田川伸一郎のブログ

函館から ~その2~

次に、函館でお伺いした中学校2校と高校バンド1校の様子をご紹介します。

どの学校も、基礎的な練習を大切にしながらも、きちんと曲の練習をして、「音楽」していました。
もちろん、レッスンのご依頼内容は、どの学校も曲の練習でした。

中学校、高校では、この冬場の時期、「基礎をしっかり」ということで、曲の練習をほとんどしない学校もあります。
レッスンのご依頼も、「基礎合奏」を...ということも、稀ではありません。

基礎が大切なことは百も承知ですが、「音楽する」ということを伴わない「メカニックな基礎練習」が、スクールバンドで何の意味を持つのかと疑問しきりです。

また、「基礎合奏」をたくさんすればバンドの性能が上がるという誤解にまどわされ、楽しさのない、我慢の冬を過ごしている学校もあります。

函館地区の先生方は、こんな誤解にまどわされることなく、1年中、しっかり「音楽」しています。

冬場にも、しっかり曲に取り組み、その中で自分たちに欠けている「基礎力」に気づき、それを高める「意欲」を持って基礎練習にも取り組んでいます。

とても健全な吹奏楽活動が根付いている地区です。

自主的な「本番」もたくさんあります。
仲間を増やす「ジョイントコンサート」や地域とのふれあいを大切にした活動にも積極的です。

「オフシーズン」という言葉は、この地区にはありません。
1年中、「熱い吹奏楽シーズン真っ只中!」なのです。

この地区の先生方のそんな「信念」が、私は大好きです。



1校目の中学校バンドです。
このブログで何度もご紹介させていただいている木古内町立木古内中学校です。


P1170476_convert_20130202223815.jpg  P1170479_convert_20130202223905.jpg
木古内中学校は、冬休みに校舎の移転をしました。
昨春閉校になった道立木古内高等学校の校舎を、一部改築しての移転です。
エレベーターができることになり、マリンバ他大型楽器が乗るサイズのエレベーターを取り付けてくださったとのこと。町の理解がすばらしいです。
練習場とカーテンで仕切られた楽器室は、元コンピューター実習室だそうです。


P1170489_convert_20130202224025.jpg  P1170509_convert_20130202224125.jpg
今回は、初めて副顧問の先生の指揮でレッスンしました。
緊張で、朝から腹痛と鼻血だったそうです...でも、とてもきれいな指揮で、しっかりとした演奏を聴かせてくださいました。


P1170520_convert_20130202224218.jpg  P1170524_convert_20130202224316.jpg
和太鼓も活躍する邦人作品を、生き生きと演奏しています。

P1170537_convert_20130202224452.jpg  P1170529_convert_20130202224405.jpg
アンサンブルでは、色彩感ある演奏で全道大会出場です。  合唱にも取り組みました。

P1170541_convert_20130202224541.jpg
新しい練習環境で、気持ちも新たに歩み始めた木古内中学校吹奏楽部です。
町の方々の温かいご理解に心から感謝し、「真心の音楽」でご恩返ししていきましょう。
少ない人数でも、最強のチームワークで、ふぁいと!






2校目の中学校バンドです。

P1170623_convert_20130202225602.jpg
顧問の先生は、スコアと一緒に、部の状態やご自分の思い、選曲の意図などを、
A4版3枚ものお手紙にびっしりと記して送ってくださいました。
深い愛情と信念をお持ちの先生です。


P1170593_convert_20130202225701.jpg  P1170600_convert_20130202225822.jpg
今の練習曲は、これまでの選曲とはがらりと変わり、「バッハ」の大曲でした。先生も生徒たちも、新しい挑戦です。

P1170608_convert_20130202225932.jpg  P1170619_convert_20130202230025.jpg
時代様式によって、音楽的な考え方やアプローチの仕方を変えなければならないという大変な勉強をしています。

P1170596_convert_20130202230107.jpg  P1170626_convert_20130202230155.jpg
高校入試を目前に控えた3年生や卒業した高校生たちまでが、「田川先生レッスンから勉強したいです」と見学に...学ぶ心がいつでも絶えないすばらしい生徒さんたちです。

P1170630_convert_20130202230248.jpg
「ひと足早いバレンタインチョコです♡」
卒業生たちからのプレゼント、ありがとう!


P1170629_convert_20130202230335.jpg
向学心高い顧問の先生と共に、吹奏楽を通して「音楽」を深く学んでいます。
コンクールでは、マーチやオペラ物を学び、年度後半の今は、バッハの勉強です。
寒い冬ですが、バンドの雰囲気はポカポカでした。 そんな温かさをずっと大切にね!






高校バンドです。

25020309.jpg
人数が少ないバンドですが、その分、ひとりひとりがよく見えるバンドです。
この編成に合ったオリジナル作品を2曲選んで、それぞれの曲の特質を生かした勉強をしていました。


25020310.jpg  25020311.jpg
まずは、セッティングを換えて、お互いが顔を見合わせ、アンサンブルしやすい形にしました。

25020312.jpg  25020313.jpg
曲の内容に触れながらも、時折、楽器の基礎奏法に立ち返ります。クラリネットは、息の方向のイメージを変えるだけで、見違えるような音色になりました。

25020314.jpg  25020315.jpg
合唱の初見練習もしました。心にしみる響きが、皆をさらに優しくしたに違いありません。
私からのまとめの話を聞く生徒さんたちの顔は、「大人」の顔でした。


25020316.jpg
少ない部員数にもかかわらず、3人の顧問の先生方に見守られながら活動する皆さん。
仲間の気持ちを大切に理解し合い、支え合い...心揺れる高校時代を、温かい思いでいっぱいにしていきましょう。
この人数だからこそ、皆が家族のように...






2日目の夜は、今回はレッスンを受けていらっしゃらない先生方も一緒に、楽しい勉強会(飲み会!)でした。

皆がとても仲が良く、みんなが笑顔で語り合います。
集まった先生方みんなが主役になれる温かい勉強会なのです。

初めてお目にかかる中学校の先生方との出会いもありました。
来年度はレッスンでお伺いさせていただくことになるようです。

函館にまた仲間が増えて、本当にうれしいです。

ありがとうございます。

P1170632_convert_20130202230652.jpg

「先生仲良し、子どもが育つ」  函館の先生方、バンザ-イ!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-02-09(Sat)07:33 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-02-09(Sat)20:27 [編集]