田川伸一郎のブログ

函館から~7月・その2~

函館レッスン2日目は、学校でのレッスンが3校とホールレッスンが1校でした。

1日中ホール練習は、移動がなくていいですが、せっかく景色の美しい函館に来ているのがもったいない感じもします。
この日は、移動中の景色や涼しい風もたっぷり楽しませていただきました。


P1210527_convert_20130716220442.jpg
P1210538_convert_20130716220601.jpg
新卒の若い先生のすばらしいご指導で、先月からまた成長した姿と演奏に触れることができました。
本来20数名で演奏するのは難しいこの曲を、様々な工夫により、人数を感じさせないダイナミックな表現に近づいていました。
今回のレッスンでは、技術的なコメントではなく、ハーモニーの構成を考えたり、声部によるバランスの変化を大げさにつけて、演奏がより色彩的、立体的になるようにと、レベル高く、また楽しい内容で進めさせていただきました。
先生の指揮もとても的確になり、コンクールまでの更なる変容が楽しみです。



P1210539_convert_20130716220724.jpg
P1210553_convert_20130716220845.jpg
木古内中学校の演奏は、さらに自信のあるものになってきましたが、スペインらしさを表現するのは、先生も生徒さんたちも大変なことで、今回もOKは出せませんでした。
身体の中から湧き上がるリズムと情熱を表現できるよう、コンクールまで可能性を追求してほしいと思います。
伺う度に聴かせてくれる合唱は、毎回、新しいレパートリーで、毎回上手になっています。
今回は、アカペラでした。すばらしい!これからも、合唱を大切にして活動してほしいです。



P1210555_convert_20130716221010.jpg
P1210602_convert_20130716221102.jpg
顧問の先生のお人柄や教育がそのまま伝わったような自然で温かい生徒さんたちのマナーには、心がほっこりします。
「返事」がそろわないことが、私には逆にとても自然に思えます。
課題曲のマーチは、何とも温かいサウンドで語りかけるような演奏でした。
難しい自由曲も、5月から大きく大きく成長した演奏で聴かせていただきました。
先生と生徒、生徒同士のコミュニケーションの良さが演奏の一体感につながっていますね!



P1210596_convert_20130716221244.jpg
P1210598_convert_20130716221413.jpg
何と反応の良いチームなのでしょうか!
ひとつひとつのアドバイスに対して、言われていることの意味をすぐに理解し、音や表現に出し、驚くほどの変容を見せてくれました。
課題曲も自由曲も、見学されていた先生方が驚くほど、どんどん良くなり、ホール練習を生かしたセッティングの研究もでき、大変充実した練習になりました。
顧問の先生の日頃からのご指導のすばらしさと生徒さんたちの積極的な取り組みに脱帽です。



2日目が終わりクタクタでしたが、先生方と軽いお食事会で、心も身体もリラックス。
そして、爆睡して、3日目に向かいました。

さあ、あと1日! がんばるぞ!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-07-20(Sat)21:58 [編集]