田川伸一郎のブログ

がんばれ!我が街・我孫子市の子どもたち

今日は、我が家から車で約10分、地元・我孫子市の小学校にお伺いさせていただきました。
以前にもご紹介させていただいたことがある我孫子市立新木小学校吹奏楽部です。


25070401.jpg


今日は、今年度2回目のレッスンでした。

前回は、打楽器メンバーだけのパートレッスンでした。
今年の曲は、打楽器がとても大変なのです。

昨年度卒業した6年生の打楽器メンバーは、ステージでも目を引く名プレイヤーたちでした。
その先輩たちに、追いつけ追い越せで、今年の打楽器メンバーも並々ならぬ努力を続けています。

4年生部員たちも、しっかり役割を与えられています。

25070402.jpg  25070403.jpg
打楽器は、両サイドに分かれての演奏です。合わせるのも大変です。


管楽器の子どもたちとは、今日が初めてのレッスンでした。

このバンドの子どもたちは、ともかくたくましく、根性があります。
約3時間のレッスン、休憩はほんのわずかの時間でした。

でも、途中も最後も、「はい!!!」の返事の気合いが変わりません。
飽きるとか、だれるとか、気を抜くとか...時間が経つと起こりがちなことが、この子どもたちにはありません。

曲の前半は、木管が中心で、金管パートの多くはお休みが多いです。
それでも、皆、立派な姿勢で待ち、たとえば「Aからもう一度」などと指示すると、仮に自分のパートが休みであっても、全員がしっかり返事をします。

小学校で、ここまで集中力や「取り組む姿勢」を育てることは、大変なことだと思います。

顧問の先生方のご指導のすばらしさ、そして、子どもたちのしっかりとした精神のおかげです。

25070404.jpg

そして、子どもたちがこんなに本気になれる裏には、学校中の先生方の熱い応援があります。

レッスン中、ふと後ろを振り返ると、たくさんの先生方が黙って見学してくださっているではありませんか。

昨日の終礼の時に、校長先生が、「明日は田川先生のレッスンです。吹奏楽部の子どもたち、一生懸命がんばっているので、もし時間を作れるなら、少しの時間でも見に行ってあげましょう。」と、お話しくださったそうなのです。

先生方の放課後...暇なはずはありません。
今は、少しの時間も惜しんで、評価のお仕事をされている時期です。
そんな中、少しだけお仕事の手を休め、時間を作り、吹奏楽の練習を黙って見学してくださっていたのです。

「がんばれ~!」などは、もちろんありません。
黙って見ていてくださるのです。

そんな先生方の姿を見た子どもたちは、やる気にならないはずはありません。
「無言の応援」を、子どもたちはしっかりと受け止めて、ますますの「やる気」で返しているのです。

この学校にお伺いするたびに、校長先生はじめ先生方の「大きさ」を感じます。

子どもを育てるということは、こういうことなのだと、改めて「学校」という世界のすばらしさを感じます。


25070405.jpg
休憩時間の「群がり方」も半端ではありません。 
子どもたちにつぶされそうな田川でした。
この屈託のない子どもらしさが、大好きなのです。



しかし!!!

演奏は、まだまだこれからという感じでした。

校長室で顧問の先生方と「作戦会議」が続きました。

「コンクールまでに間に合うかしら...」とおっしゃりながらも、先生方は、とても前向きで、楽しそう。

それもそのはずです。

こんなかわいい子どもたちと、温かい職場。
そして、大事な時には、塾も習い事もしっかり休ませて、「全員参加」の練習ができるように協力してくださる理解ある保護者の方々がいてくださるのですから...

25070406.jpg

先生も子どもたちも、みんなが幸せ!

今年も、元気いっぱい「新木っ子」の演奏を楽しみにしていますよ!

今日出た山のような「宿題」、大変だけど、みんなの力でやり遂げようね!

がんばれ、我が街・我孫子市の子どもたち!




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-07-05(Fri)07:16 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-07-05(Fri)21:46 [編集]