田川伸一郎のブログ

函館から ~8月~

8月最後の金曜日から昨日の月曜日まで、北海道の函館にお伺いしてきました。
今年度は、5月から毎月1回ずつのお伺いです。


北海道は、夏休みが短く、もうとっくに2学期が始まっています。

天気はあまり良くありませんでしたが、涼しい風は猛暑の関東からすると、とてもとても幸せでした。
昨日は、午前の便で帰り、午後は県内の小学校の体育館でレッスンでしたが、暑くて暑くて...ふぅ。


今回のお伺いは、北海道大会に向けての直前レッスンのためでした。

今年度、コンクールに向けてお手伝いさせていただいた函館地区の学校は13校です。

このうち、小学校3校、中学校3校、高校2校の計8校が、函館地区の代表に選ばれ、全道大会に出場することになりました。(高校の1校は、高文連大会の全道大会へ)
今回は、文化祭と重なってしまった高校以外の7校からのお招きでした。


地区代表としての全道大会出場ということで、どの学校も一層のやる気で練習に取り組んでいました。

全道大会は、札幌コンサートホールKitaraで行なわれます。(高文連全道大会は釧路)

遠征の準備をしながらの練習は、先生方も大変だと思いますが、せっかく得られた演奏の機会を最高のものにしようと、とてもよく努力されていらっしゃいました。

私も、地区大会前以上にレベルを上げた内容でレッスンさせていただきました。

もちろん、基礎的な事項も見逃せませんが、最後は「音楽」することだと思います。

そういった面から、深く食い込んでアドバイスさせていただき、全道大会に向けての足がかり手がかりになるよう、それぞれのバンドの取り組みに寄り添わせていただきました。


P1220764_convert_20130902205710.jpg  P1220762_convert_20130902205553.jpg
P1220826_convert_20130902215157.jpg
昨年度までよりも、人数が大幅に減ってしまいましたが、ひとりひとりの努力で、「激戦区」の函館地区小学校代表に選ばれました。
柔らかいサウンドが魅力のバンドですが、ブラスバンドらしい輝きのある音色、ブラスバンドならではの「音形」も加え、がっちりとした響きになりました。
全道大会では、先生も子どもたちも、勇気をもって演奏してほしいです。
がんばってください!




P1220779_convert_20130902211131.jpg  P1220780_convert_20130902211444.jpg
P1220796_convert_20130902211605.jpg
地区大会を乗り越え、皆の演奏に向かう姿勢が堂々としてきました。
音圧の高いサウンドと、フレーズを大切にした表現で、良い意味で大人っぽい演奏になってきました。
速い部分のアンサンブルもずいぶん良くなりました。
全道のステージでは、ひとりひとりが「ドラマ」を感じ、心から歌い上げてほしいです。
がんばってください!




P1220801_convert_20130902211851.jpg  P1220807_convert_20130902212157.jpg
P1220825_convert_20130902215024.jpg
人数の多さが自慢のバンドです。人数が多くても、サウンドやアンサンブルがとてもすっきりしてきました。
バランスの取り方に対する子どもたちの意識も高まり、聴こえるべき音がしっかり聴こえるようになってきました。
場面ごとの「味」をさらにとらえ、色彩感豊かな演奏に仕上げてステージに立ってほしいです。
がんばってください!




P1220811_convert_20130902212411.jpg  P1220812_convert_20130902213751.jpg
P1220817_convert_20130902214200.jpg
ほぼ全員が初心者という1年生も全員入れて、部員全員で40名と少しという厳しい条件にもかかわらず、A編成に挑戦し、全道大会への切符を手にしました。
先生と生徒たちが、心の深いところで結び合い、この部活が最高の「居場所」となっていることが、生徒たちの幸せそうな顔からわかります。
全道のステージでも、チームワークの良さで感動の演奏を。
がんばってください!




P1220834_convert_20130902220941.jpg  P1220841_convert_20130902221157.jpg
P1220842_convert_20130902221505.jpg
地区大会を通過し、だんだんと「スペイン」の香りが感じられる演奏になってきました。
メトロノームの数字では表せない微妙なテンポの揺れも、とても自然に表現できるようになってきました。
指揮という大役を受け継ぎ、初めてKitaraのステージに上がるという先生と、毎年のようにKitaraを経験してきた生徒たち。
部員のみんな、今こそ、君たちが先生を支える時です。
がんばってください!




P1220845_convert_20130902224805.jpg  P1220844_convert_20130902221833.jpg
P1220843_convert_20130902221710.jpg
100名近い部員で活動するバンドです。
オーディションで選ばれた50名は、部員全員の思いを背負ってコンクールのステージに上がっています。
小学校からの経験者も多い恵まれたバンドで、テクニック的には中学生として高いレベルの演奏を聴かせてくれています。
あとは、音楽への「気迫」あるのみです。(「気合い」ではありません。)
がんばってください!




P1220831_convert_20130902220130.jpg  P1220846_convert_20130902224912.jpg
P1220833_convert_20130902220601.jpg
吹奏楽コンクールでは、全道大会への切符をつかむことができませんでしたが、気持ちが萎えることなく、頑張り続けた結果、「高文連」の地区大会で見事一位となり、釧路での全道大会への出場資格を得ることができました。
大学を卒業したばかりの若くフレッシュな先生は、まるでみんなの「お兄さん」のようです。
部員たちみんな、先生のことが大好きになりました。
夢のある若い先生に、この夏、皆の「可能性」を限りなく引き出してもらった幸せいっぱいの生徒たちです。





P1220773_convert_20130902210344.jpg  P1220819_convert_20130902214442.jpg
函館といえば...やっぱり美味しい美味しい「海鮮」です。

P1220821_convert_20130902214708.jpg
夜の会には、全道行きの先生も、残念ながら涙をのんだ先生も、
仲良く集まり、互いの健闘を讃え合っていらっしゃいました。
みんなが元気になる「仲間」...函館の先生方、すばらしい!

「先生仲良し、子どもが育つ」です。



                P1220824_convert_20130902214833.jpg
                M中学校の皆さん、真心の寄せ書き、ありがとう!


全国大会や東日本大会出場をかけた全道大会...顧問の先生方のプレッシャーはいかばかりかとお察しいたします。

しっかり寝て、食べて、笑って...

Kitaraのステージでは、今できることを存分に出し切って演奏なさってください。

生徒の皆さん、プレッシャーでつぶれそうな先生を支えられるのは、あなたたちしかいません。
ここまで導いてくださった顧問の先生に、部員の皆で精一杯の感謝の気持ちを注いでください。
先生の心を少しでも楽にしてあげてください。

先生からいただいた「愛」は「愛」でお返ししてください。

今週末にかけての全道大会...ご健闘をお祈りしています。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-03(Tue)19:51 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-03(Tue)22:01 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-09(Mon)18:04 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-09-28(Sat)21:20 [編集]