田川伸一郎のブログ

初仕事

4月4日、今日は、私にとって平成25年度の「初仕事」でした。

まだ春休み中の埼玉県の小学校へのお伺いでした。


この学校のバンドのレッスンは、12月に引き続き、2度目でした。

1学年30名位の部員が入部しているので、新5.6年生で60名ほどいます。
4年生も入部できればいいのですが、そうすると90名バンドになってしまうということで、2学年編成にされています。

こんなにたくさんの子どもたちが、しかも男子もたくさん入部してくるのは、先生の魅力でしょうか。
音楽専科として授業を持っておられる先生は、授業でしっかり子どもたちを「音楽大好き!」に
育てていらっしゃるに違いありません。

当然のことですが、6年生は卒業し、新しい部員が入部したこのバンドは、今まさに新しいスタートの時を迎えています。

新5年生と6年生の一部は、まだ2ヶ月ほどの経験です。


今日は、そんな今年度のスタートにあたって、皆で気持ちを引き締め、練習や活動の方向性を
定めるヒントを得るためにと、ご依頼くださいました。


今日の練習場は、体育館でした。

卒業式を終え、入学式を前に、壁には紅白幕が...

旧6年生を送り出した新6年生たちは、晴れがましい顔つきで座っていました。
12月に見た顔とずいぶん違って見えました。

私も、毎年思ってきたことですが、6年生になると、子どもは本当に変わります。
「来年は、ちょっと厳しい年になるかな」と心配していても、6年生になって活動を始めると、思った以上に立派になり、上手になってくれるのです。

「意識の持ち方」で、奥に潜んでいた力が出てくるのかもしれません。


今日は、1年以上やってきた経験者と、2ヶ月前に入部したばかりの初心者が一緒のレッスンでしたので、どちらの子どもたちにも、できるだけ勉強になる練習パターンを工夫し、「基礎的事項」の確認と「練習曲」のポイント確認をしました。


25040401.jpg  25040402.jpg

25040403.jpg  25040404.jpg


ひとつひとつの練習の際に、「自己評価」を正確にさせることにもひと工夫してみました。

練習のひとつひとつに「ルール」をつくり、それを「めあて」として練習し、その「めあて」にそって自己評価をさせました。

また、自分の状態や皆の出来具合について、できるだけ自分の言葉で語らせる場もつくりました。

練習は、「考えながら」「感じながら」取り組むことが大切だからです。


25040405.jpg  25040406.jpg
打楽器は、楽譜の強弱に関係なく、友達が示す「ハンドサイン」の合図に合わせて、瞬時に強弱をつける練習です。


曲の練習では、「タンギング」を中心に、基礎的なことの確認をしました。

四分音符と八分音符を、「音価」を守って演奏することにも注意して演奏しました。

25040407.jpg  25040408.jpg

常に、「自己評価」、「相互評価」をしながら進めました。

「考える!」「感じる!」と何度も唱え...


先生の指導や指示に頼るだけでなく、自分たちで、ああでもないこうでもないと話し合いながら、自分たちで育っていく活動を、今年は目指してみようと話しました。


先生には、時間がない中でも、「待つ姿勢」を大切に、子どもたちを時には困惑させ、それを自分たちの話し合いで何とかさせる練習場面を設定してほしいとお願いしました。

子どもたちには、「考える」「感じる」、そして、それを自分の言葉で伝え合う「勇気」と「雰囲気」を大切にしてほしいと願いました。


25040409.jpg  25040410.jpg
新入部員も、遠慮しないで発言します。 自分の考えを自分の言葉で伝え合える練習が最高です。

25040411.jpg  25040412.jpg
まずは、友達の意見を真剣に聞く姿勢が良い雰囲気を作り、話し合いを活発にします。


今日は、演奏の基礎的事項の確認と共に、この1年間、大きく成長していくための「取り組み方」「心の持ち方」を、しっかりとつかめたようです。

「レッスンの感想」を問うと、たくさんの子どもたちが挙手し、それぞれ自分の言葉で、自分の学びを話すことができました。

すばらしい学習のまとめの場面でした。

「考える、感じるということを忘れずに、練習していきます!」...部長さんのしっかりした発言が、とても頼もしく思えました。


25040413.jpg

先生も子どもたちも、やる気満々のバンドです。
欠席がほとんどいなかったこともすばらしい。

今年は、昨年度以上に豊かな学びができることをお祈りしています。

練習は「考えながら・感じながら」 そして、自分の思いを自分の言葉で伝え合いながら進めること。

みんな、がんばれ!

またお会いしましょう!





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-04-05(Fri)07:07 [編集]