんなやる気いっぱいの先生と、先生が育てる生徒さんたちに会うのを楽しみに出かけました。

校舎は、とても落ち着いた、「木の温もり」が感じられる作りでした。

2402111.jpg  2402112.jpg

音楽室に入ると、あいさつの後、「歓迎の合唱」で迎えてくださいました。

ア・カペラの合唱です。
その歌声の温かさと生徒さんたちの素直な表情に、ジーンときてしまいました。

2402113.jpg

「出会い」に寄せて、日頃私が考えている話をしました。

「伸びる人」とは...
「本当に良いバンドとは...」
「吹奏楽部では、何をめざすべきなのか...」


今回は、「1日レッスン」でしたので、ゆったりと生徒さんたちと向かい合うことができました。
生徒さんたちは、手に持ったメモ帳に書く「間」もないほど、私の話に集中してくれました。
「書く」時間をあげると、とてもいい顔で自分の考えを書き始めました。

2402114.jpg  2402115.jpg

それぞれの「考え」「思い」を話してもらいました。
話し方も聞き方も、とても心がこもっていました。

2402116.jpg  24021115.jpg

顧問の先生は、吹奏楽部の活動を通して、子どもたちの「心」を育てたいと考えていらっしゃいます。
「音楽指導」と「心の教育」の接点を見つけながら、日頃からのご指導に関わっていらっしゃいます。
私のブログもいつも読まれ、ご指導に生かしていらっしゃるとのことでした。


音楽のレッスンに入る前の「心」にかかわる話の間、先生のそんな「心の耕し」のおかげで、生徒さんたちの「眼」は、キラキラ輝いていました。


レッスンでは、何と、来年度の「コンクール課題曲」を3曲も練習し始めており、それぞれの曲のポイントをアドバイスさせていただくことになりました。

確か楽譜が届いたのはつい先日だったはず...

来年度、どの曲を取り上げるかということとは関係なく、「教材」として取り上げていました。
私のレッスンに間に合わせるために、必死に譜読みをされたようです。

そんなに無理されなくても...と思いましたが、先生のご希望にそって進めました。

「さくらのうた」では、ゆったりとした6/8拍子を、美しくスムーズに演奏するための「感覚」をトレーニングしました。

2402117.jpg  24021113.jpg
先生もなかなか苦労されていらっしゃいました。  お父さんお母さんも一緒に「イっととニィとと」

はじめに聴かせていただいた「機械的な」6/8拍子が、ゆったりと流れる6/8拍子になり、フレーズ感やバンドの音色も変容してきました。
スタート段階の「学び」としては、とても立派でした。


行進曲「よろこびへ歩きだせ」、行進曲「希望の空」では、曲の前半を使って、2/4拍子と6/8拍子の「拍子感のとらえ方」と「練習方法の違い」を提示させていただきました。

2402119.jpg  24021110.jpg
マーチの練習では、スネア君が中央で大活躍してくれました。

2402118.jpg
「よろこびへ~」の合いの手で入るシンバルの四分音符1発には、
「こだわりの音色」がほしいですね。


どちらの曲も、「その曲らしさ」のとらえ方がわかりました。
あとは、「習得」あるのみです。


これら、3曲は前半を中心に練習してありましたが、「教材」として勉強できる点が多く、先生も生徒さんたちも、「新しい発見!」と喜んでおられました。
来年度、演奏する課題曲が決まったら、今日のレッスンを思い出して、練習を深めていってほしいと思います。
まずは、正確な「譜読み」から...


この他にも、来月の演奏会で演奏する予定の曲も聴かせてくださり、「ワンポイントアドバイス」をさせていただきました。


レッスンの最後に、『忘れるなこのひとこと いつかきっと役に立つ日がくる』をプレゼントしました。
皆、黙ってじっくり読んでくれました。
心に、またたくさんの栄養分をしみこませながら...

24021118.jpg  24021119.jpg

部長さんからのお礼の言葉には、1日の感想や学び、自分の思い、そして「ありがとう」の気持ちがたくさん込められていました。

こちらこそ、皆さんと出会えてよかった...
皆さんと一緒に勉強できて、うれしかった...

ありがとう。



実は...

2日ほど前から風邪をひいてしまい、咳は止まらず身体も重く、微熱を薬でごまかし...

すぐれない体調の中、寒さを覚悟して行った長野でしたが、風もなく、音楽室は暖かいひだまりと、生徒さんたちのゆったりとした温かさで、身体も心もホカホカでした。

1日、とても心地よい時間を過ごさせていただきました。

丁寧でおだやかな顧問の先生方、心澄んだ生徒さんたちのおかげです。

体調の悪い時だったからこそ、本当にありがたかったです...


24021112.jpg
この素敵なバンドの部長さん、副部長さんです。

24021114.jpg

豊かな自然と温かい人に包まれ、心豊かに育つみなさんです。
これからも、志を高く持ち、聴いてくださる方々の心に「何かが届く音楽」を奏でてください。

いつも応援しています!

お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-02-12(Sun)10:12 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-02-12(Sun)11:23 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-02-12(Sun)15:08 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-02-12(Sun)15:09 [編集]