田川伸一郎のブログ

心を合わせて

今日の午前中は、県内柏市の小学校へお伺いしてきました。

柏市では、5月6日(月・祝)に、『2013 かしわ市民芸術祭』を開催することになっています。
このイベントは、今回が第一回目だそうです。

そのステージで演奏することになっている柏市の小学校3校による合同演奏の練習をお手伝いさせていただきました。

25041301.jpg  25041302.jpg


6年生を中心とする3校の子どもたち約70名が集まって、今日は二度目の合同練習でした。

前回の練習は3月、様々な反省点が出たものの、結局、年度末休業や入学式のための演奏練習などで、その反省点に集中して練習する時間がほとんど取れないまま、今日を迎えたようでした。


25041303.jpg  25041304.jpg


こういう「合同バンド」の取り組みが成功する秘訣の第一は、各校の顧問の先生方の「共通理解」です。

「共通理解」と言っても事務連絡のこと以前に、子どもたちへの願い、向かう方向、求めるレベル、育てたい力と心...そういう「意識の共通理解」です。

この3校の先生方は、出演が決まってから、何度も話し合いをし、共通理解を図って来られました。

選曲についても熟慮され、様々な思いを持って私にもご相談くださいました。

そんな先生方の深い共通理解が、今日もあちこちで感じられ、子どもたちの心も音も、互いにどんどん溶け合っていくのがわかりました。


25041305.jpg  25041306.jpg


たまたまこの3校は私のレッスン校であったため、子どもたちとも互いに慣れ親しんでいますし、「田川流」の言葉の言い回しもよく理解してくれるため、まるで、1校のバンドを指導しているかのように練習が進められました。

各学校で練習している時とは、バランスも変わってしまうため、合同練習の機会に整えてしまう必要があります。

「主役は?」「伴奏は?」...「周りを見渡して、だいたいの人数バランスをつかみなさい」

「さあ、バランスを取って演奏してごらん!」

細かく指導しなくても、こんな簡単な発問や指示だけでも、自分たちでバランス調整ができた箇所もあり、日頃の学びの確かさを感じることができました。


25041307.jpg  25041308.jpg


指揮をなさる先生はおひとりですが、他の先生方も、気づかいよく子どもたちの間を走り回り、アドバイスをしていらっしゃいました。

先生方のチームワークの良さは、子どもたちにも必ず伝わります。

前回の合同練習での反省点は、今日の練習でほとんどクリアできたようでした。

本番までに、もう1回、合同練習があります。

きっとますます溶け合ったハーモニーを響かせてくれることでしょう。


25041309.jpg

みんなの心をひとつにして、すてきなサウンドを響かせます!

「先生仲良し、子どもが育つ」

がんばれ、3校の先生方と子どもたち!




25041310.jpg

この行事に関するお問い合わせがございましたら、
柏市教育委員会生涯学習部文化課 TEL04-7191-7403 までお願いいたします。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-04-14(Sun)09:44 [編集]