田川伸一郎のブログ

県大会初出場、そして...

今日は、神奈川県にある横須賀芸術劇場へ行ってきました。

今日と明日の2日間、この会場で、「神奈川県吹奏楽コンクール中学校A部門」の審査がおこなわれています。

中学校A部門は、2日間にそれぞれ25校ずつ参加し、「1日4校ずつ」の計8校が県代表として東関東大会に駒を進めます。

今日も、地区予選を通過した25校が「県代表」をかけて熱演を繰り広げました。

課題曲は、Ⅰが3校、Ⅱが1校、Ⅲが9校、Ⅳが12校と、ほとんどがⅢとⅣでした。



先日のブログ記事でご紹介させていただいたレッスン校の中学校が、初めて地区大会を抜けてこの県大会に進むことができましたので、敬意を表して応援に駆けつけたのです。

県大会初出場です。



レッスンでは、前回もその前も、かなりの「ダメ出し」になってしまい、とても心配していたのですが、最後の追い込みで、指摘させていただいたことを、かなり習得しての演奏を聴かせてくださいました。

先生の指揮も、どれだけ努力されたことだろうかと思うほど改善されていました。

微妙な音程の狂いや音色、リズムなど、技術的な課題はまだ残された状態ではありましたが、何よりも、「その曲らしく!」という思いが込められ、ステージが生き生きとしていたことは、すばらしいことでした。

一体感や自発性も感じられ、ひとりひとりが「主役」になっていました。


演奏後、先生と生徒さんたちを、いつになくほめて差しあげました。

皆、本当に嬉しそうに聞いてくれました。

顧問の先生も、「もう何賞でもいいです。田川先生がここまで来てくださり、こんなにほめてくださったのですから。」と...

生徒さんたちも、「先生、ありがとうございました。ともかく、今日は、とても楽しく演奏できました!」と。

24080702.jpg  24080701.jpg
演奏直後、皆も先生も満足感でいっぱいの輝いた顔でした。 本当によく頑張りました!


そして、審査結果発表です。

このバンドは、「金賞」をいただき、その上、「県代表」の1校として推薦いただけたのです。

思ってもいなかった成績に、皆、嬉しいやら驚くやら...

でも、「キャー!」という歓声はほんの少しの時間で、すぐ静まり、その後も、騒ぐことなく、静かに退出しました。


閉会式後、外では各校が集合していました。
顧問の先生の話を聞く学校、ただただ泣き崩れている学校、保護者も一緒に歓声をあげている学校...

そんな中、この学校の生徒さんたちは、とても静かに整列していました。
まさかの「県代表」だというのに...盛り上がることもせず...


この部活では、私の『忘れるな このひとこと いつかきっと役に立つ日がくる』のプリントをとても大切に読んでくださっています。

その中の言葉をとっさに思い出してくれたようです。

「自分がめちゃくちゃうれしい時でも、そばにいる悲しい人の心を思いやれるか? そこが人間として大事な部分だ。」


様々な思いで会場を後にする「仲間たち」を気づかって、あえて静かに行動していた生徒さんたちを見て、とてもうれしくなりました。


中学校A部門の東関東大会は、9月9日に千葉県文化会館でおこなわれます

24080703.jpg
金賞・県代表、おめでとうございます。
技術的には、まだまだ他の代表校に追いつかない未熟さがあります。
しかし、音楽を楽しむ心、音楽を表現しようとする心、そして、「気づかいの心」は、確実に成長している君たちです。

もう一度演奏させていただけるチャンスをいただきましたね。
これは、これからもっともっと練習をして、今足りない力をしっかり伸ばしなさいという意味です。
TBSこども音楽コンクール、そして、東関東大会に向けて、さらに努力していってください。

今日は、感動の演奏をありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-08-08(Wed)08:16 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-08-08(Wed)08:49 [編集]