田川伸一郎のブログ

『協力の響き』で

昨日は、埼玉県の中学校にお伺いさせていただきました。
2年前からお招きいただいている学校です。


2407041.jpg


このバンドの指揮をしていらっしゃるのは、昨年度までと同じ先生ですが、「お立場」が違います。
昨年度末をもって、定年まで数年を残して「早期退職」されたからです。

今は、「外部講師」としてこのバンドの指揮者をされています。

女性の音楽の先生が顧問をされ、平日は、顧問の先生が見守られる中、自分たちでしっかりと練習を進め、土日や休日などに、指揮者の先生がご指導に来られるということです。

この学校の音楽室には、『協力の響き』という、このバンドの活動の「キーワード」が掲げられています。

2407042.jpg
この掲示物を作ってくださったのは、現在の顧問の先生です。
生徒さんたちの活動を温かく後押ししてくださっているのです。


私が、初めてこのバンドのお伺いした時に使ったこの言葉を、先生がとても大切にしてくださり、「キーワード」にしてくださっているのです。


2407043.jpg  2407044.jpg
各自の譜面台にも、『協力の響き』を生み出すための個人の「努力目標」が書かれていました。


私の「ひとこと」をこのように使っていただき、ありがたいです。



このバンドの今年度のコンクール曲は、ある意味、「コンクールっぽくない曲」です。
品のいい、クラシックの名曲です。


先生は、あえてこういう曲を選ばれ、心からの「音楽」を生徒さんたちと奏でたいとお考えです。

私は、そのような選曲をとてもすばらしいと考え、「高級なお皿の上にきれいに盛り付けられた、一流シェフのお料理のように演奏しよう。」と、生徒さんたちに話しました。

このような曲を演奏しているせいなのかどうかわかりませんが、ひとりひとりの顔がとても穏やかで優しいのがうれしかったです。

練習の雰囲気も、「緊張感」ばかりではなく、どこかほのぼのとしたものがありました。

2407045.jpg  2407046.jpg
1年生も、真剣に、楽しく見学していました。

2407047.jpg  2407048.jpg

まだまだ、楽譜をやっと音にできた状態でしたが、それでも、音楽室の中は、おしゃれな音楽、躍動するリズムでいっぱいでした。

きっとこれからの練習で、この曲の良さを生かし切った演奏に仕上がっていくことでしょう。

温かい「協力の響き」で...


2407049.jpg
今年のチームは、何とも言えない「穏やかさ」が最高!
顧問の先生にしっかりと見守られ、指揮者の先生にしっかりと導いていただき、君たちだけにしかできない「音楽」を演奏してください。
次回のレッスンを楽しみにしています!




顧問の先生も、メモを取りながら、レッスンを見学してくださいました。

「田川先生のレッスンは、勉強になりますし、涙が出るほど楽しいです! ありがとうございます。
生徒たちのために、この曲にふさわしいお言葉をいただけますか? 色紙を買っておきましたので...」と。

きれいな色紙を用意してくださってありました。
おまけに、額縁まで。


どうしよう...

言葉は、すぐ浮かんだけど、こんなきれいな色紙には、私の字じゃ申し訳なくて...

でも、顧問の先生のお気持ちをいただき、恥ずかしながら書かせていただきました。

先生は、すぐ額縁に入れて、壁に飾ってくださいました。

こんな温かい顧問の先生なのです。

24070410.jpg


今年度も、お招きいただき、ありがとうございます。

顧問の先生、指揮者の先生...これからも、よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-07-05(Thu)20:52 [編集]