田川伸一郎のブログ

管楽器を授業に取り入れて

先週の金曜日は、東京都文京区立明化小学校で開催された下記の研究会に参加させていただきました。

第20回全日本小学校管楽器教育研究大会・東日本大会
第29回東日本小学校管楽器研究大会・東京大会
~音楽科授業における管楽器活用と音楽活動の充実~


001_convert_20131213231331.jpg

クラブや部活動でおこなわれている管楽器活動。
せっかく学校に管楽器があり、管楽器を演奏できる子どもがいるならば、それを授業でも活用できないだろうかというねらいで、毎年、全国各地を持ち回りで開催されているこの研究大会。

主管となった東京都小学校管楽器教育研究会では、「授業に活用してこそ、児童と管楽器との新たな出会いが生まれ、一人一人の音楽の世界がより多彩で豊かになっていく」という理念の元、「研究授業」「研究演奏」「講演」の三本立てで研究大会がおこなわれました。

東京都は、全国の中でも、早い時期から小学校での管楽器活動がおこなわれてきており、先生方の本格的な研究も、先駆的に進められてきました。

演奏レベルの向上と共に、教育としての管楽器活動をどこまでも大切にして発展してきたのが、東京都の管楽器活動です。

その研究の成果に期待して、全国から300名ほどの先生方が参集され、熱い研究会となりました。


《研究授業は2会場で同時展開》
002_convert_20131213231414.jpg
005_convert_20131213231546.jpg
文京区立窪町小学校・浅野知子教諭による6年生の授業。
様々な楽器の組み合わせを工夫し、それぞれの響きの違いや良さを感じ取っていきました。


004_convert_20131213231514.jpg
003_convert_20131213231449.jpg
文京区立明化小学校・大谷美奈子教諭による5年生の授業。
管楽器を使って、和音や低音が響き合う美しさや和声の機能を感覚的に感じ取りました。



《研究協議》

006_convert_20131213231619.jpg
短時間ではありましたが、内容がぎゅっと詰まった協議会でした。
講師 松本絵美子先生、熱田庫康先生



《研究演奏》

007_convert_20131213231641.jpg
青梅市立今井小学校6年生(永綱拓人先生)
「アメリカ民謡メドレー」


               008_convert_20131213231702.jpg
               杉並区立杉並第一小学校5・6年生(菅野理沙先生)
               「故郷~希望への序曲~」
               「音のシンフォニー」
               


《記念講演》

009_convert_20131213231722.jpg

作曲家 後藤洋先生 「いま、なぜ『授業における管楽器の活用』なのか」 


このあと、文部科学省の津田正之先生による指導講評、続いて、先生方の全員合奏がおこなわれましたが、富山への移動の関係で、失礼させていただきました。


東京都の先生方の勉強ぶり、結束ぶり、そして、温かい「おもてなし」は、参観された先生方の心に、大きな宝物を残してくださったものと思います。

何よりも、いきいきとした顔で、真剣に授業や研究演奏に取り組んでいた子どもたちの姿が印象的でした。

貴重な学びをいただき、ありがとうございました。

東京都小管研の先生方、すばらしいです!


来年度は、熊本県での開催です。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013-12-16(Mon)20:14 [編集]