田川伸一郎のブログ

がんばれ、東関東吹奏楽コンクール

『東関東吹奏楽コンクール・小学校の部』が、明後日9月15日に、栃木県宇都宮市文化会館で行なわれます。

毎年、とてもレベルが高い演奏が続きます。
その中から、富山県での『第13回東日本学校吹奏楽大会』に進めるのは、たった2校です。
とても厳しいコンクールです。

しかし、出場校の皆さんには、「結果」よりも、まず『東関東大会』に出場できた喜びを胸に、日頃の練習の成果を出し切って演奏してほしいです。

そして、他校の演奏から、しっかりと学び合い、コンクールが「戦いの場」ではなく「学びと交流の場」になっていくことを、心から願います。

保護者の皆さん、関係者の皆さんも、自校を精一杯応援しながらも、同じように努力して当日を迎えたすべての学校の子どもたちに賞賛の拍手を贈っていただきたいです。

私も、会場に向かいます。
すべての学校の演奏を聴き、30校どの学校にも大きな大きな拍手を贈ります。

このステージに立つ喜びも、苦しみも、たくさん味わってきた私ですから...


千葉県からは、14校が県代表として出場します。
私が練習のお手伝いをさせていただいている小学校は、そのうち7校です。

東関東大会前のレッスンでのキラキラした練習の様子をご紹介します。


P1220743_convert_20130829171003.jpg  P1220742_convert_20130829171107.jpg

P1220745_convert_20130829171144.jpg
このバンドの子どもたちは、私のレッスンの中の「音楽」にかかわる話以上に、「心」にかかわる話を大切にしてくれます。
コンクール後のお礼の手紙にも、そんな「心」の学びがたくさん記されています。
ひとりひとりが、自分の音に「責任と意思」を持つこと。それができるだけのきちんとした練習を積み重ねること。
つつましい練習を、みんなでひとつひとつていねいに進め、たくさんの音が1つの「束」になって響くような演奏を求めています。
笑顔がかわいい子どもたちですが、練習の時の真剣さは例年以上です。




P1220746_convert_20130829172127.jpg  P1220747_convert_20130829172234.jpg

P1220750_convert_20130829172313.jpg
昨年度、顧問の先生が代わり、練習のスタイルも変化しました。
「素直な心」がいっぱいの子どもたちは、初めて出会った顧問の先生のご指導や、見ず知らずの田川先生とかいうオジサンのレッスンを、本当に素直に受け止め、大きく成長しました。
今年は、先生との活動も2年目。先生の求める音楽もレベルアップしました。
今は、先生がご指導される「音楽の深さ」を一生懸命理解しようと努力しています。
1つ1つのフレーズに「命」を吹き込んで演奏する難しさや感動を共有しながら前進しています。
子どもたちの人柄どおり、くせのない素直なサウンドを響かせています。




P1220758_convert_20130829172517.jpg  P1220759_convert_20130829172537.jpg

P1220757_convert_20130829172454.jpg
5年連続の東関東大会出場、おめでとうございます。
このバンドは、毎年、日本人の曲を取り上げ、「和の心」を伝え続けています。
今年は、今までよりも少し難易度の高い曲にチャレンジしていますが、皆、とても楽しんで演奏しているところがすばらしいです。
今年は、今まで以上に「音色感」にこだわり、場面ごとの「味」を出し切って演奏する勉強を深めています。
Tuttiの音もよくまとまり、様々な楽器のソロも堂々としてきました。
東関東大会のステージでも、「味」のある演奏を聴かせてください。




P1220848_convert_20130903172959.jpg  P1220847_convert_20130903173326.jpg

P1220849_convert_20130903173456.jpg
我が街、我孫子市の子どもたちです。
ともかく、いつも元気でパワフル。レッスンの時にも絶対に疲れた顔を見せません。
今年は、今までになく難しい曲にチャレンジし、皆で力を合わせて作り上げています。
なかなか曲が仕上がらずあせっていた7月...東関東大会まで進めたのが夢のようですね。
学校中の先生方のご協力と応援のおかげですね。
東関東大会のステージでは、心と身体が躍動する音楽を奏でましょう。




P1230012_convert_20130911201639.jpg  P1230011_convert_20130911201713.jpg

P1230014_convert_20130911201805.jpg
ここ数年、「超小学生級の難曲」を高い演奏レベルで演奏し、数々のすばらしい賞をいただいてきています。
今年の曲は、今までの曲以上に「大人」のセンスが必要な曲で、初めは、不思議なハーモニーや細かいリズムや連符に戸惑っていましたが、今では、この難曲を楽しんで演奏しているようにすら感じます。
顧問の先生は、レッスンの後、「今日もものすごく勉強になりました。こうやって子どもたちと一緒に音楽を深めていけることが楽しくて仕方ありません。」と、とっても明るい笑顔です。
大きな大会前でも、ピリピリせず、音楽を楽しむ先生と子どもたちです。




P1230023_convert_20130912200507.jpg  P1230020_convert_20130912200304.jpg

P1230024_convert_20130912200616.jpg
先生と一緒にとことん悩んだ選曲。何曲もCDを聴きながら、子どもたちの顔を思い浮かべながら選んだ曲でした。
やればやるほど味が出て、とても素敵な響きを出せるようにもなってきました。
パートによっては、初心者の4年生がたった一人でこなしているパートもありますが、とてもしっかり演奏しています。
運動会も間近、組体操の練習でクタクタになっても、放課後の練習の練習では疲れも見せず、良い演奏に向かっていました。
ひとりひとりが自立して、堂々としたステージにできますように。




P1230025_convert_20130913211139.jpg  P1230026_convert_20130913211324.jpg

P1230029_convert_20130913211428.jpg
かわいい3年生も、全員がレギュラーとしてステージに上がります。
中には、ソロを吹く4年生もいます。打楽器では、3年生も大活躍です。
ともかくよく練習するバンドです。
5時までの練習時間は、毎回全員がそろっています。
「塾や習い事は、練習が終わってから」...保護者の方々の理解も深く、団結力抜群のチームです。
近くの高校の吹奏楽部との交流で、高校生から個人指導も受け、技術的にも大きく成長しました。




明日は、小学校に先立って、高校B部門が開催されます。


台風が近づいて来ているようです。

出場される皆さん、応援や鑑賞に出かけられる皆さん、どうか道中お気をつけて。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-13(Fri)22:17 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-14(Sat)22:12 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-15(Sun)00:58 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-16(Mon)11:12 [編集]