田川伸一郎のブログ

東京都の高校バンド

昨日は、東京都の私立女子高校にお伺いしてきました。
今年の5月からお手伝いさせていただいているバンドです。


顧問の男性の先生からいただいたこのブログへのメールがご縁となりました。
先生のご専門は、英語科ですが、学生時代の吹奏楽活動のご経験を生かし、この学校の生徒さんたちの良さを生かしながら、熱心なご指導を続けていらっしゃいます。
とても誠実で聡明な先生です。


このバンドは、近々、定期演奏会を開催します。
様々な学校事情で、ずっと開催できず、なんと13年ぶりの定期演奏会だということです。



その本番に向けて、約30名ほどの1.2年生部員が、精一杯練習に励んでいます。

昨日は、その定期演奏会の向けての練習をお手伝いさせていただきました。


はじめは、合唱です。

日頃、特に発声の特別な練習はしていないという皆さんですが、女子高生らしい澄み切った歌声で、歌っていました。

24122301.jpg  

曲全体が同じ感じで淡々と流れないように、歌詞を語るように歌う場面、ビートに乗って生き生きと歌う場面といったメリハリをつけるようにアドバイスさせていただきました。

24122302.jpg  24122303.jpg

吹奏楽部のレッスンで、合唱を指導させていただくことがたまにありますが、私にとっては、とても癒される楽しい時間です。
そして、吹奏楽部で合唱をやる価値をわかっていただけるのが、とてもうれしいです。

次に、第一部で演奏する合奏曲のうち3曲を、どんどん進めました。

マーチ1曲と、吹奏楽のオリジナル曲2曲です。

このバンドは、先生と生徒さんたちのほのぼのとした信頼関係があり、練習中も笑顔が絶えません。

そして、演奏そのものについて、生徒さんたちにアドバイスを差し上げると、その笑顔がきりっとした表情に変わり、「ハイ!!!」としっかり返事して、演奏を変えようとします。

とても頭のいい生徒さんたちで、私が、「ダダダって音に濁点が付いているよ。ティティティっていう感じの音で演奏してみよう。」と話すと、すぐさま、そういう音を出してくれます。
技術的な言葉を何も言わなくても、「こんな感じ」だけでわかってくれるのです。

昨日も、何度もそんな場面があり、「本当に君たち、頭がいいね。ただ勉強ができるだけじゃなくって、感性がとっても豊かな証拠だね。」とほめまくりでした。

顧問の先生に、「本当に優秀な生徒さんたちですね。」と話すと、先生は、ニコニコして、「はい、ほんとにすごい生徒たちだと思います。」と。

先生は、「そんなすばらしい生徒たちだからこそ、自分がもっと勉強して、生徒たちの力を引き出してあげないと...」と、強い使命感をお持ちです。

生徒たちさんの前で、指揮にかかわることをお話しすると、今度は、先生が真剣な眼で取り組まれ、緊張しながら頑張る先生を、生徒さんたちは何とも優しい笑顔で見守っています。
先生の「向上心」をしっかり理解している笑顔です。

すばらしい信頼関係です。

24122304.jpg  24122305.jpg

たくさんの曲を演奏する定期演奏会では、スタミナの配分も必要ですし、お客様の気持ちに立った音楽的演出も必要です。

人数以上のパワーを出そうとすると、かえって音質が崩れたり、響きに余裕が無くなったりします。

「このバンドの良い面が伝わるように演奏しましょう。パワーで押さなくても、ホールではしっかり音は聴こえますから、皆さんの温かいサウンドを大切に、その中でメリハリをつけましょう。」とお話ししました。

24122307.jpg  24122308.jpg

あとは、当日のリハで、ホールに馴染む音量や音質を加減して、「ホールを味方につける」ことです。

順応性の高いこの生徒さんたちなら大丈夫だと思います。


24122309.jpg
このバンドにとって、13年ぶりの定期演奏会。
保護者の方々、先輩たち、お友達も楽しみにしているようです。
心をこめて、あなたたちにできる最高の演奏をお客様にお聴きいただきましょう。




帰りはいつも玄関の外まで、見送ってくれる皆さんです。
しかも、「キャ~! せんせ~い! ありがとうございました~!」と、疲れ知らずの若くかわいい歓声で...

何だか、スターになった気分?
こんなオジサンでも、女子高生のハートをわしづかみ?

なんて言ったら、みんなお腹を抱えて笑い転げそう...

24122310.jpg



レッスンの後は、顧問の先生、副顧問の先生(化学担当だそうです)が、「ぜひお食事を!」とお誘いくださり、とても美味しいイタリアンをごちそうになりました。

先生は、ノートにびっしり書かれた日頃から考えていらっしゃること、お悩みになっていること...
ひとつひとつゆっくりお話しくださいました。

先生は、何か考えたことや悩んだことがあると、すぐこのノートに書き込んで、しっかり考えられるそうです。

教師として、吹奏楽部顧問として、ひたすらご自分を磨いていらっしゃるからこそ...
そして、本当に生徒たちのことを愛していらっしゃるからこそ...

頭が下がります。

前日の神奈川県の先生と、全く同じお悩みをご質問された時には、驚いてしまいました。
誠実な先生だからこそ悩まれる共通の内容でした。
前日と同じように、心をこめて私なりの考えをお話ししました。

24122311.jpg


こんな誠実な先生方と出会えた生徒さんたちは、本当に幸せです。
同じように、私も...

ありがとうございます。

今後も、共に学んで参りましょう。






今日は、クリスマスイブ。
午後のレッスンを終えたら、私は、教会で静かに祈りの時を過ごします。

皆様の上に、神様の豊かな愛と恵みが注がれますように...


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-12-24(Mon)14:55 [編集]