田川伸一郎のブログ

神奈川県の中学校バンド

今日は、神奈川県の中学校へお伺いしてきました。
初めてお招きいただいたバンドです。


このバンドは、顧問の先生はもちろんのこと、「外部講師」の助けを得ながら活動されています。
そして、今、このバンドの全体合奏の指導をお手伝いしている「外部講師」は、何と「私の教え子」なのです。

今日のレッスンは、彼の希望を受けて、顧問の先生がご依頼くださったご縁でした。


このバンドは、彼の指揮で大きな本番を控えています。


彼にとっても、指揮をして大きな本番を踏むのは初めてのことで、責任を感じながらかかわっているようです。

顧問の先生も、子どもたちひとりひとりのことをよく考えられ、とても良いチームの雰囲気を作っておられます。

生徒さんたちの、とても落ち着いた態度、言葉できちんと物を伝えられる力、そして朗らかな笑顔は、顧問の先生のご指導の賜物だと思いました。


24091501.jpg


今日は、本番に向けての曲の練習をお手伝いさせていただきました。


このバンドが練習している曲は、人間の感情や思い、人生の喜怒哀楽をそのまま音楽にしたような曲です。

したがって、曲の部分部分に対する演奏者の「表現意図」の共有が必要になります。

そして、それは、楽譜の向こうに見える「作曲者の意図」を汲み取るところから始まります。

旋律から、ハーモニーから、リズムから、音楽の構成から、オーケストレーションから、速さから...
音楽を形作っている要素を分析していくことで、見えてくることもたくさんあります。


中学生にとっては、このような難しい楽譜を音にするだけでも、とても大変な作業かもしれません。
しかし、「音楽」をする以上、どうしても通ってほしい「道」なのです。


様々な発問をし、場面ごとの「思い」を話し合い、演奏し、「思い」と「演奏」を結びつけていきました。
言葉のやりとりだけでなく、「身体」や「声」を使って表現してみました。
指揮を工夫して、「思い」が自然と溢れ出す瞬間を築いていきました。



24091502.jpg  24091503.jpg

24091505.jpg  24091504.jpg
身体と声を使って「思い」を表出させていきます。


生徒さんたちの「素直さ」「真面目さ」のおかげで、学習は次第に深まり、サウンドも表現もどんどん塗り替えられていきました。
「音楽すること」の意味や楽しさを、皆が再発見しているような喜びが溢れていました。


24091506.jpg
ドラの音1発にも、「思い」と「意味」を感じ、それにふさわしい音色をイメージして、
奏法を工夫していきます。



24091507.jpg
指揮も重要です。
何度もやり直しをしながら、指揮と音楽の接点を探っていきました。


最後の全体通しはできませんでしたが、「音楽すること」とはどういうことなのかをいつもと別の方向から学び、今後の練習のヒントがつかめたと思います。


・これまで、ただ難しい曲だとだけ思っていましたが、こんなにもたくさんの気持ちを表現できる曲なのだとわかり、この曲がとても好きになりました。
・みんなで「思い」を話し合い、それを表現しようとしたら、いつも出せないような音が出て、自分でもびっくりしました。
・音程やリズムをきちんと合わせる練習も大切ですが、その向こう側にあるものが、本当の音楽なのだと思いました。
・イメージをしっかり持つと、こんなにも私たちの表現が変えられるのだと思いました。
・今日は、楽器を演奏していて、いつも以上にとても楽しいと感じました。楽器もそんな気持ちで鳴ってくれていたように感じました。
・・・・


と、様々な感想を話してくれました。


24091510.jpg

僕も、君たちと出会え、君たちと一緒に勉強できて、とても幸せでした。
本番のステージでも、「思い」を持って、心から音楽してください!




24091509.jpg
このバンドをお手伝いさせていただいている私の教え子です。
プロのバンド指導者を目指している彼が、顧問の先生、生徒さんたちのおかげで、
貴重な勉強をさせていただいています。
本当にありがたいことです。
これからも、彼をよろしくお願いいたします。






他の部屋では、合奏に参加していないメンバーが練習していました。

打楽器は、鍵盤楽器が足りない分、こういう物を使って練習していました。

24091508.jpg

立派です。
本当に立派です。

こんな工夫もできる「頭のいいバンド」なのです。

すばらしい!




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-09-16(Sun)12:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-09-17(Mon)19:02 [編集]