田川伸一郎のブログ

福島県の高校バンド

福島県では、高校バンドにもお伺いしました。
冬に引き続き、2回目のお招きです。


25061001.jpg


顧問の先生は、赴任されて2年目を迎えていらっしゃいます。
昨年度は、前任の先生のやり方やこれまでの部の動きを踏襲され、冬場は10数名の小さなバンドで活動されてきました。

今年度は、今までの流れに、先生ご自身のやり方や考え方を積極的に出され、生徒さんたちも良い感じでスタートしました。

初心者も頑張っているこのバンドに、今年は、中学校でバリバリやってきた1年生たちも入部してきました。
全員で、20数名のバンドになりました。

2.3年生には、今までの流れや自分たちの思いがあります。
1年生、特にバリバリやってきたメンバーには、高校の部活に向ける高い理想や願いがあります。

どちらの気持ちも大切にしてあげたい先生は、とても悩まれ、「今、自分が顧問としてどうしてあげることが、この生徒たち全員の思いを大切にしてあげることなのか」ということについて、自問自答されてきました。

メールやお電話で、私にも熱心にご相談くださいました。

生徒さんたちも、ミーティングをしたり、先生と話したり、皆が気持ちよく進んでいけるように考え合わせました。

今回のレッスンでは、私も自分の高校時代の経験を元に、「皆で音楽すること」ということの楽しさや難しさについて、お話しさせていただきました。

生徒さんたちとの会話の中で、「1年生を迎えて、新しい良い勉強が出来、それを今は生かして活動できていると思います。」と、話してくれた上級生がいました。

「それは、たとえ後輩であっても、上手な人から学べるという意味もあると思いますが、もっと別の意味の勉強があると思いますが、それはどういうことだと思いますか?」

「たくさんの考え方があるということです。」 他の上級生が話してくれました。

「そうです。そのことが大切なんですね。そして、その学びを生かして活動しているという皆さんは、すばらしいです!」
新年度に入り、部員が増えた喜びと共に、様々な気持ちの食い違いを、信念を持ってご指導されて来られた先生は、笑顔でそんな会話を聞いていらっしゃいました。



コンクール曲は、この生徒さんたちの力を最大限に生かせる曲ということで、私がご紹介させていただいた曲を、先生もすっかり気に入ってくださり、前向きに取り組んでおられました。

「曲を聴いた時、ピーンと来たんです! 今年はこの曲で行こう!とすぐに決心できました。」と、とても喜んでくださいました。

演奏を聴かせていただき、まさに、生徒さんたちともピッタリの曲であったことがわかり、私も嬉しくなりました。


25061002.jpg
...だそうです! みんなそのとおりにできていましたね!


私が指揮しながらアドバイスしたり、先生に指揮していただいて進めたり...
「今できること・今やるべきこと」を、先生と一緒に、どんどん進めていきました。

25061003.jpg  25061004.jpg

25061005.jpg  25061006.jpg

指揮に合わせるのではなく、主役中心にアンサンブルを作る練習も大切です。
25061007.jpg  25061008.jpg
                            その主役の「音楽の表情」がこの曲の決め手! 


25061009.jpg
練習後、皆からたくさんの感想が出ました。
「今日、はじめに聞かせてくださったお話は、私たちにぴったりの内容で、田川先生も高校時代に私たちと同じような悩みを乗り越えていたんだと知ったら、何だかほっとしました。」 
「僕は、基本的に音楽は楽しむものだと思っているので、今日のレッスンは楽しく、そして、たくさん勉強になったので、すごくいい時間になったと思います。」
「今日は、音楽がますます楽しいと思えて、これからいろいろあるとは思うけれど、絶対続けていこうと思いました。」
・・・いい学びができましたね!



25061010.jpg
人が増えれば考え方も増える。
中学校時代のすばらしい経験を生かさない手はない。でも、ここにはここの「良さ」がある。
それを見抜いた1年生は大きく成長できる。
先輩・後輩関係なく、「いいものはいい」と認め合える雰囲気ができれば、ひとりひとりの良さと力が最大限に生きるチームになる。
いつも真剣勝負してくださる顧問の先生と共に、本気で心をぶつけ合える部活動にしていきましょう!
ふぁいと!!




25061011.jpg
夜は、レッスンを受けていらっしゃならいお仲間の先生もご一緒に「語る会」でした。
皆、気心知れた仲なので、本音の話が出来、とても楽しいです。
私も、生徒さんの前では言わなかったアドバイスもちょっぴり追加させていただきました。
こういう仲間がいるから、皆で前に進めるんですよね!

「先生仲良し、子どもは育つ」です。



それぞれのバンドのコンクールに向けての歩みを心から応援しています!

お招きいただき、ありがとうございました。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する