田川伸一郎のブログ

阪神淡路大震災から18年

1995年1月17日、午前5時46分。
阪神淡路大震災が発生しました。

関東地方も大きな揺れに驚いた寒い朝でした。

震度7。
死者6434名、負傷者約43792名。


建物の倒壊、高速道路の倒壊、広い範囲での火災...

地震による直接被害は、東日本大震災より大きかったそうです。

しかし、津波は来なかった。
原発への影響もなかった。

この違いは大きかったです。


あれから18年。

街には、見た目、震災の爪痕は何も残っていません。

あの年生まれた赤ちゃんは、今年高校を卒業します。

神戸市では、震災を知らない市民が4割を越えました。


しかし、震災で亡くなられた方々、失ったものへの悲しみは癒えることはありません。

被災者住宅に住む方々の高齢化も深刻になってきています。


見た目の復興と、何も変わっていない心の傷...

「震災の時にたまたま助かり、生き延びたことを、負い目に感じながら今も生きている。死にたかったわけではないけれど...」と胸の内を語る方もいらっしゃいます。

倒壊した自宅から救い出してあげられないまま、幼い我が子を亡くされたご両親の自責の念...18年たっても、仏壇に向かって「ごめんなさい」と言い続ける日々。


兵庫県は、私が幼い頃、3年間ほど住んでいた大切な地です。


亡くなられた多くの方々と、今もなお苦しまれていらっしゃる方々のために...

心からお祈りいたします。



阪神淡路大震災



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-01-17(Thu)19:51 [編集]