田川伸一郎のブログ

茨城県の小学校バンド

昨日は、茨城県の小学校にお伺いしてきました。
2年前からお付き合いさせていただいているバンドです。


こちらのバンドは、地域のプレーヤー(市民吹奏楽団で演奏されている方や音楽教室の先生)が、「ボランティア」で顧問の先生のご指導をサポートされている、とても恵まれたチームです。

その地域の「先生」とも、お話しさせていただく機会があるのですが、顧問の先生の指導方針や「やりたいこと」に耳を傾け、その路線に沿ってお手伝いされていらっしゃることがすばらしいです。

子どもたちにとっては、顧問の先生が「一番」であるべきなのですから...

そこのところをよく理解されていらっしゃる「大人」の方々がご指導されているので、そのサポートの効果も最大に生きますし、顧問の先生も助けられることばかりで、「やりづらいこと」は全くないようです。

その講師の先生方にも、「田川ファン」になってくださっている方々もおり、レッスンの日には仕事の休みを取ってまで、ご一緒に勉強されることもあります。
そして、「勉強になったこと」を伝えてくださったり、事後に私にお礼のメールをくださったりすることもあります。
礼儀正しく、謙虚な「大人」の方々ばかりです。

こんな「大人」の方々のサポートは、子どもたちにもプラスになることばかりだと思います。


時々、「顧問の先生を差し置いて...」「顧問の先生の立場も考えず...」「『教育の場であることも考えず...」「自分の趣味を押し付けて...」という人が入っているバンドもあります。

私がレッスンに行った時に、そのような方が参観されている場合もあります。

スコアを見て何やらぶつぶつ言いながら、うろうろしていたり、私が話している時に、子どもに話しかけたり、指導したり...

レッスン後、見学のお礼は言いつつも、「ああいう場合は、このように指導した方がいいですよ。きっと効果ありますよ。」と、私にご指導くださることも...

「ああ、そうですか。お役に立ちませんで、申し訳ございませんでした。アドバイス、ありがとうございました。」と返すと、その「真意」もわからず、「いやいや、どういたしまして。」と、うれしそうです。

いくらボランティアだとはいえ、こういう「大人げない」人は、顧問の先生にとっては迷惑なこともやっているはずです。
顧問の先生がやりにくいこともあるはずです。
でも、文句も言えないし...


昨日のバンドに入っている方々は、本当の「大人」なので、顧問の先生にとっても、子どもたちにとっても、プラスのことしかないと思えます。

2406271.jpg


昨日のレッスンでは、今年のコンクール曲のレッスンをさせていただきました。

2年前、初めて伺った時には、「超小学校級の難曲」を、無表情にヒーヒー言って練習していましたが、「子どもたちが、心から楽しめる曲を...。そして、もっと表情豊かに演奏できる子どもを育てませんか?」などとおこがましくも、話させていただきました。

昨年度は、私も一緒に選曲からお手伝いさせていただき、ちょうど子どもたちの力や心にぴったりの曲を取り上げ、特に「表現」の面でとても深い勉強ができ、大きな成長が見られました。

今年度は、チューバが4年生だけだったり、フルートに6年生がいなかったりと、バンドとしては苦しい面もあります。

先生は、こういう実態も十分配慮され、かなり古い曲の中から掘り出して、選曲されていました。
技術的には、今年のチームにもたどりつけそうなレベルで、決して難しい曲ではありませんでした。

実は、事前に、プロの音源ではなく、このバンドの演奏録音を送ってくださったのですが...

正直言って、「上手い下手ではなく、つまらない曲...」と、思ったのです。



「ごめんね。みんなの演奏の録音を聴いて、つまらない曲って感じたんだよね。君たちは、この曲好き?」

「ハイ!」

「どこが好き?」

子どもたちは、次々に、自分の好きな箇所や理由を話してくれました。

「そうか。じゃあ、今日は、皆の演奏で、田川先生が『いい曲だなぁ』と思えたら合格ってことで、練習していこうか!」

と、レッスンを始めました。

選んで練習している曲を、このように言っていいものかどうかわかりませんが、3年目のお付き合いという「信頼関係」、そして、顧問の先生が、この曲を選ばれた「意思」がはっきりされているので、むしろ「学習意欲」を高められると思ったのです。


冒頭は、クラリネットだけのアンサンブルです。

易しい音ではありますが、「調性感」や「フレーズ感」においては、なかなか難しいものがあります。

「この部分で、君たちは、聴いてくださった方に、どんな気持ちになってもらいたいですか?」

「どこか、落ち着いた気持ち」
「前半は、皆を静める感じ、後半は、何かを話す感じ」
・・・・
「では、それがもっとわかるように演奏するには、どうしたらいいだろう?」


このバンドは、顧問の先生をはじめ、たくさんの立派な大人に助けられて、技術的なことは、私があれこれ言うこともなく、良い指導を受けているので、私は、いつも、こうやって「子どもの思いに迫る」「子どもの思いを深める」「子どもの思いを演奏につなげる」という内容のレッスンをします。


今回は、あえて、先生に指揮をしてもらわず、自分たちのアンサンブルで曲を表現していくプロセスを取り入れてみました。
また、それを支援すべく、私が、指揮でなく、音のイメージを身体で表現してあげました。


「どうしたい」「どうする」「なぜ」...を共有しながら...

2406272.jpg  2406273.jpg

2406274.jpg  


子どもたちの奏でる旋律が、「言葉」になって流れ始めました。
指揮に合わせて、「拍節的」に演奏していた旋律が、「曲線的なフレーズ」となって流れ始めました。

速い部分は、足踏みをしながら演奏する練習を取り入れ、とても躍動的になってきました。

部分ごとに、誰が「主役」なのかをもう一度確認し、主張の仕方や引き方を、音量だけではない方法で学んでいきました。

次第に、曲の表現が豊かに変容していきました。

しかも、「こうしろ」「ああしろ」ではなく、子どもたちからの表現で...


ついに、私は、「あぁ、この曲、いい曲だねぇ。こんなにいい曲だと思わなかったよ! すばらしい! 君たちの勝ち!!!」と。

子どもたちは、私を演奏で説得できた喜びに、ニコニコでした。

顧問の先生も、助けてくださったいる地域の先生も、うれしそうでした



きっと、練習に弾みがついて、コンクールまでに、技術も表現も、ますます向上していくことでしょう!



2406276.jpg

子どもたちのことを第一に考えて、熱心にご指導を続けられる顧問の先生。
本物の誠意を持って、活動の後押しをしてくださる立派な「大人」の方々。
いつもがんばり屋の元気な子どもたち。

そんなみんなの「心のハーモニー」が大好きです!

次のレッスンを楽しみにしています。






明日から日曜日まで、北海道の札幌市にお伺いさせていただきます。

小学校2校、中学校2校、高校1校からお招きいただいています。

3校は初めてのお伺いです。

先生方、児童・生徒の皆さん、よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する