田川伸一郎のブログ

第9回アドニスウィンターコンサート

昨日は、『アドニスウィンターコンサート』に、東京ブラスコンコードが出演させていただきました。

会場は、埼玉県深谷市民文化会館でした。


P1250513_convert_20140113081304.jpg


このコンサートは、井上謹次先生に育てていただいた「かわもとウィンドアンサンブル」の皆さんが中心となって、地域の音楽文化活性化を目的として始められました。

特に、「子どもたちに良い音楽体験を」との願いから、中学生たちをステージに上げていることが特徴です。

埼玉県でも北部にあたるこの地域は、小学校にはバンドがほとんどなく、中学校も小編成バンドがほとんどです。

まして、3年生が引退し、1.2年生だけで活動するこの時期は、どうしても活動が停滞しがちで、寒さと共に「冬眠」してしまいがちです。


このコンサートが始まった頃は、かわもとウィンドアンサンブルに数校の中学生を加えて、大人のサポートを受けながら、それぞれの学校だけでは演奏できない大きな曲を演奏していました。

次第に、このコンサートの趣旨が広がり、とても忙しい新年スタートの時期であっても、このコンサートに出演したいという中学校が増えていきました。

そこで、数年前からは、中学校1年生と2年生が、それぞれ学年ごとの合同バンドを作り、合同練習を重ねた結果をこのステージで発表するという形に変わってきました。

「かわもとウィンドアンサンブル」の元から巣立ち、先生方のチームワークによって、中学生たちの単独ステージを持てるようになったのです。


P1250509_convert_20140113081029.jpg
中学校1年生合同バンドのリハーサル(指揮は本庄第一高校の金井良弘先生)

              P1250510_convert_20140113081547.jpg
              中学校2年生合同バンド(指揮は伊奈学園総合高校の宇畑知樹先生)

中学校1年生はオッフェンバックの『天国と地獄』序曲、2年生はリードの『アルメニアンダンス・パートⅠ』に挑戦です。

それぞれの学校の吹奏楽部は、20数名の部員数ですから単独でこのような曲を演奏するのはとても難しいことで、このステージは、子どもたちの「夢の実現」の場です。


そして、本番。

開場時刻前から長蛇の列です。

P1250511_convert_20140113081240.jpg

1100席ほどある客席は、あっという間に満席になりました。


プログラムです。

2014_convert_20140116231712_convert_20140116232247.jpg
私たち東京ブラスコンコードも、4曲演奏させていただきました。

今回の指揮は、昨年度からお世話になっている川端寛先生にお願いしました。

川端先生は、かわもとウィンドアンサンブルも振られ、大忙しの年末年始になってしまいましたが、温かいご協力をいただき、感謝です。


コンサートのフィナーレは、全国大会金賞の伊奈学園総合高校吹奏楽部のステージで、会場のお客様も出演した中学生たちも、大盛り上がりでした。
このバンドも忙しいスケジュールの中、毎年出演してくださり、全国レベルのすばらしい演奏を届けてくださっています。


今回は、中学生を除くすべてのバンドが、アルフォードのマーチを演奏しました。
マーチは、井上謹次先生が、「マーチをしっかり演奏できなければ」と、特にこだわっておられたジャンルです。
アルフォードのマーチは、学ぶべき点が多々あり、こういう曲を多くのバンドで取り上げていただけたらと願わずにはいられません。
吹奏楽コンクールの課題曲に、なぜこういうすばらしいマーチの数々(アルフォードだけでなく)が採用されないのか、私は疑問に思います。


冬場を元気に乗り越えるために、「新人戦」をおこなうのも良いと思います。
でも、私は、この「ウィンターコンサート」に、別の大きな価値を感じます。

たくさんの大人の力が集まって、中学生たちに感動の場を与え、それを多くの保護者や吹奏楽愛好者の方々が応援する。
「冬場にもコンクールで戦わせて」ではなく、冬場だからこそ、人と人とが寄り添いあって、温め合って...


井上謹次先生も、天国から応援してくださっていたに違いありません。
「そうそう、そうだよ。音楽でみんなが仲良く、幸せにならなきゃね。寒い時ほどね。」と...


小さなことですが、私たちTBCは、このコンサートに関わる一切の経費を「自費」で負担し、お礼もいただかず、それを当たり前のこととして参加させていただいています。
このコンサートの趣旨に、団員の皆が賛同しているからです。


これからもずっとこのすばらしいコンサートが続いていきますように。
そして、全国で、このような市民バンドを核とした「子どもたちを育てる活動」が展開されていったら...




深谷市の「ご当地キャラ」は、「ふっかちゃん」です。
深谷市の名産の長ネギがキャラになっています。


P1250514_convert_20140113081338.jpg
深谷駅前にも神々しく! つのは、ネギです。

そして、こんなかわいい「ふっかちゃん」が、ホールで売っていました。
思わず買ってしまいました!

P1250526_convert_20140113081429.jpg  P1250520_convert_20140113081413.jpg
P1250517_convert_20140113081356.jpg
電池式で色がどんどん変わるんです。450円也。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-01-13(Mon)16:40 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-01-13(Mon)23:54 [編集]