田川伸一郎のブログ

函館から~5月・その1~

5月2日から昨日5日まで、北海道函館市にお伺いさせていただきました。

平成5年に、函館のある先生が私の当時の勤務校・市川市立大柏小学校に見学にいらしてくださったことが、私と函館とのお付き合いのスタートでした。

その後、毎年のように夏のレッスンにお招きいただき、お付き合いさせていただける先生方や学校の数も、どんどん増えていきました。

私が教員を辞めて今の仕事になってからは、一気にレッスンをご希望される学校も増え、毎年、年に3~4回お招きいただいています。

毎回、レッスン希望校を、中心になる先生が取りまとめてレッスン計画を立て、移動や食事のことまで含め、綿密なスケジュールで私を招いてくださいます。

先生方が、温かく細かい気配りをしてくださるおかげで、かなりハードなスケジュールにもかかわらず、身体と心の疲れが最低限に抑えられるのは、とてもありがたいことです。


今回は、小学校2校、中学校6校からお招きいただきました。
中学校のうち4校は、初めての出会いでした。

ゴールデンウィークも返上して練習に取り組む、熱心な先生方や子どもたちとの出会いを楽しみにお伺いさせていただきました。


この8校の練習の様子を2つの記事でご紹介させていただきます。


1校目の小学校です。

昨年度は、6年生が5名しかおらず、とても苦しい年でした。

コンクールで演奏した曲では、ソロの一部を5年生が担当し、それでもすばらしい演奏と成績を残すことができました。

今年は、去年の試練を乗り越えたたくさんの子どもたちが6年生になり、安定したスタートを切ることができました。

はじめに聴かせていただいた『八重の桜』では、子どもたちが奏でる音1つ1つに心がこもり、とても感動しました。

レッスンでは、その「音」の質をさらに高めるための具体的な練習方法、そして、譜読みを始めたばかりではありますが、コンクール曲の練習のポイントを提案させていただきました。

昨年度以上に音楽的に深い演奏ができそうな予感がしました。

2505020101.jpg  2505020102.jpg
  
25050202.jpg  25050203.jpg

25050205.jpg
昨年度の試練を自信に、たくましく成長した姿と音で、今年度の初レッスンを受けてくれましたね。
ひとりひとりがの「音」をさらに高めること。
楽譜の裏にある「音楽」を感じて、それに合った「音」で演奏すること。
小学生としては、レベルの高い「宿題」を出しましたが、君たちなら乗り越えられる「ハードル」だと思います。
次回のレッスンで、どんな演奏を聴かせてくれるのか、今から楽しみにしていますよ。
がんばれ!





2校目の小学校です。

この小学校は、20年前、私が函館で初めてお伺いさせていただいた学校です。

今の保護者の中には、当時の部員だったという方もおられ、時々、「親子2代で田川先生にご指導いただけて幸せです。」とごあいさつしていただき、感無量です。

昨年度は、たくさんの6年生がおり、かなり上手な「プレイヤー」もいました。
下級生の中には、そんな6年生に頼っているような面も少し見られたのですが、代が替わり、6年生が抜けての初レッスンでは、昨年と別人かと思うほどのしっかりした音と演奏を聴かせてくれている子もいました。

6年生が卒業した途端、猛烈にがんばったようでした。

新部長君のあいさつも、昨年度の立派だった部長君の良いところを真似て、とてもしっかりハキハキしていました。

レッスンでは、コンクール曲の「シンプルかつ効果的な練習方法」を提案させていただき、その効果を実感していただきました。

今年の演奏も、とても楽しみなバンドです。

25050206.jpg  25050207.jpg

25050208.jpg  25050209.jpg

25050210.jpg
20年前、同じこの部屋で、君たちの大先輩が、私のレッスンを受けていたんですよ。
その「時」が、今につながっています。
音楽を通した「出会い」ってすばらしいものですね。
熱心な先生方、保護者の皆さんに見守られ、この部の伝統に今年の足跡をしっかり残していきましょう。
がんばれ!





中学校の1校目です。

何度もブログでご紹介させていただいている木古内町立木古内中学校です。

昨年度までご指導されていた中條淳也先生が転任され、副顧問を務められていた欠直哉先生が主顧問としてご指導にあたられています。

昨年度、一昨年度と、2年連続で「東日本学校吹奏楽大会・金賞」という成績を残してきているだけに、先生は大きなプレッシャーを背負いながら毎日を過ごされていらっしゃいます。

しかし、そんな先生を支え、安心させてくれているのが、この部の優しい生徒さんや保護者の方々です。
コンクールも大切ですが、この部のモットーは、「真心の音楽」です。
地域の方々に、精一杯の「真心」を届けるために、日々練習をがんばっているのだということを、皆がしっかりと心に据えながら活動しています。

今年のコンクール曲は、昨年までとは全く違う雰囲気のスペインの曲です。
今年度も、私にアレンジをご依頼くださいました。

1年生も含めて約30名の部員たちは、とてもていねいに譜読みをしてくれてありました。
スペインの太陽のように、カラッと明るい雰囲気で練習を進めていってほしいと願いました。

25050211.jpg  25050212.jpg

25050213.jpg  25050214.jpg

25050215.jpg
全校生徒110数名のうち、約30名が吹奏楽部員。こう考えるとすごい入部率です。
今年も、町の皆さんを幸せにする「真心の音楽」を奏でていきましょう。
誰かのために、一生懸命頑張っていたら、結局それは自分のためになる。
自分のために、一生懸命頑張っていたら、結局それはみんなのためになる。
・・・それが吹奏楽のすばらしさですね。
ふぁいと!





2校目の中学校です。

このバンドには、3年間お招きいただいています。
一昨年度は、木古内中学校と共に「東日本学校吹奏楽大会」に出場し、共に金賞を受賞しました。
昨年度は、部員数も増え、A編成に出場しました。
今年も、その方向で進んでいます。

今年は、1年生が35名も入部し、レッスンのはじめには、1年生合奏を聴かせてくださいました。
ほぼ全員が初心者ですが、『合奏の種(ブレーン社)』を効果的に使って、伸び伸びと音出しの練習をしています。
1年生に、「なぜ吹奏楽部に入ったのですか?」と聞くと、多くの1年生が、「小学校に演奏に来てくれた時に、かっこよかったから、中学校に行ったら入ろうと思っていました。」と話していました。
小学校への訪問演奏が効を奏していることがわかりました。

このバンドは、課題曲のマーチとバッハの曲を練習していました。

バッハの曲のレッスンでは、この曲の演奏に必要な「音楽的基礎合奏」をさせていただきました。
顧問の先生も、見学にいらしていた先生方や卒業生、そして部員たちも、「なるほど~・・・」とため息でした。

25050301.jpg  25050302.jpg
1年生合奏も、大変立派でした。期待の星です。

25050303.jpg  25050304.jpg

25050305.jpg
今回のレッスンでは、音楽の基本、そして、音楽の奥深さに触れることができましたね。
まだまだ計り知れない音楽の世界を、課題曲・自由曲の2曲から学び取ってほしいと思います。
私のレッスンの時に、いつも卒業生がたくさん会いに来てくれます。
しかも、きちんとした態度で一緒にレッスンを受けているごとく、学びの心を見せてくれます。
音楽に対する謙虚な態度、慎ましい姿勢が、この部を大きく大きくしているのだと思います。
「深遠なるバッハの音楽」への挑戦に期待しています。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-05-09(Thu)09:35 [編集]